2012-03-22 09:35:05

「がれき広域処理」は愚の骨頂-「放射性物質は拡散せず封じ込める」が放射線防護の鉄則

テーマ:原発問題

 東京大学工学部職員組合が3月2日に東大で開催した立命館大学名誉教授・安斎育郎さんの講演を聴きました。安斎さんは放射線防護学が専門なのでいま問題になっている「がれき広域処理」についても触れました。その要旨を紹介します。(※あくまで私の要旨メモであること御了承を。by文責ノックオン。ツイッターアカウントはanti_poverty)


 いま、がれきを広域処理すべきという議論がありますが、「放射性物質は拡散せず封じ込める」という放射線防護学の鉄則から考えると愚の骨頂と言わざるを得ません。がれきに放射性物質が含まれているわけですから、安全確保を第一として地方自治体に拡散せず国の責任で集中的に管理しなければなりません。


 福島原発から大量に放出されてしまったセシウム137は、放射線量が10分の1に減るのに約100年かかります。福島原発の周辺でおそらくは100年単位で生産や生活の場に適さなくなってしまった領域ができてしまっています。地域住民の合意を得ることを大前提にして、その領域を堅牢な2重の防護壁で囲い込んで、その中にがれきと放射性物質を封じ込める必要があります。場所的には日照が多いところでもありますから防護壁の屋上は太陽光発電所としても活用できると思います。


 集中管理しておけば、もしあらたな処理方法が見つかったときでも、すぐそのあらたな方法で処理することができます。しかし、全国各地に広域に拡散してしまっていると、そういうことも非常に困難になるのです。


 今回の福島原発事故で、私が知っている限りでも原子力関連の研究者をめざそうとする若い人は激減しています。


 しかし、福島原発の放射能汚染とのたたかいや安全に廃炉していくにあたっても、この先数十年、100年単位で続く取り組みとなりますし、そもそも現時点でも原発が膨大に生み出してしまっている高レベル放射性廃棄物は100万年単位の安全管理が必要なのです。脱原発にあたっても数多くの原子力研究者は必要なのです。


 がれきや放射性物質を囲った防護壁の外には、なおさまざまな汚染レベルの地域がまだら模様で存在します。この状況に対して、マイナスの価値ばかりを見るのではなく、もちろん地域住民の意向を踏まえた上でのことですが、国立の「低レベル放射線影響研究所」をつくり、国際的な研究所として、年間数ミリから100ミリシーベルトの放射線の長期的被曝を調査・研究する研究所として国際社会に有料で開放してはどうかと考えます。あわせてこの汚染地域には多くの動植物が生息していますので、それらの研究も可能となります。低レベル放射線の実験施設をあらたに作るには巨額の費用が必要になります。原発推進ではなく、放射能汚染から国民の命と健康を守る観点での研究に生かすべきではないかと考えます。


 また、「低レベル放射線影響研究所」とあわせて国立の「原子力安全研究所」をつくる必要があると考えます。文字通りに原子力の安全を研究するわけですが、原発の後始末をするというだけでは若い研究者の意欲を燃やし続けるのは難しいでしょうから、あわせて、代替エネルギー、自然エネルギーという未来に開ける研究を重ねあわせる工夫をしてはどうかと思っています。


 ――以上が安斎さんの指摘です。安斎さんは、講演の冒頭で、福島原発事故に直面してのいくつか重要だと考えるキーワードとして、


 「隠すな、ウソをつくな、意図的に過小評価するな」


 「過度に恐れず、事態を侮らず、理性的に怖がる」


 「産地で怖がらず、実態で怖がる」(←ちょうど講演の前日、福島から避難した子どもたちがいじめられていることがマスコミ報道されましたので、安斎さんは随分憤慨していました)


 ――を紹介しました。「がれき広域処理」は、「意図的な過小評価」をして、「事態を侮っている」ということです。


 最後に徳島県の環境整備課の考え方 を紹介しておきます。こういう態度こそが、「隠すな、ウソをつくな、意図的に過小評価するな」「過度に恐れず、事態を侮らず、理性的に怖がる」というお手本だと思います。


【ご意見】放射線が怖い? いいえ本当に怖いのは無知から来る恐怖


 東北がんばれ!!それってただ言葉だけだったのか?東北の瓦礫は今だ5%しか処理されていない。東京、山形県を除く日本全国の道府県そして市民が瓦礫搬入を拒んでいるからだ。ただ放射能が怖いと言う無知から来る身勝手な言い分で、マスコミの垂れ流した風評を真に受けて、自分から勉強もせず大きな声で醜い感情を露わにして反対している人々よ、恥を知れ!!


 徳島県の市民は、自分だけ良ければいいって言う人間ばっかりなのか。声を大にして正義を叫ぶ人間はいないのか? 情け無い君たち東京を見習え。


【環境整備課からの回答】
http://www.pref.tokushima.jp/governor/opinion/form/652


 貴重なご意見ありがとうございます。せっかくの機会でございますので、徳島県としての見解を述べさせていただきます。


 このたびの東日本大震災では,想定をはるかに超える大津波により膨大な量の災害廃棄物が発生しており,被災自治体だけでは処理しきれない量と考えられます。


 こうしたことから,徳島県や県内のいくつかの市町村は,協力できる部分は協力したいという思いで,国に対し協力する姿勢を表明しておりました。


 しかしながら,現行の法体制で想定していなかった放射能を帯びた震災がれきも発生していることから,その処理について,国においては1kgあたり8,000ベクレルまでは全国において埋立処分できるといたしました。


(なお,徳島県においては,放射能を帯びた震災がれきは,国の責任で,国において処理すべきであると政策提言しております。)


 放射性物質については、封じ込め、拡散させないことが原則であり、その観点から、東日本大震災前は、IAEAの国際的な基準に基づき、放射性セシウム濃度が1kgあたり100ベクレルを超える場合は、特別な管理下に置かれ、低レベル放射性廃棄物処分場に封じ込めてきました。(クリアランス制度)


 ところが、国においては、東日本大震災後、当初、福島県内限定の基準として出された8,000ベクレル(従来の基準の80倍)を、その十分な説明も根拠の明示もないまま、広域処理の基準にも転用いたしました。


(したがって、現在、原子力発電所の事業所内から出た廃棄物は、100ベクレルを超えれば、低レベル放射性廃棄物処分場で厳格に管理されているのに、事業所の外では、8,000ベクレルまで、東京都をはじめとする東日本では埋立処分されております。)


 ひとつ、お考えいただきたいのは、この8,000ベクレルという水準は国際的には低レベル放射性廃棄物として、厳格に管理されているということです。


 例えばフランスやドイツでは、低レベル放射性廃棄物処分場は、国内に1カ所だけであり、しかも鉱山の跡地など、放射性セシウム等が水に溶出して外部にでないように、地下水と接触しないように、注意深く保管されています。


 また、群馬県伊勢崎市の処分場では1キロ当たり1,800ベクレルという国の基準より、大幅に低い焼却灰を埋め立てていたにもかかわらず、大雨により放射性セシウムが水に溶け出し、排水基準を超えたという報道がございました。


 徳島県としては、県民の安心・安全を何より重視しなければならないことから、一度、生活環境上に流出すれば、大きな影響のある放射性物質を含むがれきについて、十分な検討もなく受け入れることは難しいと考えております。


 もちろん、放射能に汚染されていない廃棄物など、安全性が確認された廃棄物まで受け入れないということではありません。安全な瓦礫については協力したいという思いはございます。


 ただ、瓦礫を処理する施設を県は保有していないため、受け入れについては、施設を有する各市町村及び県民の理解と同意が不可欠です。


 われわれとしては国に対し、上記のような事柄に対する丁寧で明確な説明を求めているところであり、県民の理解が進めば、協力できる部分は協力していきたいと考えております。


参考【※あわせて読んでいただきたいと思います】
▼全国での「安易な瓦礫受け入れ」をやめさせる「効果的な」方法とは?
http://dogdaysdog.seesaa.net/article/255232636.html

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

7 ■無題

どこかの教師のなり損ねとか、リチャード・コシミズごとき妄想家の根拠のない主張を、これまた検証することもなく信じ込む阿呆も世の中にいるしね。

6 ■無題

瓦礫受け入れしないと復興が進まないも何もこの記事で完全否定されてない?
そもそも「邪魔」な瓦礫は存在しないし、放射線防護の鉄則上拡散することは「ありえない」話なんでしょ?

5 ■無題

どこかが受け入れないと進またいのは事実
難しいところだ

4 ■原発ガレキ・廃棄物無害化の技術向上を

これこそ官民総がかりで研究し、現地処理と同時に広域処理可能な状況にまで無害化できるかにかかっています。

国・47都道府県・民間産廃業者が原発汚染が歴の迅速な処理のできる技術を速やかに確立し、一日でも早い原発事故終結・被災者早期帰還と脱原発の実施が求められます。基礎研究後は民間活力を生かすのも手です。

それなしに脱原発だ、一方で感情的に原発ガレキ受け入れは嫌だとわめいても、問題は未来永劫解決しません。

3 ■拡散希望

ドイツZDF フクシマのうそ
ttp://datsugen.com/?p=731
*頭にhを入力してね。

世論操作の犬HKとは大違い。
海外の報道でしか真実を知ることができない
日本が情けない。


2 ■アメリカの人工地震で

昨年3月11日の震災は、揺れた時間が異常に長くて、

宮城県沖から茨城県沖に、断層が南下して「3連動」したそうです。


地震の揺れで壊れなかった建物が、異常に巨大な「津波」で壊されました。



これは、アメリカが海底に核兵器を仕掛けた、「人工地震」だと推測されています。


岩手/宮城/福島で津波を被ったガレキは、

福島原発の放射能が降る前に、既に「核兵器の放射能」で汚染されているので、

全国に拡散してはいけません!

1 ■誤解無きよう。

おそらく誤解されていないとは思いますが、がれき処理は、放射能汚染されているものとされていないものに分けて判断すべきことに対して、絆で受け入れや拡散してどうする、という両極意見が多いのは悲しいことです。

津波によるがれきと原発事故による汚染の地域は、一部重なってるけれど全くのイコールではないと。

とはいえわざわざ地方に運搬するコストは無駄なので、現地に処理施設を作った方がいいと思うのですが、何故なのでしょうね。(何かの利権?)

蛇足ですが、今回は公務員の地位保全に絡めていないので驚きました。(笑
サイトの目的と合致していいないのでは、と心配になります。(余計なお世話ですね)

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。