21日、筑後国府跡で7世紀後半(飛鳥時代後期)の大型建物跡が発見された。
 その規模は約8×13.5m(ひさしを含むと約13×18m)で筑後国政庁より大きく、筑紫国(筑後国と筑前国の前身)の政庁だった可能性があるという。[読売新聞]
筑後の寺めぐり/西原 そめ子
¥1,500
Amazon.co.jp


AD