尾崎士郎の兄・尾崎重郎が自殺する前日に残した遺書が発見された。
 重郎は、士郎の小説『人生劇場』の青成瓢太郎(あおなりひょうたろう)のモデルになっている。[東京新聞]

人生劇場 青春篇 (角川文庫)/尾崎 士郎
¥820
Amazon.co.jp


● 尾崎士郎(おざきしろう) ●
 大正~昭和時代の小説家。社会主義運動に関わって『逃避行』を刊行、『人生劇場』で流行作家となり、『大逆事件』『石田三成』『雷電』『篝火(かがりび)』『天皇機関説』などを執筆、没後に文化功労者となった。(『新潮日本人名辞典』新潮社・『日本近現代人名辞典』吉川弘文館)
AD