8日以前、西縄手下遺跡で奈良時代末期~平安時代初期の建物跡、「巡方(じゅんぽう。ベルトの装飾品)」、円面の硯(すずり)片、銭などが発見された。
 建物の配置や出土品から一般の集落跡とは考えにくく、若狭国府だった可能性があるという。[北陸中日新聞・福井新聞]
AD