27日以前、飛鳥時代に創建され、高麗氏の氏寺とされる高麗寺(こまでら)南門跡で、鴟尾(しび。しゃちほこの前身)が発見された。
 幅約90cm・高さ約90cm・奥行き約40cmの巨大なもので、赤い粘土を焼いたものでという。[東京新聞]

AD