ニジェールで白亜紀(1億1000万年前)の新種の巨大翼竜の化石が発見された。
 化石は片方の翼が完全に残存、翼長は5m余りで、口には数本の細い歯があるという。[ナショナルジオグラフィック]
AD