御所浦島(ごしょうらじま)の約1億年前の地層から、バカガイ科と思われる二枚貝の化石2点が発見された。
 貝長はいずれも7×4.5cmで、これまで最古とされていた同種の化石より数百万年古く、国内最古と思われる。[西日本新聞]
AD