中原遺跡の出土品からで縄文時代中期(約4800年前)のイノシシの顔の取っ手状土器が発見された。
 幅2cm、深鉢の一部だという。[朝日新聞]

AD