27日以前、江戸時代の武将・永井直清(ながいなおきよ)が築いた勝竜寺城跡の西辺部が発見された。
 見つかったのは本丸と武家屋敷跡を区切る堀跡で、城の規模を推測する貴重な史料になるという。[京都新聞]
AD