16日以前、堤沼上(つつみぬまうえ)遺跡の平安時代前期(10世紀初め)の竪穴住居跡から古代郡名「勢多」を記した墨書土器が発見された。
 口径15cm・底径6.4cm・高さ4.7cm、文字は側面に書かれ、不明になっている勢多郡衙(郡役所)跡の位置を推定する手がかりになるという。[東京新聞]
AD