カナダなう(´・ω・`)ノ 

~ミヤギカラキマシタ~


テーマ:
さて、旅を始めて3週間ほど経ちました。

先ほど友人と合流しまして、これをもって学生生活最後の一人旅は終了となりました。

したがって、“英語禁止”のルールも解除致します。

残りの1週間は思う存分英語話します。



3週間英語を使わずに南米を旅してみた印象は、一言で言えば「思ったよりいけるな」です。

英語を使わないと決めたものの、はじめは本当にできるのか自信がありませんでした。何度も英語を話しそうになりました。

でも、南米ってそもそもあんまり英語が通じないんです。それでも世界中からスペイン語が話せない旅行者がやってきて無事に旅をしているわけだから、言語ってそんなに重要なものではないんじゃないかと思ったんです。

大切なのは伝えようとする意思。それだけです。

金額や日付•時間なんかは電卓と筆談で問題なく伝わるし、YesかNoかなんて簡単なジェスチャーでどうにでもなります。

ホテルに行ったら「泊まりたい」、レストランに行ったら「食べたい」という意思が黙っていても伝わっているので、あとは指差しだけでいけます。

住む土地こそ違えど同じ人間なんだから、こちらが一生懸命伝える意思を見せれば分かってくれるんです。





僕が今回の挑戦をしたのには、実はもう一つ理由があります。

僕を含め日本人旅行者は、日本での“当たり前”を旅先に押し付ける節があります。

電車が遅れた、接客態度が悪い、トイレが汚い、ご飯が美味しくない。

どれも日本人であれば頭に来る事柄ですし、僕も初めの頃はぶつぶつ言っていました。

しかしその土地ではそれが“当たり前”であり、よそ者が勝手に旅行に来てそれに不満をもらすのはおかしいことに気付いたのです。

アメリカ人が日本の映画館でジュースを買って「なんでこんなに小さいんだ!」って怒ってるのを見たことがありますが、まさにそんな感じです。

英語だって同じこと。

これまで色んな国に出掛けてきましたが、台湾の南部やラオスの田舎なんかは驚くほど英語が通じませんでした。

英語が全然通じないと「なんで話せないんだよ」なんて思ってしまうけれど、彼らは彼らの言語で生活しています。

そこに土足でズカズカ入っていって英語が話せないことを批判するのは、それこそ映画館のアメリカ人です。

そもそも日本だって英語通じないし。



一方で、英語ができる相手であっても、ガイドブックを片手に彼らの言葉で話しかけると、心の距離が一気に縮まります。

「世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔」なんて言いますが、ほんとにその通り。むしろ英語なんて喋れない方がよかったりします。

せっかくの旅先での出会いの芽を、英語なんかに潰されたくない。英語を話すことによって心に壁ができるなら、英語なんてなくなった方がいい。

今回の挑戦にはそんな想いも込めていました。





実際に今回の旅は、これまでのどの旅と比較しても、現地の人と格段に近付くことができました。

英語が使えない分、他の部分で仲良くなろうとしたのも大きかったと思います。

氷河をバックに一緒に裸になりました。
一緒にけん玉もやりました。
ツルの折り方も教えました。
よく分からん木の実や幼虫を食べさせられました。
どれも素敵な思い出です。

たしかに英語を話せばもっとスムーズに旅ができたかも知れないけど、英語を話していたらこんな素敵な旅にはならなかったでしょう。



これからは普通の旅に戻りますが、この3週間のお陰で、今後旅がもっともっと面白くなりそうです。

最後の目的地はイースター島。5日間モアイと戯れて、サンチアゴ付近で2日間まったりして帰国となります。

17年間の学生生活の総仕上げ。全力でバカになってこよう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

プエルトナタレスからこんにちは。お久しぶりです、すずきです。

学生最後の一人旅ということで、南米に来ております。

お勉強が大好きで5年間も大学生をやらせて頂きましたが、僕の大学生活も残すところ約1ヶ月となりました。

学生が終わってしまうことに一抹の寂しさはあるものの、この5年間に後悔は全くありません。素敵な経験をたくさんさせていただきました。

これもひとえに支えてくださった方々、5年間で関わった全ての方々のお陰です。本当にありがとうございました。



あれもこれも大切な思い出ですが、僕の大学生活において、“旅”はかなり大きなウエイトを占めています。

思い返せばワーホリでトロントに行ったのが初めての海外でしたが、それを皮切りに北米、アジア、中東、ヨーロッパ、そして今回の南米と、約30の国々にバックパックを背負って出掛けてきました。

そんな話を大学生にすると色んな反応が返ってくるのですが、その中で僕が気になっていたリアクションが二つあります。

それは
①お金があるからできるんだよね
②英語が喋れるからできるんだよね
です。

たしかに旅をするには、お金、時間、体力、そして多少の知識が必要というのが常識です。

このうち時間と体力は普通の大学生なら困ることはないでしょうが、残りの2点は個人差があります。

お金、知識がないと旅は成り立たないというのは、ごく自然な指摘であると思います。



しかし、①に関しては、去年ヨーロッパで挑戦した「所持金ゼロ円スタート」によって、お金がなくても旅ができることは証明済みです。

②に関して言えば、たしかに英語を話せれば旅は楽しくなりますが、話せなくても旅はできる、と僕は考えています。

しかしそんなことを言うと、それはあなたが少なからず英語を話せるから言えることだよ、と返ってきます。



それならば、学生最後の一人旅、英語が全く話せなくても旅ができることを証明してやろう、ということになりました。

南米での1ヶ月間、以下のルールで旅をします。

(1)英語は一言も発さない
(2)英語を聞いても聞かなかったことにする
(3)英語で書かれた情報も見なかったことにする
(4)旅の進行に無関係な、旅人同士の英語での会話は認める

これらのルールを守って、安全かつ楽しく旅ができれば、英語なんかできなくても一人旅ができることが証明されます。

よって、①も②も的外れなコメントであり、お金なんかなくたって、英語なんかできなくたって、旅ができることが証明されるわけです。



旅を始めて約二週間、今のところこの取り組みは成功しています。

値段の交渉は電卓があればいけるし、thumbs upは世界共通だし、最悪困ったら周りの人が助けてくれます。

僕がこの旅に挑戦することで、②のコメントを僕にぶつけてきた人たちに少しでも勇気を与えられればと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

“カルマキッチン”というパフォーマンスをご存知だろうか。

アメリカで十数年前に始まり、二年前から日本でも始まっている。

カルマキッチンはボランティアによって運営されているレストランだが、そこで食事をした客は、代金を支払う必要はない。

なぜならそこでの食事は、それよりも前に食事をしていった客が置いていったお金によって提供されているからだ。

つまりその食事は、自分よりも前にカルマキッチンを訪れた誰かからのギフトなのである。

食事をした客は代金を支払う義務はないが、次の客のためにお金をギフトとして置いていく。もちろんこれも強制ではない。自分も次の“誰か”のためにお金を置いていくかどうかは、その人自身が決める。







実は貨幣経済というのは、経済の形態の一種にすぎない。

経済にはたくさんの形があるのだが、お金=経済という固定概念がそれを見えづらくしている。

経済=お金ではないという話をすると、何言ってんだこいつみたいな目で見てくる人もいる。

そういう人に話を聞いてみると、お金がないと生きていけないのだという。いざというときに困るのだという。



でも、お金なんて最近になってようやく人類が発明したもので、それは物々交換をスムーズに執り行うための道具にすぎない。

「パンが余ってるけど水が足りない人」と「水が余ってるけどパンが足りない人」が巡り合うまで待っていると途方もない時間がかかるから、お金というワンクッションを挟むことによって物のやりとりをスムーズに行おうという発想だ。賢い。

お金は確かに便利だ。上手くつかえば人の役にも立つ。

ただ、使い方を間違えると色々と変なことが起きてくる。お金=経済=人生、みたいになってくると一気にやばい。





貨幣経済での交換は、個人対個人で行われるが、ギフト経済での交換のスケールは無限大だ。

なぜなら、自分の知らない誰かからギフトを受け取り、自分の知らない誰かのためにギフトを贈るのだから。

まさに「情けは人の為ならず」という言葉がしっくりくる。

普通に生活しているとそれはあまり実感できないけど、カルマキッチンならばそれは目に見えて体感できる。

さっきすれ違ったおっさんが自分の食費を出してくれたのかも知れないし、自分は外に並んでるお姉さんのためにお金を置いていくのかも知れない。

そうやって巡り巡る感を可視化する装置として、カルマキッチンは存在しているのだろう。






僕は今回の旅で「お金がなくても世界を旅できること」を証明したいのではない。そんなことは前回のホームレスで確認済みだ。

僕が証明したいのは、「お金がなくても世界のどこでも豊かに楽しく生きられること」だ。



小さい頃おばあちゃんに「自分が今こうして生かされてるのは誰かのおかげ。人に親切にしてると必ず自分のところに返ってくるよ」って言われて、何言ってんだこいつと思ってた。

この旅を通して、ようやくその真意に気付けた気がする。

ギフト経済とは、自分の幸せと他人の幸せを同時に実現させようというとてもスケールの大きな試みで、僕は今遠く離れた異国の地でそれを体感している。

スペイン広場でコップに5ユーロも入れてくれたおっちゃんも、小便小僧の前で「達成」という訳のわからん書を10ユーロで買ってくれたマダムも、今日ホステルでパスタを恵んでくれたパツキンのチャンネェも。

みんな僕より一歩上を歩いていたのね。お陰様で今回の実験は成功しそうです。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。