牧場の園の小さなお家

「小部の里」から「つくばね」へ戻ってまいりました.
ネコは2匹に減ってしまいました.
ただいま凹んでおりますが,また余裕のある時に,無理せず更新していこうかと思っています.


テーマ:
今日の彼は、きっと最悪な気分だろう。

まず、下痢をした後、私の枕元にやってきて、ほとんど水のようなものを吐いた。とりあえず朝与える薬と吐き気止めを飲ませて、吐いたものを片付けていると、またやってきて吐いた。
(彼のエライところは必ず私の目の届く範囲で吐くこと。おかげで片付けができる)

朝食を与える前に、アイリーンが病院からもらっていた食前の吐き気止め(粉剤)を飲ませて様子を見る。

最近、彼用の処方食より、アイリーンやサラがたべているオリジナル・ミックス・スペシャル(在庫処分ともいう)の方を食べたがって、でもそれを食べると下痢してしまうから、なんとか個室に連れ込んで処方食を食べてもらっている。

アイリーンやサラの食事が終わらないと、個室から出してあげられない。

個室は安心できて、あたたかくて、落ち着くかもしれないけど、他の猫たちと遊びたくても遊べないというのが問題。

さて、本題。

昨日、私は友人とTDLに朝早くから出かけて、夜遅く帰宅する予定だった。
そうなると、問題はウィリアムのトイレである。
個室用のトイレは半日に1回掃除をすることを前提としたくらいの大きさしかない。もし、下痢をしてしまった場合、ウィリアムの立場に立ってみれば、とっても困るだろうと思った。

そんなわけで、朝から3匹の1日分の食事を用意して、ウィリアムは個室から出し、2つの大きなトイレを使ってもらうことにした。

やむをえない措置とはいえ、どう考えても、ウィリアムは2姫用のゴハンにがっついてるんだろうな~と思いながら電車に乗った。

帰宅すると、3つのゴハンの器はからっぽ。トイレはと見ると、ウィリアム公、久々にカタチのあるウンチをドドーンと2つやってくれている。

問題は翌朝だな、と思って眠りについたんだけれども、冒頭に書いたような状態で、「食べたいんだけど、気持ち悪くて食べられない~」という状態。「いいよ、いいよ、無理して食べなくていいよ。明日はきっとお腹が空いて食べられるから。今日はお腹を休ませようね」といって、無理に食べさせるのは止めた。

やっぱり、オリジナル・ミックス・スペシャルは今の彼には刺激が強すぎるのよね。

夜の分の2姫のごはんが終わったら、個室から出してあげよう。
彼はもしかしたら個室で寝たいかもしれないけど、飼い主的には、3猫揃っていっしょに寝たいのよね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「William」 の記事

テーマ:
サイリウム」というサプリメントが猫の下痢(+血便)に効くらしいというので、早速ネットで取り寄せて飲ませ始めた。

(1)はじめは、薬と一緒に食後に飲ませてみた。
→これはいまいち。

(2)それで、食前に飲ませて食後にお薬というパターンに変えてみた。
→効果はないとはいえないが、うーん、、、であった。

(3)次に、(2)の後に「就寝前の1カプセル」というのにしてみた。
→なかなか好調である。

でも、体調が悪いとき=食欲がない時は何をやってもダメ。黄色いウンチがドバーッと出るときは小腸に細菌がいることが多いらしい。アメリカに送った血液検査の結果も、やはり小腸に問題ありと出た。それで抗生物質を増やし、整腸剤と一緒に飲ませている。

病院の指導では粉剤を水で溶いて、シリンジで飲ませるというものだけれど、どうしてもウィリアム公はこの方法が嫌いみたいで、仕方ないから、薬局で大きめ(#00)のカプセルを買ってきて、1カプセルづつ詰めたものを与えている。

詰めるのに結構時間が掛かるのが玉にキズ。最初は小さいカプセルに詰めていたんだけど、アメリカからやってきた「サイリウム」のカプセルが欧米人仕様の大きなもの。それを飲めるのだから、こっちも大きいのにしても大丈夫だろうと「#00」のサイズにした。詰めるのに要する時間は半減し、本猫も何の違和感もなく「サイリウム」と「病院のお薬」を飲んでくれている。

一度に2カプセル飲ませるのは、拘束されるのが大嫌いなウィリアム殿下には不評なので、時間差攻撃である。

それと、ロイヤルカナンのセンシブルを食べてもらっている。
食欲がないときは、他の子のゴハンをたべたがるので、混ぜて与えていたら獣医師にしかられた。
はい、すみません。食べないときは、ドバッと下痢をするまで待つことにします。

でもね、今日のウンチは、一部分だけど、健康なときのウンチみたいに少し乾燥した塊として出てきた。少しは効果がでてきたんだろうか。

早く、体重を元にもどしてあげたい。

女の子たちにケンカで負けてちゃあ、いかんでしょう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日いってたサラ嬢の手作り簡単お洋服です。

福ちゃんの「つくばね日記」-Sarah嬢のお洋服

あれれ、うしろにウィリアム公がいますね。
何か企んでいますよ。

$福ちゃんの「つくばね日記」-William君、何しているの?

私:ウィリ君なにしてるの?
ウ:サラのお尻の匂いをかいでるの。

$福ちゃんの「つくばね日記」-Sarahのおしりの匂いかいでるの

サ:ちょっと!やめてよね!

$福ちゃんの「つくばね日記」-このオヤジ!

サ:ったく、このオヤジ~
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
サラ嬢のおなかに貼った絆創膏みたいなの、気になるのか、半分くらい舐めて剥がしてしまった。

で、病院に連れて行ったら絆創膏みたいのは剥がしてしまい、「どうします?このままにしときますか?それともエリザベスカラーにします?」と聞かれた。

前の子(アイリーン)の時は布製のお洋服だったので、私はそっちの方が良かったのだけど、エリザベスカラーへの好奇心も棄てきれず、つい「じゃあ、エリザベスカラーやってみます」となった。

家に帰ってキャリーから出すと、床をカラーで掘るように、あっちへつっかかり、こっちべぶつかりしている。ゴハンはなんとか食べられたけど(カラーしていると独り占めできるので、一気に半分くらいたべちゃった)、水を飲むのは難しそうだ。

結局、私の着なくなった七分袖のTシャツの袖部分で簡易お洋服を作って着せた。
(写真は明日撮影してupしますね)

最初は動きづらいとぐずっていたけど、時機になれて、ゴハンもお水もトイレもバッチリ。

抜糸は16日。仕事の都合で昼間は連れて行けないので、夕方~診察時間修了の間に連れて行かなくちゃ。

飼い主もムチウチでなんだかヨロヨロしているし、アイリーン姫は時々吐いたりクシャミしたり、サラ嬢は時々クシャミ、ウィリアム公は相変わらず下痢と軟便と立派なのを一度に出したり、時々吐いたり。。。

1カ月の可処分所得のうち、半分は猫と人間の治療費だ。

精神障害者厚生年金の申請はしたけど、なんと半年しないと結果が出ない状況らしい。
困ったもんだ。

車は「修理は可能だけど、安いのを買った方がいいんじゃない?」と修理屋に言われる始末。だけど、1週間前に車検を通したばかりだし、なんとか修理できないかなぁ・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お迎えに行ってきました。

感動の対面。
サラ嬢はお目々丸丸で、
聞いたこともないような可愛らしい大きな声で、
先生の手から私の腕の中へ、
飛び込んできました。

ちいさなオツムをぐりぐりと、
私の脇の下に押しつけて、、、、

もう、こういうのって、

心細くて、怖くて、寂しい思いをさせてしまった、サラ嬢には申し訳ないけれど、

飼い主冥利に尽きるというか。。。
本音で正直、、嬉しい(〃∇〃)

帰宅早々、エサのお皿にまっしぐら!
#病院ではビクビクこっそり食べてたらしい

で、

ウィリアム公は、ひとしきり彼女の匂いをかいだ後、個室の扉の前へ直行!

なんでそんなに苦手なの?
みんなで一緒にいようよう>ウィリくん

アイリーンとだったら平気なんだけどなぁ、、、
サラ嬢がアイリーン並みに大人猫になるまでは無理かなぁ、、

少しずつ、顔を合わせる時間を増やすようにしてみよう。

病院で、かわいくパッケージされた「避妊手術済みの女の子の猫用」のエサのサンプルをいただきました。さっそく「お赤飯みたいなものね」とお皿に盛ってあげると、我が家の避妊手術済み女の猫2匹にはなかなか好評です。今の在庫がはけたら、これにしてみようかな。せっかく、男の小部屋(狭い)と女の子部屋(とっても広い)に分かれて生活しているんだし。

・・・
あーん!みんなといっしょに遊びたいよ~!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
サラ嬢は動物病院で2泊3日のお泊まり中です。
所謂、避妊手術ってやつで。

これは病院の先生の方針で、
お泊まりなしで帰れる病院もあれば、
1泊2日の病院もあります。
(アイリーン姫は1泊2日でした)

今度の先生は、
「麻酔を使うということもありますし、術後の経過観察をしっかりやって、飼い主さんにお返ししたいので」避妊手術は2泊3日なんだそうです。

で、1泊2日のところより経費が安い。

でも、常連客のウィリアムの状態に対する説明責任の果たし方とか見ていると、柔軟かつ臨機応変に対応できるアタマの良い先生のように思います。


昨日、夕方、面会に行ってきました。

子猫にとってはとても広いケージで、ブタさん柄の可愛いピンクのバスタオルを敷いてもらっているのに、サラ嬢はわざわざバスタオルが届いていない隅っこの隅っこでちっちゃくなっていました。

入院患畜用のお部屋の中は、サラ嬢以外はみんなワンコだったから、麻酔から覚めてきて、ここはどこ?ママはどこ?とぼんやり思う間もなく、ワンコがみんなでワンワン言うから、たぶん、超びびっちゃったのでしょう。

隠れるところもないし。。。もしかしたらバスタオルの下に潜ろうとしていたのかな?

ケージの扉を開けて「サラちゃん」と声をかけると、すごいスピードで私に引っ付いてきました。よほど心細かったのでしょう。

いっぱいナデナデして「サラちゃん、ちょっとお腹見せてね~♪」と裏返してみると、毛を刈られたお腹に縫い跡があって、おそらく“おへそ”と思われるところに四角いガーゼが貼ってあり、お腹全体がいかにもイソジンの色で染まっていました。

「サラちゃん、頑張ったんだね、えらかったね」「いい子だね、いい子だね」と声をかけながらなでていると、ようやくゴロゴロのどを鳴らしてくれました。

火曜日は休診日なので、面会には行けません。

心配だし、可哀想だけど、もう一日寝て、会社行ってお仕事して、鐘が鳴ったらダッシュで迎えに行きます。

さてさて、アイリーン姫とウィリアム公は、韋駄天お嬢サラの不在に最初はとまどっていましたが(アイリーン姫は部屋のあちこちを探し回っていました)、久々の大人の時間をゆったり過ごしていました。
#でも、今のうちだかんね~、ウィリくん!

サラちゃん、ちゃんとご飯食べたかな~、お水飲んだかな~、ちっちしたかな~、んちしたかな~・・・

病院に行くと愛想振りまく元病院猫のウィリアム公とは違うからな~

ちっちゃな、ちっちゃな女の子のサラちゃん。
頑張ってね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。