九州文化学園跡地で明治時代にペストが流行したために焼き払われた民家の跡が発見された。
 佐世保市では明治三十九年(1906)からペストが流行したため、翌年予防のために町ごと(下矢岳町167棟)焼き払ったという。[西日本新聞]
AD