山代郷北新造院跡(来美廃寺。国史跡)が特殊な伽藍配置をしていることがわかった。
 金堂の両脇(普通は斜め前)に塔があり、金堂の前に講堂を置く配置だという。[山陰中央新報]
AD