撮影日二日目やった。
ほんとに熱い中色々と大変でしたがたのしろかった。
出演者の方々、
協力してくれたスタッフのみんな、
ほんとにありがとー!
詳しくはまた書きたい(希望)。

とりあえずオムライスって腹にたまるよな。
僕の胃袋が弱っているのか。

世間は夏休みでどこもかしこもうるさくてかなわん。
因果応報。
今僕が奏でているのはかかとから落とす形のサイレント足音のみ。

大人でもうるさい奴はうるさい。

大人子供老人その他含めて好きな奴は好き。
嫌いな奴は嫌い。
どっちが多くてもさしてかわらんぐらいの人生である。
AD

まずは映画の撮影の時のこと

テーマ:


撮影初日でございました。
8/15のことです。
お盆どまんなか。

もういろんな人に助けてもらいまくりました。
まあ予想通りマイクのトラブルやらなんやら色々ありましたがたのしろくやれたのでね。
よかったとしかいいようがない。

あ、
写真には写ってないけどよっしーさんもいます。
というか撮ってくれてます。
いつもお世話になっております。

二度の大幅な場所移動があったのやがそのら意外とスムーズだった(僕以外)。
予想では早く終わるであろう予想をしていた第二現場でまさかの一時間半押しが真夏の稲川淳二より怖かった。

次の作品はけいなかーお氏ともやりたいなー。

もう忙しすぎて写真になんにも残してないんやけどほんとに見ていただきたくある。
上映イベントもやる。

いやしかしまだロケはあと一日あるので気は抜けない。
機材が突然あの世へ旅立ったりしてしまうことだって考えられるので、
普段からしっかりへりくだっておきたいと思う。

感謝は一言ではアレなので、
完成した作品で返したく存じます。

ほんとに。

今年中には。
AD

グルメ野郎

テーマ:
僕は味音痴である。
多分味音痴である。
ただもちろん美味しいとかすごく美味しいとか恐ろしく美味しいとか、
たまに美味しくないと思うことだってある。

なあグルメとはなんだ。
山岡さんや海原さんは認めよう。
だって理論的ですべてが説明できるから。
だが素人グルメ野郎のほとんどは誰かの説明無しにブレンド米を食べたところで、
もう米なんだかパンなんだかみたいな感じだろう。

あのう、
僕の嫌いな食べ物は椎茸で、
それ以外は無い。
好まない食べ物はある。

というか僕は大人なので自分が食べるものは自分で調達することがほとんど。
だから基本好きなものしか食べないので嫌いなものに出会う確率も少ないのだろう。

とはいえ誰かにここ美味しいよ、
と連れられて危機に陥る事もある。
打ち合わせなんかだと特にある。
まあそんな時味音痴というのはとても有利に働くのだが。

つい先日はうまいと有名なカフェバーで、
覚えるのも面倒くさい名称のお洒落なサラダを食べた。
打合せに来ていた男性と女性は、
おいしいでしょう、どうですか!?
と目をキラキラさせて聞いてきたので
無味無臭ならドレッシングが美味いと言っただろうし、
今回は少し匂いがキツイと感じたのでこの苦味が美味しいですね、
そう答えた。
いや実際美味しいと感じたし、
雰囲気もとてもよいお店だったけど、
ドレッシングのかかったサラダを不味くする方が難しいように感じた。

あと以前めちゃくちゃうまいと有名な塩ラーメンの専門店に
自称グルメのKさんが連れて行ってくれた。
味はただのお湯とおぼしきスープとそのお湯につかった細麺。
Kさんはそれをやっぱりうまい、
結局俺はここに帰ってくるみたいなことを言いながら一心不乱に食べていた。

もしかして僕のスープには何かしら入れ忘れてしまってこんな自体になっているのかも、
とKさんがトイレに立った時に彼の食べていたそのラーメンのスープを飲んでみた。

お湯だった。
というか時間がたって薬を飲むのに最適な白湯になっていた。
店内は満員でなんなら行列ができている。
カップルやら仕事帰りのサラリーマンが笑顔でお湯に使った細い小麦粉を頬張っている。

そう言えばKさんはよくどこどこは不味いともいう。

グルメとは大変である。




AD