「谿泉」「女人」「源平海戦絵巻」などで知られる昭和時代の日本画家・中村正義(なかむらまさよし)の代表作「舞妓」が荒井神社で発見された。
「舞妓」は「女」「舞子」とともに初期の三部作の一つで、昭和三十三年(1958)日展出展後に所在不明になっていたという。[神戸新聞]

新解釈・中村正義論/徳田 泰清
¥2,730
Amazon.co.jp

AD