2010-11-21 00:22:54

雇い止めやめろ!官製ワーキングプアをなくせ!院内集会(12/9)

テーマ:お知らせ

 ※自治労連主催の官製ワーキングプア解消をめざす院内集会のお知らせです。


 雇い止めやめろ!官製ワーキングプアをなくせ!
 より良い住民サービスと働きやすい職場をめざす院内集会


 自治体非正規労働者は、保育所、病院、図書館などで市民サービスになくてはならない存在になっています。日々それぞれの業務のなかで、「この仕事がすき」「いい保育がしたい」「おいしい給食を作りたい」などの気持ちを常に持ち、仕事に誇りをもって働かれています。


 しかし、その多くは年収200万円未満、一時金も支給されないことが多く、半年や1年の短期で繰り返し更新し、3年、5年の年限が来ると雇い止めされるなど、不安定・劣悪な立場におかれています。新聞でも「質保てない」「人材育たない」「公務員、民間のどちらの権利もない『法の谷間』の労働者」と報道されているように、住民サービスの低下も危惧されています。


 私たち自治労連は、劣悪な賃金労働条件であっても、住民サービスを支え、重要役割を果たしている非正規労働者の「誇り」を大切に、非正規労働者をモノのように扱い、「いっせい雇い止め」を強行する自治体当局への「怒り」を共有し、自治体非正規労働者の抜本的待遇改善に向けた運動をすすめています。


 こうした実態を少しでも多くのみなさんに知っていただき、「同じ労働には同じだけの賃金・待遇を保障する制度が公務職場にも必要」という世論を広げ、自治体や国に迫っていくために、集会を開催します。ぜひご参加ください。


 日時 12月9日(木)午後1~3時
 場所 衆議院第二議員会館第3会議室
 内容 主催者あいさつ
 国会議員あいさつ(予定)
 当事者からの訴え など

 主催 自治労連 http://www.jichiroren.jp/



 ▼私たちはずっといい仕事がしたいんです。


 保育には保育労働者としての
 専門性と継続性が必要です
 〈東京公務公共一般 Iさん〉


 現在、公立保育園に働く非正規職員は職員全体の3割を占めています。非正規職員が過半数を占めている自治体も珍しくありません。すべての非常勤職員の雇用契約は1年間です。契約期間を形式的に1年としている合理的な理由はまったくありません。

 保育は保育に関わるすべての人がつくるものであり、正規・非正規問わず保育労働者としての専門性と継続性が必要です。だから、職員を1年ごとに入れ替えることなど、あってはなりません。


 危険と不安に脅かされながらの勤務
 〈京都府職労健康福祉支部 Kさん〉


 子ども虐待の通報が入る。直ちに調整し、子どもたちの安全確認に走る。

 児童相談所の非常勤職員として雇用されている。向かう先の親御さんはどのような親なのか判らない。穏やかに面談をしていても急変して殴られるかもしれない。保護した子どもが石を投げつけ、噛みついてくることもある。このような様々な危険と不安に脅かされながらの勤務である。

 さらに、1年の有期雇用であり、更新して長年勤務しても一時金も退職金もない。

 しかし、経験を積み重ね、質の良い貢献をし続けている。

 正しく働くことに対し正しい保障を求める。未来の子どもたちに働くという希望を繋ぎたい。


 労組結成し解雇の白紙撤回
 「組合ってすごい!!」
 〈静岡県三島市社会福祉協議会労働組合 Hさん〉


 介護保険制度導入にあたり、「常勤(正規)職員全員解雇、働きたい人は非常勤で雇用」という発表に耳を疑い、静岡自治労連に相談し、後押しをしていただきホームヘルパーを中心とした労働組合を結成し、解雇の白紙撤回を勝ち取りました。「組合ってすごいなぁ」とみんなが思いました。
 また、利用者の立場にたてば、介護保険制度のなかで必要なサービスが受けられないことが多くあり、不満を訴えています。
 今後、福祉の現場で安心して働ける環境が整備されるよう活動していきたいと思います。


 担う業務は同様でも
 待遇面では大きな差が
 〈大阪府枚方市職労教育委員会分会 Sさん〉


 図書館全体の運営に関する事項や選書(所蔵する本を選ぶ)、外部業者・他自治体図書館との折衝以外あらゆる業務を私たち任期付職員が正職員と同様に担っている、これが枚方市立図書館の現状です。任期付職員なしには、枚方市の図書館運営は成り立たないと言っても過言ではありません。
 にもかかわらず、待遇面では正職員との間に大きな開きがあります。労働時間が正職員の5分の4であるのに対して、賃金はなんと半分ほど。退職金も支給されません。福利・厚生面でも差別されています。



 総務大臣も現状を憂慮

 片山総務大臣「(臨時、非常勤、任期付も)本来の役割ではないような使い方がされているのは、見直す必要がある」


 第176臨時国会においても「官製ワーキングプア」についての議論が交わされています。


 片山総務大臣
 「正規雇用と非正規雇用の間に必ずしもこの同一労働同一賃金という原則が貫かれていない。これをどうするかということで、賃金面とか処遇面で改善をしなければいけないという課題が現在ある」
 「育児休業について、地方公共団体でも同一の取り扱いをしていただきたいし、労働基準法をちゃんと守る、社会保険の適用もある、そういうことが徹底されるようにしたい」
 「物件費という扱いをしているんです、人件費ではなくて。こういうところから認識を改めていかなければいけない」


 民主党・小室議員
 「現場で働く公務員の皆さんが誇りを持って元気に仕事ができる環境をつくっていただくように、さらに努力をお願いしたい」


 共産党・山下議員
 「恒常的に継続する業務を3年・5年の任期で切る、ここに一番本質的な問題がある」
 「国・自治体の業務委託が競争入札によって行われ、受注金額がダンピングされ、受注企業の労働者がまともに生活できない低賃金で働かされている現状を放置していいのか」


 社民党・重野議員
 「官製ワーキングプアというような言葉が一時たくさん使われました。理由はともかくとして、法のすき間を利用して人を安く使う、そういう行為が公的機関においても行われているという大きな問題、これは私は恥ずべきことだと言わざるを得ません」

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

すくらむさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■Re:矛盾した要求じゃないの?

>はんさん

確かに矛盾した一面もあるよなあ
ヨーロッパ型で国家公務員数を激増させる代わりに
1人当たりの年収を激減ってのが最適の方法かも知れないなあ

2 ■矛盾した要求じゃないの?

国家公務員とか10万人削減とかいう目標で、削減の穴埋めや緩和のために非正規雇用をしているわけでしょ?ほとんどの場合。
だったらさ、待遇改善を要求したら、非正規ってそもそも雇わなくなるんじゃないかな。
正規に負担を押し付けてそれで終わりになると思うよ。

1 ■労組の偽善

本気で官製ワーキングプアを無くしたいなら、正規から非正規労働者に配分する形で「同一労働同一賃金」にしなさい。
ワープアを救え、しかし自分たちの給与が下がることには反対って、話がおかしいでしょ。
それとも、非正規の待遇改善のために、国民に増税をお願いするのですか?

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。