熊本が殺処分0を目指し達成したことは皆さんもご存じだと思います。
しかし
同じ熊本県にありながら、県と市では全く動物愛護に関する考え方が違うのです。
「殺処分0」これは熊本市の事であって、熊本県が管理する熊本市以外の地域では地域毎に保健所(10ヶ所)が設置され各保健所から集められた動物達が、熊本県動物管理センターにおいて最終的に処分されていくのです。

熊本県と熊本市の取り組みかたの落差に県民である私達は、熊本市以外での迷子だけはさせてはいけないという思いが定着しています。
熊本県は動物の保管期間も短く、飼い主が迷子のペットに辿り着く時間(保護期間、譲渡期間合わせて2週間弱、持ち込みや野良に至っては1週間の保管期間)もないまま処分になってしまうケースもあります。





熊本市以外の地域にある各保健所の中には、この熊本県動物管理センターに運ばれる前に何とか譲渡をしようと各地域のボランティアと共に譲渡をされている所もあります。

熊本県が今まで培ってきた「動物を処分する」という考え方は簡単に変えることが出来ないのが現状です、県の施策として否応なしに職員に徹底してくれるのが望みです!

さて
この熊本県動物管理センターに熊本地震の影響で多くの迷子達が運ばれてきました。
特例として保護期間を設けられたのですが、委託業者「処分のプロだそうです」によって手違いという言い訳のもと、14匹の命を処分されてます。
ちなみに、処分のプロと言われる方達への熊本県からの委託費は年間1億だそうです。
「処分のプロ」と言われる方々の人件費は1億のうちいくら要するのでしょう?


地震被災動物を救う為に立ち上がった熊本のボランティアの方々は、誰も立ち寄れなかった熊本県動物管理センターに入り、ボランティア活動を行われていらっしゃいます。
きっとご苦労も相当あるのだと思います。
動物達を生かすために、増やさないように奔走されている、これらのボランティアさんに毎年1億の助成金を渡して下されば、30数年続く「殺処分のプロ」が行う業務より、もっと早い段階で現状の解決に繋がったと思います。
生ませては殺しの連続を何十年も続けて、無駄な委託費を捻出する‥.....

現在においても
昨年4月の熊本地震の影響で、手術を施していない猫達が被災し子どもを設けてます。
私達市民レベルの目線でも、地震後の被災猫達にTNR活動や譲渡をするのに手一杯ですが、一匹でもを目標に「処分までいかない幸せを願って」取り組んでいます。







熊本県動物管理センターでボランティア活動を行うスタッフさんは、崖っぷちの動物達に関わり、地震の影響は終わったものと考え様とする県と話し合ったり、現存する職員の資質に戸惑いながら、ただひたすらに「命と向き合う」そのストレスはどれ程のもかと思います。

私は、熊本県動物管理センターの場所も目的も知っています。
驚くことに、ごみ処理場の真横なんです。

逆光で暗くてすみません、右の大きな煙突がある方がごみ処理場、
そして左の鉄塔横の小さな煙突があるのが動物管理センターです。


近くに立ち寄ることさえ躊躇していたのですが、勇気をもって近くまで行ってみました。

そして目にした看板❗❗




気付かれました?
年金積立金還元融資の施設と書かれていたのです。
桝添議員が厚生労働省の長官だったころ騒がれていた年金積立金を利用した箱もの建設費が私達の後の年金支給に影響したという問題の施策です‥.....

私達が納めた年金の積立金で施設を作り、その施設が出す利益分で年金支給に配当するという、訳のわからない投資策です。
結局、失敗の策で支給年金不足に落ちいったというあれですよ。

もう1つの目的が
市民生活と福祉の向上だそうですが、動物を処分するだけのセンターが当てはまったのか?
動物達を殺処分し、市民生活の向上としたのでしょうか?


動物管理センターに私達の年金積立を利用された現状に再びショックを受けました。
処分を目的のセンターから利益がが出ますか?
利益など出ないことは私レベルでも解ります
どうやって年金支給に配当するつもりだったというのでしょうか?

動物の処分が目的の熊本県動物管理センター
年金積立金を使い動物管理センターを作り殺処分していくことで市民生活の環境改善と考えて、厚生労働省のお墨付きを貰い、お金が降りたのでしょうか?

看板を見て絶句してしまいました。

そして、今までは全く聞こえなかったであろうワンちゃん達の吠える声がしました。
看板の写真の左横に小さく写り込んだ、黒いワンちゃんが見えますか?
そうです、今日もボランティアさん達が日光浴をさせて下さっていたようです。

ボランティアさんによって、ワンちゃん達の檻や毛布を洗われていました。

閉ざされたままの檻の中で処分を待つだけだった動物達に一筋の光を下さってます。

凄く長くなってしまいましたが、是非下の記事も読んでいただきたいと思います。

これは、決して熊本県だけの事ではないと思います。


http://emibingo.blog49.fc2.com/blog-entry-3297.html








AD

コメント(1)