おかん塚古墳(6世紀後半の前方後円墳。全長約50m)で石室の床やと盛り土が確認された。
 また、川路大明神原遺跡からは住居跡4軒分や石棒などが発見された。[北陸中日新聞]
AD