「洞窟の頼朝」「お水取り」などで知られる大正~昭和時代の日本画家・前田青邨(まえだせいそん)の作品「鵜飼(うかい。1933年作)」の下絵が岐阜市の鵜匠(うしょう)宅で発見された。
 下絵は12枚あり、全長10m余の絵巻に表装、同作発表2年前に青邨が長良川でスケッチしたものかという。[中日新聞]
前田青邨 (新潮日本美術文庫)/著者不明
¥1,155
Amazon.co.jp

AD