エレスチャルな日々

エレスチャルとはアトランティスのメッセージを秘めているクリスタルまたは天使からの贈物ともいわれ、悠久の時間をかけ土の中でゆっくりと結晶純化し膨大なエネルギーを宿すクリスタル。自らをエレスチャルに例え、常に新しい自己への目覚め、より意識的な成長を願う日々。


テーマ:

 

2017年4月22日〜23日

あれから1年 地球隠れ宮《幣立神宮》高千穂ツアー

世界に《ここだけ》のものを伝え残していくために

 

1万5000年の歴史を持つ世界で最も古い神社、幣立神宮。

天孫降臨の伝承はここ、幣立神宮からはじまりました。

超古代から続き、現在では世界中から人々が集まる “五色人祭”を祈り祀る、大自然の生命と調和する聖地です。

昨年当ツアーが4月16日、17日と行われる予定でした。

その2日前の夜に起きた熊本大地震。

テレビの映像で流れた阿蘇神社の倒壊した楼門、柱は折れ、屋根は傾き、拝殿も神殿も損壊した過酷な現状でした。

震源地であった熊本県増城町は幣立神宮からそう遠くない距離です。

翌15日に春木伸哉宮司と奇跡的に連絡が取れ、幣立神宮の損壊は最小限に食い止められていること、ご本人の無事も確認し、必ずまた皆さんで訪問させていただくことを約束しました。

しかしその時の春木宮司は、阿蘇神社のことで激しく心を痛めておられました。

そして「あれから1年」

今だからこそ春木宮司のお話を伺わなければと新たな気持ちで企画させていただきました。

火山大国日本、火の国熊本、その中心である活火山である阿蘇山。

その阿蘇山の麓にあり強い磁場が働いている幣立神宮。

その幣立の地を自らの足で歩き、春木伸哉宮司のお話を伺い、五色の太古の神々とともに集い、地球の平和と安泰を祈ります。

世界に《ここだけ》のものを伝え残していくために。

 

【祈り祀(まつ)る】この国の形 世界に《ここだけ》のものを伝え残していくため

対談のブログはこちら

 

 

ツアーレポート😄

 

4月22日(土) 

◎そよかぜパーク

熊本駅と熊本空港で集合後すぐにランチへ突入

地元のお母さん達が心をこめて作った真心ごはんに初対面の緊張がすっかりほぐれてしまった一行です。

 

◎2日間ガイドをしてくれた「世界平和道場」の佐藤昭二先生宅

幣立神宮のこと、阿蘇のこと、生きることのお話を伺いました。

ひとりひとり自己紹介 

皆さん関東から関西から札幌から青森から参加してくださいました。

ひろ〜いお庭 一瞬で心が解放される最高に素敵なところです。

夏はブルーベーリーが食べ放題💜

 

◎世界平和道場から幣立神宮へ歩く途中にある「高天原」

鳥居の向こうに天照大神様のお墓があります。

 

◎参道「静謐の瞬間」

 

◎日の宮 高天原 幣立神宮

小さくて静かでひっそりとしたお宮です。

そのお宮で大きく優しいオーラで皆さんを包み込んでくれる“春木伸哉宮司”

真実の歴史のお話

 

◎幣立神宮境内散策

 

◎東御手洗社 水玉の池


◎天孫降臨と稲作ニニギノミコト様は幣立神宮の西の湧水地・西御手洗の水をもってできた稲穂、また稲作の技術と種籾を持って、高千穂に御降臨されました。天孫降臨の使命の最も重要なひとつは、この斎庭の穂を持って、新しい文化、稲作文化を広めることにあったのです。このことは、風土記逸文の日向国・知鋪の郷の地名の由来に明記されています。

 

◎正門の鳥居から

 

◎五ヶ瀬温泉木地屋にて 夕食をご一緒にするために

 

◎雄大な阿蘇の夕日に包まれて

 

4月23日(日)

◎天岩戸神社西本宮 天岩戸伝説に出てくる七五三縄(しめなわ)。

7本は天神七代、5本は地神五代、3本は日向三代と、藁の束はそれぞれの神様を表しています。

もともとはほんもののフクロウだったという都市伝説

 

◎天岩戸神社東本宮 天鈿女命

 

◎高千穂峡

おどろきのロッククライミング(笑)

 

◎千穂の家 ランチ プチ宴会♪

 

◎天孫降臨 高千穂神社

 

◎試飲中 道の駅にて

 

◎ホギホギオプション訪問 かなりアヤシイ「宝来宝来神社」

宝くじに当選された方々のご寄付により建立。

 

◎2日間お世話になりました「託麻観光バス」田代運転手

 

当ツアーでいちばん驚いたといってもいいくらいの会話

田代運転手「このツアーは皆さんスピリチュアルとかそういうのに興味ある人たちの

集まりなんですか?」

高島「はいそうですよ、東京にあるヒカルランドという出版社が主催してるんです。

ヒカルランドは、主にスピリチュアルな本をたくさん出していることで知られているんですよ。」

田代運転手「へ〜そうなんですか....私は若い頃からオカルト系の本を読むのが好きでして....

ワンダーライフとかマヤとか、ムーはずっと読んでるんですよ」

高島「えー!ムーだけならまだわかるけど、昔のワンダーライフとかマヤですか?その雑誌を作っていた編集長たちのイベントも昨年やったんですよ」

 

名物編集長大集合!「JAPANオカルト怪獣記」

 

本にもなりました🤗

 

{409B302B-5012-4743-8D2B-FC03706F6737}

 

まさかそんな趣味をお持ちの方がヒカルランドツアーの担当ドライバーになってくださるとは..

 

偶然ではないですね✨

 

 

1年かけてのリベンジ企画「地球隠れ宮《幣立神宮》高千穂ツアー2017」

 

春木伸哉宮司 佐藤昭二先生 ご参加いただいたおひとりおひとりの皆様 

五ヶ瀬温泉木地屋さん そよかぜパークさん 千穂の家さん 

 

一期一会でありながらこの2日間の思い出は《光の中に永久に刻まれた2日間》でした。

心から感謝を申し上げます。

 

美しき日の本へ感謝をこめて。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

majolica@高島敏子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。