沖家室島沖で猟師が更新世(1万5000~30万年前)に生息していたナウマンゾウの骨や歯とみられる化石7個を引き上げた。
 いずれも太さ15cm・長さ20cmほどだという。[中国新聞]
AD