看板とネオン

テーマ:
photo:01


シャフト演出には頭が下がる思いである。
賛否両論はある意味では全てに意があって、
とても素晴らしいことである。

戦場ヶ原みたいなクラスメイトがいたとしたら。
まあ別に何も変わってなかったか。
その他大勢に属することだろう、
僕は。

それぞれに特別なストーリーがあるとは言うが、
誰が誰に向けた言葉なのだろう。
日々を退屈に感じている人間の特別はいつ来るのだろう。
待っていて起こることなどたかが知れている。
特別とは慣れとの戦いなのだ。

どうにかしたい。
どうにかしたくはあるが、
どうすればいいのか。
体は重い。
鉛より重い。
心臓が重力に負けそうになる。
またそれにも慣れていくのだが。
AD