石名瀬A遺跡で弥生時代中期(2000~2200百年前)の方形周溝墓9基が発見された。
 うち1基は13×10mの菱形で、深さ10~15cmの溝に囲まれているという。[中日新聞]

AD