鎌倉~戦国時代の豪族・小田氏の本拠である小田城(国史跡)本丸跡から掘立柱建物跡数棟や焼けた壁土、柱の礎石数点や池跡などが発見された。
 結果、本丸の北側が倉庫など日常生活にかかわる部分で、南側が城主の主殿などに当たることがわかったという。[毎日新聞]
AD