心強い”すずらん解決相談所”

テーマ:

すずらんの花言葉は「幸福が帰る」



あなたの抱えている悩みやトラブルを解決してあなたの元に幸福が帰ってくる様に導く事が当社の使命でありそれが出来る対人専門解決相談所として約二千件以上の相談実績と問題解決の経験値を十分に兼ね備えた民間相談所です。



あらゆる場面での人の心の動きについて独自の研究を重ね長年の研究データーが問題解決に向けての糸口を導きだし難易度の高い案件を多数解決する事により実績と自信が顧客満足度の高さに繋がっています。

問題解決の為に交渉・工作演出・司法・法律・利権などを駆使してご依頼人様の最善最良の場所に着地させます。



すずらん解決相談所は「プロの相談問題解決専門機関」です。弁護士や行政書士などの「代理ビジネス業」や夫婦カウンセラーや離婚カウンセラーなどの「アフターフォロー業」でもなく「人の心を熟知した対人関係問題の専門執刀医」です。



その問題を解決して同じ問題を二度と起こさないようにする事が専門家の仕事です。



あなたが抱えてる問題・悩みをどこに相談していいか分からない方はまずはここすずらん解決相談所をおすすめします。



あなたの気持ちを第一に考えて親身の対応する事と知識と経験豊富なプロが的確に問題解決へ導く事をお約束します。

少しの勇気があなたを変えます。あきらめる前にまずはお気軽にお問い合わせ下さい。

<家族問題の事>

・夫婦や親兄弟、子供、職場、友人、異性関係など人間関係が悪いと感じる方。苦手と感じる方。

・父が嫌い、母が嫌い、兄弟が嫌いな方。


・夫や妻が子供を連れて実家に逃げ帰られた方。(連れ去り得)



・公的機関や弁護士、専門カウンセラーや他の民間相談業者に断れたり依頼したが自分が望む形で問題が解決していない方。(離婚調停・裁判・面会交流・婚姻費用・養育費・慰謝料)



・家族にひきこもりがいる家庭。

・離婚したい方。

・配偶者や子供など何を考えているか分からない方。

・結婚できない、恋愛出来ない方。

・復縁したい方。

・恋愛などで忘れない人を引きずっている方。


・不倫、浮気相手と結婚したい方。


・配偶者が離婚を拒否されている方。


<体や心の事>

・朝起きれない、疲れが抜けない、頭が痛いなど体に不調がある。

・うつ病や双極性障害、アスペルガー症候群、不安症、パニック障害などの心が不調である。

・気分の浮き沈みが激しい。


その他、人に関わる事。

お問い合わせ

TEL  0120208207
メール soudanhasuzuranhe@yahoo.co.jp

専門家の問題解決コンサルティング

初回面談料  ¥4,000(出張料込)

*七尾市から能登方面 富山市から黒部市方面  福井市かた敦賀市方面は出張料別金

<当社と依頼人様との流れ>

1.依頼人様からお電話お頂き面談日時・場所を決める。

2.面談時に個人保護法の下、お悩み・トラブルの内容をお聞きする。

3.お聞きした内容から解決する為の方法を提示する。

4.依頼料及び成功報酬の見積もり制作

5.依頼契約書を交わして実行に移る。

6.進行状況の細かい電話・メールでの報告

7.定期的な面談での報告

8・依頼の解決の報告

9.アフターフォロー

以上、上記の事を依頼人様にお約束して「正確」「迅速」「誠実」を理念としております。

着手金  基本時間料金       ¥9,200(一時間)  

基本一案件               ¥42,000

依頼内容の難易度と種類、日数により着手金が決まります。成功報酬 当社規定内で取り扱います。見積もりは無料作成で分割支払いなどもご相談下さい。

主な活動地域

・石川県:加賀市:小松市:能美市:白山市:金沢市:川北町:野々市市:津幡町:内灘町:鹿島郡:鳳珠郡:羽咋郡:かほく市:羽咋市:七尾市・富山県:小矢部市:氷見市:砺波市:南砺市:高岡市:射水市:富山市:滑川市:魚津市:黒部市:舟橋村:上市町:立山町:入善町:朝日町・福井県:福井市 :あわら市:坂井市:鯖江市:越前市:大野市:勝山市:全国対応(一部除き)

AD

子供の連れ去り得は非合法で非道徳的なやり方です。



これといった離婚理由がなく、別居する際に子供を連れて実家に帰­り、心療内科に通い具合が悪いという。家族ぐるみで子供を囲い込­む。離婚協議の際には精神的DVをちらつかせることで、さらに有­利に離婚を進める。離婚に応じなければDVで訴える、子供に会わ­せないと脅す。妻と子と別れる以外にないよう父親を追い込んでい­く。離婚後は、月2時間という最低限の面会だけさせ父親の影を薄めて­いく。母子家庭だと認定させ、次は生活保護を受ける。再婚相手を­見つけてドロン。



この様な自作自演の虚無行動からの離婚問題は増加傾向にあり複雑化している現状がある。また、連れ去り得が刑法に触れる事も増え、した側・された側 に適用されている状態。国が定めたDV法は間違っていないが、悪用を見過ごしてきた弁護­士や女性支援団体の責任は絶対に問われるべき。また、悪用している利益を得ている弁護士、NPO法人もあるなど新しいビジネス化している現実がある。国会でも子供の連れ去り得について議論を重ねているが方向性はまだ定まっていない。女権団体やNPO法人、弁護士会への利得配分は税金でまかなわれてる。



この事実の元、立法・行政・司法は今やるべき事をハッキリしている。私達は専門家として数多くの子供の連れ去り得に関する案件を扱ってきました。子供の連れ去り得に対して独自の対応手法で依頼人の望む形にもちこんでいます。夫婦関係は気持ちの部分と法の元で形成されている関係です。



そして夫婦の問題と親子の問題をまとめて考えてはいけません。例え、夫婦が離婚しても親子の縁は切る事は間違いであり親がどんな状態であっても子供は両方の親と関わる必要があり両方の親にはその責任責務があります。また、両方の祖父母にも孫に会う権利はあります。その権利を無視して自分の感情だけで子供を従わせるのは親として失格であり人の道理から外れた罪人であるとここではっきり断言します。



子供の連れ去りが原因の偽りで固められた離婚も同時に増加傾向にあります。

AD