2011-12-17 10:20:16

若者が自殺で1時間に1人亡くなる日本-仕事に殺される20代はこの6年で5倍増

テーマ:ワーキングプア・貧困問題

 先のエントリー「急増する20代の就職失敗自殺・生活苦自殺・失業自殺-若者の死因トップが自殺なのは先進国で日本だけ」 に続けて、「若者の生きづらさ」を示すデータをいくつか紹介します。


 自殺予防総合対策センターの「性・年齢(5歳階級)別の自殺の年次推移」(→※PDFファイル) によると、近年は1993年の自殺率17.2(※10歳以上)を底にして増加傾向にあります。1993年と比較した2009年の自殺率の増加を、年齢別にグラフにしてみました。

すくらむ-倍増した20代の自殺率


 上のグラフにあるように、20~24歳はこの16年間で2.1倍と他のどの年齢層よりも自殺率が増加しています。つづく25~29歳は1.94倍で、あわせて20代はちょうど倍増していることになります。この16年間でもっとも「生きづらさ」が増したのは20代と言えます。


 警察庁のサイトに現在アップされている自殺関連データは2004年以降のものです。2004年は2007年以降から始まった詳細な自殺原因にまで踏み込んではいないのですが、「仕事の失敗」や「仕事の疲れ」など仕事上の問題が自殺の原因となる「勤務問題」という大項目はあります。その「勤務問題」による年齢別の自殺率を、2004年と比較した2010年の増加率という形でグラフにしてみました。

すくらむ-仕事に殺される20代


 上のグラフにあるように、「全年齢全原因」の自殺率も1.8倍に増えているのですが、「勤務問題」による自殺率はどの年齢層もその2倍程度増加しています。この6年間で労働環境は、すべての年齢層で急激に悪化しているのです。とりわけ、20代はこの6年で5.14倍も「勤務問題」による自殺率が増えています。そして、増加率が一番高いだけでなく、自殺率の絶対値そのものも、20代が一番高くなっています。労働は人間にとって基本となるものですが、その労働自体がどの年齢層よりも若者の命を多く奪っているのです。


 2009年の39歳以下の自殺者数は、8,829人にのぼります。365日×24時間=8,760時間ですから、日本では自殺で1時間に若者1人以上が亡くなっていることになるのです。


 先のエントリー「急増する20代の就職失敗自殺・生活苦自殺・失業自殺-若者の死因トップが自殺なのは先進国で日本だけ」 に対して、「先進国(G7)ではなくOECD諸国と比較すべき」という意見が寄せられています。OECDの最新データは2006年の自殺率で下の表になります。

すくらむ-OECD自殺率


 上の表にあるように、日本はOECD28カ国中3番目に自殺率が高い国です。日本より韓国とハンガリーが高くなっています。では年齢階層別に見ると、どうでしょうか。年齢階層別のOECDの最新統計は2005年のもので下の表になります。


すくらむ-韓国とハンガリーと日本


 上の表にあるように、OECDの統計は、年齢区分が違いますが、15歳から44歳までの若年層を見ると、35~44歳はハンガリーの方が高くなっていますが、ほかの年齢階層は日本が高くなっています。韓国は高齢層の自殺率が異常に高い国なのです。


 それから、「若者の死因トップが自殺なのは先進国で日本だけ」 という部分で、「先進国(G7)」にせざるをえなかったのは、OECDはそうしたデータを公表していないからです。WHOのデータに年齢別の死因があるのですが、だいたい先進国(G7)ぐらいしかデータがそろっていません。そして、その先進国(G7)の若年層の死因トップは「事故」などが多くなっています。そもそも日本以外の先進国(G7)は若年層の自殺率の絶対値が低いので、自殺が死因のトップになりようがないのです。


 最後に、「一人ひとりを包摂する社会」特命チームの資料(「一人ひとりを包摂する社会」の構築に向けた課題、2011年1月18日)を2つ紹介しておきます。

すくらむ-不安



すくらむ


(byノックオン。ツイッターアカウントはanti_poverty)


AD
いいね!(0)  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

17 ■無題

わかります。なんでこんなに生きにくいんだろ…

16 ■無題

私も死にたい
簡単に死ねないから生きてるけど
毎日首を吊ること考えてる
生きるのがしんどい

15 ■無題

自殺、わかるわ。共感できる。

生きるのがかなんからなぁ。

14 ■無題

バブル世代の上司は50代前後としたら、
あと10年+α会社行って
年金すこしもらってあと貯金で生活して


そんな人らに平成世代は「評価」受ける。
パフォーマンスの悪い政治家上司の昔話を聞かされる。
若者はインフレを知らない。
今思えばおとしだまが少なくなったのは
バブル以降だったかな?。

薄っぺらい封筒が何通も届く。
「残念ながら・・・」どこの会社もコピーしたような文言。
社会を知らない学生は自分を追い込んでしまう。
私も大学4年の冬、自殺を考えた。
家族の顔が浮かんでできなかった。

13 ■1

日本はオワコン

12 ■自分はなにが嬉しいかをよく考える社会

なぜか社会は、社会が恐ろしいものだ、厳しいものだという観念を押し付け続ける。

上にもあるが、「ドロップアウトしてはいけない」、「就職しなければいけいない」、「できなかったら恐ろしいことになるぞ!」

人間はこのような、恐怖による動機付けでは生きることはできない。そしていざ「就職できなかったら」、散々脅されてきた言葉が一気にのしかかる。それは死にたくもなるわな。

人間ってのは、「自分はなにが嬉しいか」、「自分がなにが楽しいか」を基準にして生きるべき。教育はそうゆうところに重点を置くべき。そうゆうのがあれば、ちょっと仕事がなくなったとしても生きる意欲はおのずと沸いてくる。

11 ■無題

何が何でも震災対応が最優先というマスコミ的論調からそろそろ一歩進んで人間らしく考えて思いやりの手をさしのべてみませんか?

10 ■これに不審死者をあわせると・・

日本は自殺者以外に、年間不審死者が15万人します。その半分が仮に自殺とすれば、年間自殺者は10万にを超え、軽く世界のトップにたちます。
とにかく世界でもっともすみにくく、将来に不安の国になっていると思います。

9 ■無題

この記事とコメントを読みまして、自殺の要因と適切な対策は日本では一部の専門家以外には残念なことにほとんど理解されていないとかんじました。

まず各国の自殺率のリストをみると、 カトリックの国々が10万人に5人ほどで、 プロテスタントの国々は10人前後です。 ドイツのようにカトリックとプロテスタントが混在する国でも、カトリック教徒の自殺率が低いことが知られています。

また、 ギリシャ、イタリア、 スペイン、 ポルトガルは、 財政破綻しそうですが、自殺率は低いです。 ソ連邦崩壊直後のロシヤや東欧の自殺率は、 10万人に40人ほどに上昇しました。

日本の自殺率が比較的高い(20人ほど)である原因は簡単には説明できませんので、 リストだけしておきます。

伝統的宗教基盤の喪失、 過度の効率主義、 人権思想の欠如、 心理学および宗教にたいする無理解、 心理療養士の必要性についての理解不足と数の不足、 勝組・負組等の人の差別化、 カウンセリング制度等の不備、 家族の崩壊、とてんこもりです。

自殺率が低い経済的に未発達の国にあるのは伝統的宗教基盤と家族だけです。 これが、失われると、そのたもろもろの制度が必要になるのです。

いはゆるアングロ・サクソン文化が精神衛生上には有害であることは、 心理学の定説ですし、米国・英国人の多くは、 それを理解しておりますし、それに対する制度もととのえられています。

宗教的基盤・その他もろもろの制度を無視した、表面的なアングロ・サクソン文化の受け売りは危険です。

8 ■余談ですが…

>起きてる猫さん

うちの父の兄=伯父(長男)は子どもができず、
妻(長男の嫁)も地方公務員だったので、夫婦で退職金と恩給をもらっています。


私は子どもの頃から、『化学物質過敏症』で問題児だったので、

母に「アンタのせいで親が大変だ」「親に迷惑かけてばかり」だと、
よく罵られて、度々ケンカになりました。


そこで、私が05~06年に真面目に、「病弱な母が子どもの世話を、1人でできないならば、

伯父夫婦の養子にするか里親に預けて、
田舎で健康に育ててもらえば良かっただろう」と、提起しました。


すると、母に泣かれて、「親が子を捨てるなんて酷い。

アンタは心のねじ曲がった、悪魔の子だ」と言われましたノ( ̄0 ̄;)

7 ■無題

>日本人は働き過ぎ

そうだと思おうけど、
24時間営業のコンビニをありがたがって、
「サービスを求める大衆」が多いから、
日本人自身が長時間労働を要求してる気が・・・。

6 ■無題

日本人は働きすぎたよ
韓国に比べればマシだけど…
日韓は労働時間を減らすことに力を入れないとなあ
他の先進国はもっと少ないぞ

5 ■一つの解決策

普通の標準年金暮らしの老人では無理だが、
氷河期世代は、裕福資産のある、跡継ぎ(墓守)のいない家に「養子縁組」すればいい。そのほうが、親戚関係など、円満になる。田舎で仕事がなくて、無職生活をしている人にとって、田舎輪の中の陰口叩かれるよりは、良い意味で「縁を切る」方が、日本人的でいい。ただ、「闇社会」につけこまれる可能性もあるので、警察の「組織対策」の仲介(見届け人)による(本来は民事不介入だけど、特別に)。実はそういう制度って、江戸時代にけっこうやってたのよ。これで、氷河期世代は救えるはず。

4 ■声を上げるべし

この国は年寄り優遇が過ぎるね。
裕福な年寄りには多少年金を減額するなどしてその浮いたお金を若者に投資するなどすべきだ。
若者も選挙に積極的に参加するなどして声を上げていかないとダメだ。おとなしすぎる。

3 ■当たり前

毎日毎日テレビでは公務員や政治家の現状を見せられると馬鹿馬鹿しくなるのは当然。
安楽死センターをつくり医療技術の開発を止めて若者より先に年寄りが死にやすい世の中にするべし。

2 ■非正規労働者や、“無職”の子ども/学生/主婦が

最低限の生活をできるように、社会保障制度と人々の意識を、
変えていかないといけません。


私も20代の時が「就職氷河期」で、自殺しようとしました。


日本の親たちは、子どもを無理やり学校に通わせて、
「ドロップアウトしてはいけない」「就職しろ!」と言い、
プレッシャーで追い込んでいきます。

親自身が企業の搾取と闘い、国の福祉政策を要求する姿勢を、
子どもに見せなかったのです。


子どもや若者たちに、《企業社会や国と闘う大人》の姿を、
我々が見せる必要があります。

1 ■無題

就職の間口が狭い
田舎に行けば行くほど「コネ村」
少ない椅子の取り合いは事実ですが、
どうしたらいいんでしょうか?

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。