エレスチャルな日々

エレスチャルとはアトランティスのメッセージを秘めているクリスタルまたは天使からの贈物ともいわれ、悠久の時間をかけ土の中でゆっくりと結晶純化し膨大なエネルギーを宿すクリスタル。自らをエレスチャルに例え、常に新しい自己への目覚め、より意識的な成長を願う日々。


テーマ:



プロデュースさせていただきました
東京大学医学部教授 矢作直樹先生  × 幣立神宮 春木伸哉宮司の対談本



『地球隠れ宮《幣立神宮》セッション 【祈り祀(まつ)る】この国の形 世界に《ここだけ》のものを伝え残していくために ヒカルランド刊』

4月20日発売予定 
予約受付中です

幣立神宮で対談が行われた時のBlogはこちら




東京大学医学部教授・矢作直樹氏が
天皇、霊魂、歴史、健康、教育......のことを
一万五千年の歴史を持つ世界で最も古い神社
「幣立神宮」の春木伸哉宮司と語り明かす

まだ広く知られていない幣立神宮
そこに伝わる神話は事実としての歴史であり
神話になる以前の天照大御神をお祭りしている
天孫降臨は、ここから始まった





大和魂の根本は清々しいこと

神道は常に生まれ変わる それを祓いという

「夢」とは自分にできることを探すこと


大きな目標よりもできることの積み重ねが大切

先祖が喜ぶような人間になることが先祖供養の第一
それが国を愛することにつながる



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「神」「魂たま」「光」

という3つの言葉の啓示を夢の中で受け
対談を企画プロデュースさせていただきました。

それは
祈りをこめて矢作先生へお手紙を書くところから
はじまり、春木宮司へは、
私がお送りした矢作先生の本
を読んでいただくために、
世界平和道場の佐藤昭二先生
が、足を運び春木宮司との間を取り持ってくださいました。
この度の対談を
いちばん陰で支えてくださったのは
佐藤昭二先生です。 ※写真左(矢作先生隣)




そして

対談を大変喜んでくださった矢作直樹先生

矢作先生の本を熱心に読んでくださり、
ぜひ幣立へいらしてくださいとおっしゃってくださった
春木伸哉宮司

私の直感のアイデアを真剣に受け止めてくださった
ヒカルランドの石井健資社長

素晴らしい本にしてくださった小暮周吾編集長

同席していただいた
東大病院の循環器系内科医師の稲葉俊郎先生
アカオアルミ株式会社 代表取締役の赤尾由美さん

目にみえない導いてくださった全てのものに感謝致します




日本人の意識が向上し、その調和と平和を好む生き方を
世界に広げることが強い力となると思います。
神道の心である(清明正直)
つまり森羅万象に宿る霊性を感じていた日本人は、
その心を清らかに浄化し、明るさを増し、
正しく素直(正直に)に発揮して神に近づくよう
生きて行くことが大切なのです。
「天皇」より

皇室を尊び、祖先を敬い、国語を大切にし、
清く明るく正直に、今日の命の糧に感謝しながら
過ごすことが神道であり、
この精神は社会の変化に左右されず永遠ですから、
未来永劫神道国家日本でありましょう

「地球隠れ宮一万五千年のメッセージ」より

 






「美しき日の本 永遠にあれ」


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

majolica@高島敏子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。