2013-04-01 09:46:32

就活自殺は5年前の3.3倍増、就職失敗による大学生の自殺率は日本平均の2.6倍にものぼる

テーマ:働くルールづくり

 きょうから新年度がスタートし新社会人が働き始めるわけですが、そうした日に重いテーマではありますがエントリーします。


 一昨日、NPO法人ライフリンク 主催の就活自殺の背景にせまる就活生の意識調査報告会 に参加しました。参加するなかで気がついた、就活自殺にかかわるデータについて、グラフ化してみました。


すくらむ-01



 上のグラフは、就活自殺の推移です。警察庁が発表している「自殺の概要資料」にある「就職失敗」が原因・動機となった自殺者数を私がグラフ化したものです。5年前の2007年の16人から2012年の54人へと3.3倍も増えています。


 これは絶対数ですが、自殺率(人口10万人当たりの自殺者の数)で見てみるとどうなるのか、大学生に限ってですが試算してみました。


 厚生労働省が毎年発表している「大学等卒業予定者の就職内定状況調査」 によると、2012年3月大学卒業予定者のうち就職希望者数は40万6千人で、そのうち就職できたと予想される内定者は32万7千人となっています。そうするとその差となる7万9千人が「就職失敗」をしたと推計されることになります。


 この「就職失敗」をした7万9千人のうち、上のグラフにあるように、45人が「就職失敗」によって自殺に追い込まれてしまっているわけですから、これを自殺率にすると56.96という数字になります。


 2012年の日本全体平均の自殺率が21.8ですから、「就職失敗」による自殺率56.96は、2.6倍にものぼることになってしまいます。これを私がグラフにしたものが以下になります。


すくらむ-02



 同様に5年前の2007年の数字を試算すると、「就職失敗」による自殺率は26.0です。2007年の日本全体平均の自殺率は25.9ですから、5年前はほぼ同じ水準だったのです。


 この5年間で大学生の就活自殺率が2.19倍と倍増してしまっている背景には、昨日のライフリンクの報告会の冒頭でも紹介されたアニメ「就活狂想曲」 のような就活生の異様な生きづらさの蔓延と、ブラック企業や非正規雇用の増大などの雇用・労働状況の劣悪化とともに、昨日の報告会のフロア発言で全労働の仲間が指摘していたように、就活を失敗した大学生への社会的な支援・援助がないことなども関係しているのでしょう。


 そして、今回ライフリンクが実施した「就職活動に関わる意識調査」で興味深かったところを私がグラフ化してみました。


すくらむ-03



 上のグラフにあるように、就活生(意識調査の対象は昨年12月1日の就職活動解禁日時点で就職活動を行っていた大学生121人)の半数以上は、日本社会はいざという時に何もしてくれず、やり直しがきかい社会で、正直者がバカを見て、あまり希望を持てない社会だと感じているということです。


すくらむ-04



 そして、上のグラフにあるように、「自己責任」の傾向があり、いま現在、本気で「死にたい」「消えたい」と考えている学生は10.0%で、「以前は考えたことがあったが、今はない」が27.3%、あわせて37.3%の学生が本気で「死にたい」「消えたい」と考えたことがあるという結果になっています。


 そして、就職活動について、納得できないことや不満に思うことがある学生は74.8%にのぼり、自由記述欄には、「新卒一括採用でほとんど将来が決まってしまうこと」「不透明な採用方法」「就活のための大学生活になってしまっている」「みんなが同じ格好をして、同じあいさつの仕方を身につけることが前提となっていること」「面接官との相性が運に左右されてしまう点」「学生一人ひとりの人間性をもっとよく見てほしい」「選考から外れるたびに自分という人格が否定されているように感じる」「資金がとてつもなくかかる」「学歴差別が未だにあること」などが就活への不満としてあげられているのです。


 ★相談機関の連絡先
 電話:よりそいホットライン(24時間) 0120-279-338
 ネット:いのちと暮らしの相談ナビ
http://lifelink-db.org


(byノックオン。ツイッターアカウントはkokkoippan)

AD
いいね!した人  |  コメント(31)  |  リブログ(0)

すくらむさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

31 ■大人って

 素敵な大人がたくさんいて呆れますね。

 地方三種の公務員なんて廃止されたものをドヤ顔で勧めてくる大人。あったら私のような人間にも楽だったでしょうね、地方三種。今の時代無いですけど。

 プライドの高さがどうとか言ってる方も、結局何が言いたいのかよく分かりません。伝わらなければ意味ないですね。

 繰り返し粘着してくる大人の方も、書き込みを見れば否定から入り、返されてもその部分は無視して更に書き込んでいます。大学の数を~のくだりで。

 大人というのは、人の話に耳を傾けず、自分の経験で凝り固まって思考停止して、間違ったことでも上から目線でアドバイスをする人のことでしょうか。

 曰く私は子供らしいのでよく分かりませんが、なりたくない貴重な大人の姿を拝見させて戴きありがとうございました。

30 ■無題

散々粘着コメントを書き込むという子どもじみた行為を繰り返して、ブログ主をはじめとする皆に迷惑を掛けた名無し2氏が就活生氏を子ども呼ばわりするとは面白い冗談だ。

29 ■Re:無題

>就活生さん
プライドの高さは動かすことができないものですか、そのプライドは他の誰かの評価と関係なく満たすことができるものですか

後者ができないのであれば責任の幾分かは他者に転嫁してることになりますよ

28 ■Re:無題

>就活生さん
『今の学生の甘え、死んだ奴は根性がなかった、自己責任の一言で片付けられる中、こういう背景もあるということを社会に出ていない未成熟な大人でも子供でも無い存在として言いたかっただけです。 』

この文章を見るだけでもあなたは十分に子供ですよ。
ただ単に年齢が上がって自分自身は大人だと思っているようですが、残念ながら子供以外でもなんでもないです。
ま、君みたいな事をいう"自称大人"が増えたからかもしれないですがね。

自身を分析せずに、ただひたすら外部と他人に責任をかぶせようとしているその言動に問題があることをまずは認識すべきでしょうね。

あなたのその長文の中に自責の部分がどれくらいあるのか冷静に見直ししてみることをお勧めします。

27 ■無題

 書き方が悪かったですね。すいません。
私自身がすぐに全て誰かのせいにして投げ出して自殺したいというわけではありませんよ。 
自分が未熟なことも自覚しています。私が死ぬとしたら、自身のプライドを乗り越えられず、ふがいなさと情けなさに堪えきれなくなったときですね。おそらく。

  今のエントリーシートってとっても複雑なんですよ。面接も多様化しているようですが。選考を企業も思うところがあってたくさんの応募の中そうしているのでしょうけど。自分を全てさらけ出したり、マニュアルを読んだり、架空の自分を作り上げて失敗し続けることは、やっていて人格否定に感じることもありますよ。企業がどうこうより、自分ってダメなんだな、社会に必要ないな、と。

 それに生まれてからずっと不況だし、好景気だの明るい未来だのが待っているように思えないです。特に格差が叫ばれる中、大学卒で正社員という正統なレールを外れたら・・・ろくな未来は描けません。そういう複合的な理由から自殺するんだと思いますよ。本人の気持ちは分からないけど。


 ちなみにドナー登録はしないと思いますね、自分から死を選ぶときに、他社への優しい気持ちが残っている余裕はないと思うので。


 そうではなくて、円周率が一律3であると簡単に信じてしまう人、大人達がたくさんいる中(もう自分も大人になってしまいましたが)ゆとり、今の学生の甘え、死んだ奴は根性がなかった、自己責任の一言で片付けられる中、こういう背景もあるということを社会に出ていない未成熟な大人でも子供でも無い存在として言いたかっただけです。 

 いつだって人間の能力差があるのは同然だと思いますよ。ただ、全体を国一以外の公務員が負けだと言われていたような時代もあったようですし、ピッコロ大魔王さんが言われているように、確実に公務員の門も狭くなっています。自治体自体もこの先安泰なところばかりではありません。

 能力差で全てが決まるなら、現在正社員として働いている能力のない人間を全て捨てていけばいと思いますが、そういうわけにもいかないでしょう実際は。そう考えると、生まれる時代によって運はあると思いますよ。

26 ■無題

国家公務員Ⅲ種試験(現在の国家公務員一般職試験(高卒程度))の年齢制限について、受験する年の4月1日現在で23歳未満だったのが、バブル崩壊後、大4生・大卒者の合格者が増加して本来の対象である高3生・高卒者の合格者が減少したことから、1996年度で22歳未満、1997年度で21歳未満に引き下げて、大4生・大卒者を受験できなくしたんだよね。Ⅲ種で大学4年分の経験年数が加算された場合とⅡ種の給料とでは昇給1回分くらいの差しかなかったし。

で、地方でも初級公務員試験だと4大卒は年齢制限に引っかかるところが多いんじゃないかな。

中卒または高卒限定の職員採用試験(主に現業系)に学歴を低く詐称申告して採用された短大卒や大卒が、「学歴詐称で採用された人のせいで本来なら受かっていたはずの中卒または高卒の人が不採用になっているため、免職という形でなければ示しがつかない」との理由で免職になるケースや、もう少し甘く「クビにするのはかわいそう」と停職になるケースがあった。

初級でも事務系に合格するような高校生の学力や目的意識は、下手な大学生より高いと思う。

それに、地方の民間だと、ただ単に大卒であることより地元の有力高出身であることの方が、地力が高いと評価されることがある。

25 ■Re:自己責任ですよ全部

>就活生さん

君が死のうと生きようとあまり私には関係ないのでどっちでもいいけど、死ぬんだったら就活する必要ないのでは?なにしろせっかくですから臓器移植のドナー登録をしておくことをおすすめします。

24 ■Re:自己責任ですよ全部

>就活生さん
他責にしたいのはよくわかるんだけど、
君と同じ時代に就職活動して希望する企業に内定貰っている人もたくさんいるんだよね。

そんな彼らと君(が、希望する企業に内定出ているかどうか知らないけど)の差がどこにあるのか?なんて考えことあるのかな?

時代背景や就職の状況なんて、大学入る時点で判っているんだから、就職活動する以前にもっと君自身がやることは無かったのかな?

冷静に自分の立場と活動を振返ってからでも自殺するのは遅くないと思いますよ。

まあ、君が死のうが生きようが、ブラック企業で働こうが、派遣労働者になろうが私には一切関係の無い話だけどね。
こういう書きっぷりをしていること自体が「自分はお子様です」と自己紹介していることにも気が付いていないんだろな・・・

そんな君には地方3種の公務員をお勧めするよ!

23 ■自己責任ですよ全部

 今の子供は、親に甘やかされて、自分で選んだわけでも無いゆとり教育を享受して、少子化だから大学も学力がないまま推薦でノコノコ入れて、経済だって生まれた時からバブルが弾けてる、だから全て学生て悪いんですよね?

 インターネットだって普及していてエントリーがボタン一つでできて、結果企業への応募も増えて、結果エントリーシートやら履歴書やらも複雑化、面接も多様化していて、自分をさらけ出したり無い嘘をついたり一生懸命やった結果、ダメなのは学生が頑張らないから悪いんですよね?コミニュケーションがとれないからいけないんですよね。

 英語教育も何十年ってやってるはずですけど、そうそう話せる大人は小さい頃から見たことがないけれど、グローバル化の中で、英語一つ喋れない今の子供は出来が悪いですよね。ゆとりだからしょうがないですか?

 この先少子高齢化は深刻化し、年金も払ったってろくにもらえない。けど正社員にもなれず、福利厚生もなく安月給で生きていくのも自己責任だし、未来の借金なんか今の老人は死んで関係ないですよね。全部ゆとりで甘えの若者が悪いんですよ。死ぬ方が幸せかも分かりませんね。一生懸命周りの大人達が見せてくれた競争も根性比べもない夢の中からでないまま。

 私は就活が終わったら死のうと考えていますよ。別に悲しいことでも人様からさげすまれるようなことでもありません。

22 ■生き残るのは生きる意志を持った者だけ

就職失敗に限らず自殺の原因・動機を物理面で解決するのは難しいから精神面からのアプローチで相談してくださいってやってるんだろうけどね。

○○してくれなければ死んでやるみたいなのは自分を人質にした脅迫でしかなく、そうではない場合、死を悼むだろう人たちのこと等より自殺に因る現状脱却を選択しただけ。検死されるような遺体になった自分や新聞・週刊誌の記事でどう扱われるかを想像させて嫌な思いにさせたり、読んでる本の続きを知りたい程度のことを生きる理由にさせたりするのもありかもしれない。

就職活動に関わる意識調査の内容をみると、学費を納めているからとお客様気分で選ぶ側の立場だったのが、自分を売り込まなければならない、選ばれる側の立場になったことや、相手にしたくない人は相手にしない、やりたくないことはやらないみたいな正直さが通用しなくなったことに順応し切れてない大学生が多いのかな。それと、社会・企業・他人を自分の価値観で評価するのはよくても、社会・企業・他人がそれぞれの価値観で自分を評価するのは自分が満足するものでなければ納得しないというのは矛盾だと気付け。

文科省の学校基本調査によると、24年度末に大学を卒業した人の(4年で卒業したとして)入学年度の進学率は、20年度52.8%(574,990人)、5年前の15年度44.63%(571,959人)で、分母が減って進学率は上がってるが、進学者数はあまり変ってない。下のURLは20年度の資料で少し古いけど、長いスパンでみるとかなり変わってきてる。

卒業者数、就職者数及び就職率等の推移[大学(学部)] 文科省
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/08072901/003/sanzu11.pdf

2013年大卒求人倍率1.27倍(リクルートワークス)、2月1日現在の内定率81.7%(厚労省)、高卒の1月末現在の求人倍率1.29倍、内定率88.3%(厚労省)。求人倍率が1倍以上なのに内定率が90%を切ってることについては、いろんな解釈が出てくるんだろうなぁ。

また、全国大学生協連の第48回学生生活実態調査概要報告(http://www.univcoop.or.jp/press/life/report.html)で大学生の授業を除く勉強時間1日平均39.2分というのをみると、いろいろ不安。

21 ■無題

海外では~っていうの好きじゃないけど
新卒にこだわらず、学校を出て、インターンやアルバイトを経て
就職したほうがお互い幸せじゃないかなと思う
日本じゃ新卒で就職出来なきゃ結構な確率でアウトだもんね
しかし企業にもそこまでの余裕がないってのも問題だと思う
就職に限った話じゃないけど
一番力のある「働く人たち」の余裕がいま全然ない
だから弱者・後進を守り育てるって方に行けなくて
悪い連鎖が断ち切れない感じはすごくする

20 ■Re:人材育成。

>アニエスさん
『企業の側も人材育成をする気があまりないのも問題だと思います。』
いやあ、大手の企業はしっかりと教育しますよ。OJT,OFFJT含めてね。

学生時代の経験をそのまま生かせる職業なんて、あまり健全な企業ではないと思います。

自分に自身が無ければそういった教育制度の整っている企業に就職すればいいだけの話ですね。

なお、企業の教育も既に飽和状態になりつつあり、「教育を受けること」を権利と勘違いしている若者も増えているのも現状ですね。

『企業も学校にばかり押しつけるのではなく自分たちでも人材を教育しないとダメですよ。』
学校に期待したって大したこと出来ないから期待してませんよ。

19 ■Re:大卒って?

>日本人さん
『大学は一応勉強するところなんでしたっけ?
俺は経験していないから分からないけど
高い学費払ってまで行く価値あるのかどうか』

さあ、本人次第なので、なんとも言えないと思いますが、日本人さんがおっしゃるとおり、一般的な企業に務める場合は、学歴なんて関係ないと思います。

ただし、資格職(弁護士とか医者など)は大学を卒業することが必要になると思いますので、そういった職業に就きたい人は大学行かないといけないでしょうね。

私は大学の数は今のままでもいいと思いますよ。ただし、大学教授の質を上げて、しっかりと勉強してそれなりの成果を出した人間だけを社会に出すというふうに変えていく必要があると思っていますが。

18 ■Re:無題

>鍋さん
『じゃあ、大学を減らせば全て解決するのですかね?』
目的がなにかを考えてみましたか?
大学生の就職率を上げるのが目的であれば、「低偏差値の大学を廃校にする」というのも手段の一つでしょうね。
それが正解かと思いませんが。

昔の大学生でも就職できない人はいたし、複数の企業から内定を貰っている人も居ます。

学ぶことの尊厳は本人の選択の自由です。Fランク大学で学んでもよし、頑張って旧帝大に入るも本人の自由ですから。
学ぶことと就職することは別問題でしょうね。
また、大学に行かなくても学ぶ場は多いと思いますよ。学ぶ尊厳=大学生になるという型にはめるのもいかがなものかと

なんか問題の本質を見失って、反論につぐ反論というコメントにしか見えません。

17 ■人材育成。

>名無し2さん

企業の側も人材育成をする気があまりないのも問題だと思います。
最近では非正規雇用のアルバイトにまで実務経験求めるのは明らかに間違っていると思うけどね。

企業も学校にばかり押しつけるのではなく自分たちでも人材を教育しないとダメですよ。

16 ■Re:大卒って?

>日本人さん
大卒の数が多いや学歴うんぬんよりも企業側が求人を増やさないと就職はできないわけ。学生の数がどうなろうが子供の数自体は変わらないんだからさ。
大企業の内部留保や高給取りの給与を削減してその空いた資金で学生の雇用を確保していくべきでは。
少子化で子供の数もどんどん減ってきているんだから。雇用の安定を図らないと少子化はさらに進み国力も衰えてしまう。経済的安定が結婚に踏み切れない一番の原因というじゃない。

就活に失敗した人のフォローがあまりできていないのも問題。
それも尻をたたくようなフォローではなく、精神的なフォローの方が大切。官民挙げて精神的支えになってあげないと。そうしないと就活自殺はなくならない。
新卒一括採用の見直しは急務。やり直しのきく世の中を目指そう。
何より必要なのは企業の意識改革。

15 ■Re:自殺者総数が3万人代のままなのに違和感

>相楽さん
ウィキペディアの「自殺」(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E6%AE%BA)の目次の10.2.6に「世界保健機関の基準では変死の半分を自殺として計算している」説」が根拠資料へのリンク付きで載ってる。

信じる信じないはご自由に。

14 ■自殺者総数が3万人代のままなのに違和感

就職できたとしても、過労や介護疲れによる自殺とか、リストラや賃金不足による自殺とか、再就職できずに生活苦で自殺とか。自殺要因は増える一方で、減る要素が殆ど無いにもかかわらず、自殺者の総数が3万人代のまま、という事自体にも疑問符がつくんですけど、実際どうなんでしょうね。

WHOの基準では、不審死の半数を自殺としてカウントする(ソース元忘れました)という推計手法があり、それを適用すると【日本の自殺者は年10万人になる】、という説を聞いたこともあります。
そこまで行かないとしても、毎年3万人代しかいない、という警察のデータは信用出来ません。

わたしのこの視点から考えると、就活成功者の自殺者数はもっと多く、就活失敗をきっかけにした自殺者数も増えるだろうものの、2.6倍よりは若干下がるような気がします。
就活自殺が増えていることと、就活生後者より失敗者のほうが自殺率が高いことまでは、事実だと思います。

13 ■国益

以前にも同じようなコメントしたことあるんだけど留学生ばかり採用して日本人を採らない会社は害悪でしかない
それで国益とか言うんだから愚の骨頂だよな
こうした企業には早く市場から退場してもらいたい
日本人を大切にしてこそ国益だ
就職の間口を狭めている企業の責任が最も重大

12 ■無題

これは、
「就職の間口が狭い」
という話で、学歴云々じゃないんじゃないかな?
発展途上国に工場が移り、日本国内の雇用が減る。
グローバル化で、外国人留学生を取って、日本人の就職の間口が減る。
世界で椅子取りゲームが起こっている。
地方の区役所は「ワンフロア生活保護のブース」
全部を高校や大学のせいにしてはいけないと思う。

11 ■大卒って?

>名無し2さん
>鍋さん
>通りすがりさん
俺なんかも高校時代は勉強が嫌いでバイトばっかしてたんで早く働きたい気持ちだったんで大学には行かないで就職した
同じ世代の中堅私大の同僚よりは俺の方が出世しているんだよ
大卒であることが誇りであるみたいなことを発する人はたまにいるけどね
てか中堅私大以下の奴に多いんだよなあ…大卒アピールしたがる奴って
ヒエラルキーでもあるかね
会社の先輩でも後輩でも優秀な大学を出ている人は学歴なんかアピールしないし、実際優秀な人が多いね
大学が高校の延長線上になってしまっているように見受けられる
大学は一応勉強するところなんでしたっけ?
俺は経験していないから分からないけど
高い学費払ってまで行く価値あるのかどうか
勉強しないなら俺みたいに四年早く就職して社会人経験増やす方が為になるはず
Dラン・Eラン・Fランの大学は必要ないのでは?
人生損をしている
ちなみに俺はラン外だ
少子化だし大学は大幅に削減すべき
ただし大学職員などの雇用や生活に影響が出ないように

10 ■無題

正直なところ、「学ぶことの尊厳」を解るような人は

Fラン大には入らないと思うし
露骨に大学行かなくてもそこそこいいとこに就職できるってのは
バブルのアレなら、アレがおかしかったんだよ
「身の丈」ってのがもともと厳然とあって
大学だけが変なことになってるんだと思う

元々そんな力のない人間が上見て行けなくて自殺してるだけじゃないだろうか
嫌な話だけど、もっと早いうちに「キミはこんなもん」って
さっさと就職させちゃった方がいいんじゃないかとさえ思う

ただ、就職難は減るかもしれないが
ほんっとつまんない世の中にはなりそうだけどね…

9 ■無題

じゃあ、大学を減らせば全て解決するのですかね?

学ぶことの尊厳と、この問題を両立して解決するにはどうすればいいのでしょうかね?

昔の大学生も露骨に全く学校に行かなかったり、そうしても、それなりのところに就職できてたりする。そういう面白いエピソードはたくさんある。

8 ■Re:>>6さんへ

>鍋さん
寿司屋のチェーン店の社員は「職人」じゃないだろうという話は置いておいて、

まずは「大学生が増えすぎた」と「就職難」と言うのの関連性を認識する必要があると思います。

件のすしチェーン店の社員でも学歴が必要かどうかは判りません。スーツーを着てサラリーマンの仕事をしている高卒の方も数多くいますし、社会に出てしまえば学歴なんて関係ないでしょう。

で、話を元に戻すと、現在の状況は
一昔前と比較すると
・20歳前後の日本人の総数は減っている。
・大学生の定員は増えている
・低偏差値の大学が増えている
という事実があります。ここら辺の事実についてはそこらへんにソースがあるので、各自検証ください。
上記の3点から
・以前と比較すると勉強のできない大学生が増えている
・高卒で就職する人間も減る
という事象を導き出せます。
家庭の事情以外で大学に進学しないで就職する高校生のレベルが下がっているため、高校生の就職率も下がるのは当たり前の話ですね。企業側から見れば求める人材がいないわけですし、小さくなったパイからより良い人材を確保するのは困難なわけですから。

大学生はどうかと言うと、こちらも同じ状況で、鍛えれていない学生が増えているわけなので、企業も新卒の学生が欲しくてもそのレベルに達している学生の数が少ない。
というか、ある一定のレベルにいる学生の数は昔とそう変わらない。
という状況になっているわけです。
なので、企業が求める人材に至らない大学生が増えている以上、大学生が就職難な状況は当面続くと思います。
底辺の大学と呼ばれる大学生の卒業研究の内容などを見てみると、我々が大学1年の時に行った実験と同じような事を1年かけてやっていたりする学生もいますので・・
就職難の全てが、大学生が増えすぎたからだというつもりはありませんが、主要な原因の一つにはなっているといっても良いかと思います。

7 ■>>6さんへ

大学生が増えたからという理由は少し違うんですよ。高卒中卒の就職も酷いの。非正規雇用もカウントされる。
で、本題なんだけど、ひとつのケースでとある寿司屋の職人で、地元看板の国立大学卒業の人がいるの。職人は「資質」だから、学校以降が行かまいが全く関係ないの。だけど、その寿司屋はチェーン店で、その職人さんはスーツ着て「サラリーマン」としての仕事もしなくちゃいけない。だから、今まで学歴が要らなかったものに学歴を要求してる社会なんだなと思う。周りで中学しか出てなくて、底辺の仕事を転々として、底辺の仕事もはげしい取り合いで、心を病んでニートみたいな生活をしてる人がいる。この人は「生活保護」しかみちがない。そういう社会なんです。
だから、「大学生が増えすぎた」
と「就職難」は切り離して考えなきゃいけません。
確かに、公教育で「職業教育」が足りない現実はあります。これからの職人は世界に「輸出」する時代です。そういう職業ほど、世界も股にかけなきゃいけない人たちです。
産業構造の変化に対応しなければいけません。

6 ■そもそもの数字が違う

就職失敗=就職先が見つからないという単純思考で考えるから変な数字になるんだけど。

この記事から考えると、ブラック企業から内定もらっても「就職成功」って数えるのかな?

内定もらった人でも医中の企業に内定もらえずに失敗したと思う混んでいる人もいるはずなんだけど、自分たちに都合の悪いことには目が向かないんだよね。

大学の進学率が上がっているということ(要は一昔までは学力がなくて大学に行けなかった学生も大学生になれる)に目をつぶって、出の数字だけ評価したって意味ないだろうに

典型的な数字に踊らされているだけということに気がついていないというお話でした。

5 ■転記誤り

大学生の「就職失敗」による自殺率(10万人当たりの自殺者数)56.96の分子は、平成24年中における自殺の状況(http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm 平成25年3月14日 警察庁)の付録2の就職失敗を原因・動機とする大学生の自殺者数45人で、分母の7万9千人は、リンク先の大学等卒業予定者就職内定状況の平成24年2月1日現在の数字から。

56.96は、計算としては合ってるが、下のグラフが「59.96」となっているのは転記誤り。

また、平成24年の自殺率21.8は、前述の平成24年中における自殺の状況の資料3に記載があり、分子は同付録1の自殺者数合計28,396人と考えられるが、分母となる総務省の人口動態調査(http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/NewList.do?tid=000000090001)のどこから引用しているかはわからなかった。

4 ■無題

>「就職失敗」による自殺率56.96は、2.6倍

なんかちょっとこの倍率の言い方引っかかるな…
単純に考えて、自殺で一番多い「健康問題」「生活苦」が
大学生は社会人より少ないんだもん

3 ■無題

日本平均の数値の出し方が分からないので反応しようがないんですが。

学生側は詳細に分類して少数に絞ったのに、まさか日本平均側は全体数からバンと出した数値…ではないですよね?

2 ■学生さんも活動しましょう。

でも新卒入社後も中卒の七割が高卒の五割が大卒の三割が三年以内に離職するそうです。
私も大卒で今年が十年目ですけど同期の半数が退職しました。子供ができて退職とかもあるのですけど。
ブラック企業が横行しているからこうなるんだと思います。
新卒が全てでやり直しが利きにくいのもこの国の雇用の問題の一つですからね。
就職活動と新卒雇用のあり方そのものを見直してみるべきだと思います。

学生さんには命を大切にして欲しい。やり直しが利く世の中になるように私も活動をしていきます。
学生さんや若者も活動をして欲しいですね。
受け身では何も変わらないから…。

1 ■無題

日本って江戸時代まで、
職業の選択ができなく、
ある種のレールに乗っかるのがルールでした。
それが日本人の気質の原点だと思います。
民主主義・資本主義になり、
グローバル化と、先進国同士の椅子取りゲームを余儀なくされます。教育は、
「単なるサラリーマンや公務員」になるための教育で、それは、経済界の都合でありました。
地方では、企業誘致といいつつ、失敗し、もちろん地方の軽税規模の限界もございますので、最初から無理なことに無駄な税金が使われる顛末です。
日本のこれからのあり方をどうするのか、
考えなければいけません。
「職人になれ!」といっても、チェーン店か、
寿司職人はヨーロッパからの求人が多いです。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。