【PV】煙/minor syndorome

テーマ:




彼等の2本目のMV撮影編集に携わることになりまして、
ロケ地はアトランティクスのなんらか。
僕も昔はお世話になった場所でなんとも懐かしい気持ちにもなりました。

現場でアイディアを練りながら的な部分もあったので結構ドキドキしながらの撮影だったけどなんとか。
なんとかまあいけた。
いけすぎた。

映像的の質感は好き。
屋内の割にやたらと光源の多い場所だったので中々面白くて、
まばらな逆光での画作りがとても好きなのでたのしろだった。

見てくれよな。


AD



用意したカレーは何食分だったかもはや忘れてしまったけども、
忍者の人がカメラの回ってないところでもバクバク食ってた。
ああ、この人が裏の王子様だな、と思った。

カレーって不思議な魅力がある。
ほぼみんなが好きだろカレー。

あと忍者の人は電車で現場まで来たのだが行きも帰りもあの衣装だった。
ああ、なるほどこの人は本当に忍者なんだと思って聞いてみたら全然違った。
とはいえアメ村によくいる前衛的だね、
としか言えない謎ファッションのオシャレ迷路共よりはいいよね。
だってコンセプトがはっきりしてるもの。

あ、まあそれはさておきこれはショートバージョンなのだ。
フルはアレだ、
わかるだろ。
なぁ。

AD



シンプルなこんな感じもいいかね。
撮影時にはバカみたいなビットレートでまわしているものを編集時に画質を落とす、
という作業は実は結構あって、
今回のように明らかなものもあれば微妙なものもある。
中々のジレンマではあるよ。

なお今回の撮影は別日リハもあったので大変本番は大変スムーズだった。
といったことはなく背景の線を作っていく作業中材料が足りなくなったり、
あれ、これまっすぐじゃなくない?
みたいな問答が何度もあり大変だった。

こういうパンフォーカス的な撮影の時はうちのPANAのビデオカメラでいいんじゃないかとも思って2台並べて撮影してみたものの結局80Dの方を使った。
PANAの方が重い感じだったから。

ちょうどきせつのかわりめだしさあ、
いいじなない。
ついでにかわればいいじゃない。

それにふさわしきいい曲だぜ。
AD