原町区の栃窪層でジュラ紀後期(約1億5000万年前)の新属分類確実の植物化石が発見された。
 葉の形は楕円(だえん)形をしており、同時代の化石としては例がないものだという。[福島放送]
AD