林ノ前遺跡(平安時代後期の蝦夷の集落跡)で住居跡7棟などが発見された。
 同遺跡はこれまでに130棟以上の住宅跡が発見されている環濠集落跡で、金を生産するための「るつぼ」なども見つかっている。[デーリー東北新聞]
AD