3日以前、御蔭参りの接待状況を記した古文書が奈良県御所市の旧家で発見された。
 古文書には宿や食べ物を提供した接待のほとんどが記してあり、おかげ参りの謎を解く一級史料になるという。[読売新聞]


● 御蔭参り(おかげまいり)●
 江戸時代に流行した伊勢神宮への参拝ブーム。慶安三年(1650)・宝永二年(1705)・明和八年(1771)・天保元年(1830)・慶応三年(1867)に流行。五度目の流行はいわゆる「ええじゃないか」。庶民が沿道や富豪の施しを当てに着の身着のまま無銭で参拝旅行をすることが多く、参拝客は通年の十倍弱まで膨れ上がった。(『日本史広辞典』山川出版社 参照)
「おかげまいり」と「ええじゃないか」 (岩波新書 青版 680)/藤谷 俊雄
¥561
Amazon.co.jp

AD