牧場の園の小さなお家

「小部の里」から「つくばね」へ戻ってまいりました.
ネコは2匹に減ってしまいました.
ただいま凹んでおりますが,また余裕のある時に,無理せず更新していこうかと思っています.


テーマ:

猫さんにバッタリ出くわしたとき,つい「にゃん」とか「みゃー」とか比較的高いトーンの声で呼びかけたりしてたんですけど,ぜんぜん相手にしてくれません.さすがに自分の飼い猫だったら「ん?」ってカンジで立ち止まってくれますが,ワンコのように「おいで」といっても来やしません.

猫ってヤツはそういうもの...なんです.

さて,ウチの家出猫「しゃみい」クンがまだおうちにいた頃の話です.

彼ったら,毎日,夕方「おさんぽ行こう」って待ってるんです.決まったコースを前になり後ろになりながら一緒に歩いたり,止まったり,うずくまったり,木に登ったり,クルマのにおいを嗅いだりしながら行くんですが,たまに「かくれんぼ」して遊ぶんですね.

私がモノカゲに隠れていると,彼はかなり真剣に探してます.
そのうち「うぉーん」「あぉーん」と何度も低い声で呼ぶんです.

逆に今度は彼が駐車場のクルマの下にもぐっちゃったりする.
そこで,彼のまねして「うぉーん」「あぉーん」と言いながらゼンゼン違う方向へ歩いていくと,彼は「うぉん,うぉん,おん,おん...」なんて言いながら追いかけてくるんですね.

いや~カワイイですよぉ♪

これって,たぶん親猫が仔猫を呼ぶときの声なんでしょうね.

で,アタマの話に戻りますが,よその猫さんにバッタリ出くわして,とりあえずコミュニケーションとりたいなーと思ったとき,この「うぉーん」「あぉーん」で呼んでみますと,たいてい立ち止まってくださいます.

あとはいきなり近寄らずに,遠巻きにしながら「うぉーん」「あぉーん」を繰り返しつつ,ジワジワと寄っていき,そっと猫さんの鼻先に人差し指を差し出してみます.猫さんが人差し指の先にチョンとお鼻でご挨拶してくださったらシメたもの.なでなでさせてくださったり,ゴロゴロいってくださったり,時によっちゃあダッコまでさせてくださるかもしれません.

猫さんに振り向いてほしいと思っているア・ナ・タ!

お試しあれ!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「備忘録」 の記事

テーマ:
昨日はLANケーブルを入手したのですが,パソコンを移動させるために部屋を片付けたりしていたら疲れ果ててしまい,書く気力も体力もなくなったので,さっさと寝てしまいました.

さて今日のテーマは「猫はなぜ車の前にとびだすのか」です.

先日,すでに陽も落ちた中,路肩をテクテク歩いておりましたら,猫さんにバッタリ出くわしました.で,いつものように「あおん,あおん」とご挨拶して,少しずつ猫さんとの距離を縮め,なんとかあと50センチ位のところまで近づくことができました.

まだまだ小さいオス猫さんで,しっぽがすらっと長く「超タイプ♪」と思っておりましたら,前方からクルマがやってまいりました.猫さんは緊張して一瞬キョロキョロと周囲を見渡し,なんと,まさにクルマのヘッドライトが迫っている道をダッシュで渡ろうとするではありませんか! おまけに「あぶない!」と思ったその瞬間,立ち止まってクルマの方を見て,そのまま進むべきか戻るべきか逡巡している(ように見えた)...場合かよぉ...

まあ,狭い路地で,私も一歩猫さんの方に踏み出していましたから,クルマも止まってくれたんですけどね.

で,あの短い時間に,彼が何ゆえ「道を渡る」という道を選択したのか...

その場でじっとしてればまったく問題なかったはず.

でもそこはブロック塀のわきでした.
後ろには見知らぬニンゲン(<私)がいました.
前からはクルマ...

彼にとって「逃げる」ことができる方向は「道の向こう」しかなかったんですね.

まだ若い猫さんでしたから「怖いものは,じっとして通り過ぎるまで待つ」ということを学習していなかったのでしょう.

ともあれ,その後,猫さんには「怖い思いをさせてゴメンにゃ」とあやまりましたが,スタタタタと走り去ってしまわれました.

今度同じようなことがあったら「隅のほうでじっとしてる」という道を選んで欲しいものです.



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。