【6月 おはなし会 予定】


おとなのためにおはなし会(3ヶ月連続おはなし会)

6月27日(月)


開場:9時30分

時間:10時~13時予定

テーマ:「わたしにありがとう」

場所:サロン de 愛 (阪神西宮駅徒歩3分 くわしくはこちら→★★

うきょうのおはなし会だけでなく

竹山 知見 らんちゃん♪が講師として登壇!

参加費:3,500-(飲み物・茶菓子含む)

お問い合わせ、お申し込みに関して

本文にお名前、連絡先、メールアドレス、

タイトルに

「◯月◯日おはなし会、参加希望」

ご記入の上、お申込みくださいませ。

お問い合わせ先アドレス:

<u.kyo.o11.ehon ★gmail.com>

(★マークを@マークに打ちかえて、お知らせください)

ブログ、右横のメール送信ソフトでも上記アドレスに自動的に届きます。

お気軽えほんおしゃべり会

4月19日(火) 時間:10時~12時

(終了いたしました。ご参加のみなさまありがとうございました。)

場所:Cafe Quality Season(カフェ クオリティーシーズン)

(当日の様子はこちらから→★★


その他、「尼崎ENGAWA計画化計画」の中で活躍中の絵本日和さんの絵本セラピー、についてはこちら★★★

浜松のあけちゃんの大人絵本おはなし会についてはこちら★★★

  • 26 May
    • ふしぎなえ

      安野光雅 作、絵福音館書店 きのうの「しばてん」(→★★)も古い絵本なんだけど、 今日の絵本も1971年初出。 年がばれるな エッシャーのような不思議なだまし絵をつかった絵本って いっくらでも今はあって、CGとかですごいのもあるんですけど、 うきょうの中では、やっぱり、これだなーって思います。 さて、なーんで、錯覚か、というと…。    きのうはツナガリ珈琲館で、 第2回ツナガリ健康サミットに参加してみました。 シナプソロジーという 「五感を刺激して、運動することで、認知機能向上、活動的快の心理的向上を うながす脳の活性化プログラム」 を体験してみたかったのです。   シナプソロジーの動作そのものは、一つ一つどれも単純、簡単ですし、 幼教の資格を取るときにうけたリズム、体操などの授業にすごく似ています。 講師の方の声かけ、 道具への配慮(弾まない、つかみやすいペコペコボールを使うとかね)も、 すごーく似ている、と思いました。   そしてね、楽しい たまたま、ペアを組んでいただいたのが、 酸素カプセルのコーナー担当の内藤さんだったのです。 シナプソロジーのような時間があると、 ぐっと、パーソナルスペースもお互い広くなりますし、 「話しをきこうかな」 って気になります。というわけで、本来の目的のシナプソロジーだけでなく、 内藤さんの酸素のお話もきいてみよっか、ってなるんですねえ (アンチエインジング、美肌、リフトアップなどが効果として 表記されていましたが、 うきょうは、そういうのはかなり、優先順位が低い。 なぜなら、年はとるもんだ、美魔女でなくてよい。 だって、にんげんだもの ← By みつを。)    これ、正確にいうと、高圧カプセルでした。 (耳抜き出来ない人は入れません) 72時間の効果があるらしいです。 イマイチ、効果の程がわからなかったー たまたま、この2日前にダイナミックキネシオシナジー療法を受けたばかりで、 体のバランスも整っているから、体の不調、痛いとこがなかった。 しかも、ちゃんと毎日、鏡を見ていないので、顔の変化に気づかない この日も日焼け止めだけ塗って、そのまま、ひょいっと参加してるからねー でも今日、すごく眠くて、昼間でも眠くて仕方ないので、 もしかすると、体の中の活性酸素が分解されていっている(デトックス効果)ので、 見えないところが忙しくて眠いのかもね。  おっと、かなり話がそれました。 で、シナプソロジー。 これ、錯覚をつかう動作が多いのです。 指示は「言語」の指示、 または、文字をボードに書いた「視覚」での指示。 わざと、「言葉」と「イメージさせるもの」をすこしずらし、(認知をずらし) 動作も右と左と別動作をさせる。(動作をずらす) もう、ほんと、この絵本のように しっちゃかめっちゃか、こんがらがっちゃうのです。   また、ゆっくりと今度は勉強しに行ってみたいなーと思いました。 直近で私も体験したーい、という方、下記の通り体験会あります。 5月31日(火)、6月14日(火)、25日(土)ハルカス5F 街ステーション 14時~ 15時~参加費500円 (普段着でOK)こころ・からだ・すこやか体操企画担当:石井さん(←めっちゃ笑顔のステキな方お兄さんでした)090-5974-6685 ishii@sukoyaka-taiso.com 以前、木かげで登場した安野光雅先生の絵本については、下記にてご紹介。   にほんブログ村 6月のおはなし会についてはこちら→★★       

      NEW!

      13
      テーマ:
  • 25 May
    • しばてん

      田島征三 作、絵偕成社 昨日の絵本セラピー(R)を受けてから、 「隠れる」「潜む」「hide」というキーワードがちらちらしています。 先日の先輩創作同人のみなさまとのお茶会があんまりにも楽しくて、 こちらでの話題で、 「自己犠牲がよし、みたいな話とか教訓的な話はかきたくないな」 ってのが印象に残っています。    そして、それらがグルグルしていると、 どーもこの「しばてん」が気になって仕方ないのです。 これは田島先生が大学生のときの卒業制作として作られたものを改変して、 1971年出版されたという作品です。 大学生がこの作品を出したのかーって思うと、 もう、なんというか、スゴイ! としかいいようがないです。  この話、かくれんぼの話しでもないし、 しばてんは高知の方言で「しばてんぐ」のことで、 天狗、妖怪を指し示すそうで、 しばてんが誰かを神かくしにしてしまうとかそういう話しでもないんです。 隠れているのは「人の弱いこころ」。 潜んでいるのは、「自分が大事というこころ」。 底に流れるのは「悲しみ」。   そして、この物語って何? って聞かれると、 「だれか犠牲者をださないとおさまりがつかない」 って話しなんですね。 おそろしい   これ、子どもの話なのね。 子どもにわかるの? って言われれば、 物語は十分にわかるはなしです。 きっとね、おとなになると、こうやって、 じわじわとサラシに薄墨がじんわりじんわり滲んでいくように、 あれ? あれあれあれ? という気持ちが広がる作品だと思います。    にほんブログ村 6月のおはなし会についてはこちら→★★         

      16
      3
      テーマ:
  • 24 May
    • ええきもち ええかんじ (エルくらぶ) The Feel Good book

      トッド・パール 作、絵つだゆうこ 訳解放出版社 今日はよくしゃべった 日本を平和にするには、どーしたらいいか? とか、 よい子育てをするにはどーしたらよいか? とか、 豊かな老後とはどういうものか? なーんていう生産性のある話なんて、 いっさいしてません していないけど、 ええきもち ええかんじ 今日は先輩の絵本セラピー(R)に参加していました。 もうね、お迎えまでついて、 いたれりつくせりでね。 楽しかったです。 絵本セラピー(R)って、 具体的に役立つ何かの話をすることもあるんですけど、 一番最初に書いたような、とっても具体的なものへの 明確な解決につながるようなことばかりを話すわけでもなくって、 一見、関係のないような話に聞こえるのですけどね。 あのね、でも、みんなが一通りおしゃべりして、 「あー、そうね、そうね」 「それって、あるよね、あるある」 っていうのを繰り返していくうちにね、 あれ? そういえば、この話ってこういうことにつながっているかも…、 って思えたり、 おしゃべりを聞いていくうちに、 そういうこともあるんだなあ、ああ、わかるかもねえ、 なんて素直に思えたりしてね、 おしゃべりしているうちに、すこーしすっきり、もやもやがとれて ここちよい感じになっているのです。 あー、楽しかった。 今日の絵本、関西弁なんですけど、 関西以外の人にも読んでほしい あのね、多分、今日のおしゃべりにも通じることがいっぱい書いてあります。 いろんなこと、自分の感じるままに受け入れたらいいんだって。 五感フル回転して、いろんなことためしたら、 ええかんじ をいっぱい見つけられると思います。 よくわからないな? って思ったら、 ぜひ、絵本セラピスト®さんにどうするの? って聞いてもらうと、 きっと、じゃ、試してみよう! ってなると思います あ、この絵本、英語も併記していあるので、 英語をお勉強中のおとなの方におすすめしちゃいます     にほんブログ村 6月のおはなし会についてはこちら→★★        

      10
      テーマ:
  • 23 May
    • よこむいてにこっ

      高畠純 作、絵絵本館  きょうの絵本はほんとうに、いわゆるあかちゃん絵本です。 絵本セラピー(R)っておとなに向けての絵本のお話をする会なんで、 こういうあかちゃん絵本ってつかわないんじゃないですかー? って思われている方もいらっしゃるかも。 うきょうが弱い分野なので、あーんまり紹介してないだけで、 実際、絵本セラピー(R)では使うこと、けっこうあるような気がします。 うきょうも先輩絵本セラピスト(R)たちの会に参加することがあるんですけど、 まだまだ、体験数が少ないからなー。 一般論とかいうのをいうほどではないので断言はできないですけどねーっ。    きょうのこの絵本は、とにかく繰り返し。 前半に登場するのは、ぶたさんとかね、しまうまさんとかね、 いわゆる、心臓のあるちゃーんと生きているものたち、が 「にこっ」 としてくれます。 この絵本に登場する生きものさんたちが、 おもしろかったり、心地よかったりして笑うかどうかの 真偽のほどはわからないんですけどね。 うきょうは、きっと、人間のしらないところで、きっと、 よこむいてにこっ としていると思います。 そして、最後に登場する「にこっ」さんは、 ええええっ???? うん? にこってしてる?  あ、……  ってなるオチです。 うまい! これ、かわいいし、絵本セラピー(R)でもつかいたいなー、 みんなに知ってもらいたいなーっていう絵本なんですが、 ちょーっとサイズ小さめ。 あかちゃん絵本は、赤ちゃんも持てるように、 保護者さまのお膝の中で、近い位置で見るので、 ちっちゃめサイズが多いんですよねー。 というわけで、うきょうのおはなし会くらいの少人数の会なら、 OKかな、ってなサイズです。 というわけで、あかちゃん絵本も登場する おとなのためにおはなし会、 ぜひ、一度いらしてくださいね。  6月のおはなし会についてはこちら→★★   にほんブログ村    

      20
      テーマ:
  • 20 May
    • あたまのなかのそのなかは?

      シスカ・フーミンネ 作イヴォンヌ・ヤハテンベルフ 絵野坂悦子 役講談社  「ほぼ、毎日絵本紹介していますけど、どうやって読んでるんですか?」  ご質問がありました。 図書館で見て、気になったもの、とか、 自分でデータベースを作っているので、 このジャンル弱いから読んでおこうかな、とか、 だいたい3ヶ月で1クールのおはなし会を基本にしているので、 それにむけて、あの作家さんの作品、とかあのテーマの作品と 気になったもの、とかいう感じで、 あっという間に最大貸出数になっちゃいます。 で、あとは1冊1冊、表から見て、中よんで、ふーんと思って、裏もみて。 と、ごくごく普通に読んでるだけです。 だからね、年間にすると、絵本だけで読んでるのって 300冊もいってません。 毎日絵本を読み聞かせしてます、ってお母さんの方が よっぽどよんでらっしゃるんじゃないかしら、と思います。 で、読む時にちょっと気にしているのはサイズ。 このサイズで、ああ、これは赤ちゃん絵本かなー、とか 読者の対象をはかります。    今日の絵本は、21cmの正方形サイズなんで、 かなり小さいお子さま向けとして出版されてると思うのですけど。 かなり哲学的、禅問答みたいな絵本。    でもね、そんな難しいことは書いてないです。 当たり前といえば、当たり前なんだけど、 おとなって、すごく自分がちゃんとしてるって思ってるし、 自分が正しいって思ってるから、 いざ、ほら、ってこうやってイラストにされて、 文字としてことばにだされると、 ちょっとドキドキしちゃうのね。 そうしてね、 あたまのなかのそのなかを正直に見せてくれた マリーちゃんには、 うきょうはこういいたいの。 それは、ぜんっぜん、へんなことじゃない。 だれもが考えることだし、 自然な当たり前のこと。 これからも、自信をもってどんどん、広げてほしい!!  はい、じゃ、ここで質問。 「あたまのなかのそのなかは?」   えへへ。 この絵本、いつかどっかのタイミングでぜひ読みたい、と 思っているので、そのときいっしょに、 お互いのあたまの中、公開しあいましょう。   おとなにも、こどもにも力いっぱいおすすめしたくなる1冊でした。 ただ、この絵本2008年発売で、入手が難しそう。 西宮市の図書館では所有しているのでぜひ、お手にとってほしいです。  そして、いよいよ、月曜日はおはなし会。お申し込みは明日まで5月のおはなし会についてはこちら→★★  にほんブログ村   

      19
      テーマ:
  • 19 May
    • タコくんのおにわ OCTOPUS’S GARDEN

      リンゴ・スター 作ベン・コート 絵ピーター・バラカン 訳 昨日、The Rolling Stoneのギタリスト、キース・リチャーズの絵本を 紹介したので、今日も音楽関連。(昨日の記事→★★★) The Beatlesのドラマー、リンゴ・スターの絵本。 (以前にも一度、ビートルズの絵本は紹介してます。→★★★) この絵本にもCDついてます。 リンゴの声での朗読、歌、メッセージ付き 訳は日本でラジオDJとして馴染み深い、 ピーター・バラカンさん。 I’d like to be under the sea In an octopuss garden in the shade. 海の底の影の下にあるたこのお庭、いってみたいなあ、     元々の歌詞がすでに、メルヘンなので、 そのまま絵本になりました リンゴって、すごいよね。 たこが庭を持ってるって思ってるってとこが。 そこは楽しそうって思えるってことが。 そして、そこを一人の世界にするんじゃなくって、 みんなでいこうって、 みんなでハッピーになろうっていうのが、 リンゴらしいよなあって思うのです。  イラストもみんなでハッピーになれそう 昨日の絵本は絆を書いた、しっとりした絵本ですが、 今日の絵本はカラッと楽しい絵本。 ロックスターたちの絵本もカラーがいろいろ違うのです。  おとなの人も歌いながら読んでほしい、 楽しい1冊。     にほんブログ村 5月のおはなし会。(詳しくはこちらから→★★★)  うきょう以外のおはなし会などイベントはメッセージボードにてお知らせ中!!→★★          

      18
      テーマ:
  • 18 May
    • Gus & Me

      キース・リチャーズ 作セオドラ・リチャーズ 絵奥田民生 訳ポプラ社 今日はキースの絵本だ!! キースってだれ?? そうかも…。この木かげクラブに遊びに来てくださる方はピンとこないかも…。 お若い方も多いし…。 The Rolling Stonesのギタリストなんですけど…。 もしかすると、パイレーツ・オブ・カリビアンでジャック・スパロウのお父さん役で 出てたあの人、っていう方がわかっていただけるんでしょうか? ストーンズの曲も、ほら、最近、 大統領候補として名前のあがるトランプ氏の入場曲として使わないでーって 言われてたあの曲とか。 CMソングでもよく使われているんで、聞けば必ず、あーっってなります。   その、キースの絵本。 キースはうきょうが生まれた頃は、 かなりのジャンキーで、とんでもない感じだったらしいですが、 すっかりクリーンになったそうで、 70を越えた今も現役でお見かけします。 強靭な体、エネルギーをもち、なおかつ、ジミヘンとか、ジム・モリソンとか、 シドみたいにならなくてすんだっていう意味で、 幸運をもっていたんだと思います。 もしかすると、おじいちゃまのガスに愛された、ってのが よかったのかもね。 いつでも、お前のギターを聞いているよ、 ごきげんなの聞かせておくれ ってね。 そして、イラストを描いたキースの娘、セオドラが、 生まれる前からキースを呼んでいたのかもね。 私をこの世におくりだしてって。 クールな私のお父さん、だいすきって言わせて ってね。   イギリスの小さな街で生まれたスーパーロックヒーローの始まりと キース一家の絆を描いた絵本。   訳は、奥田民生さん。←(ユニコーンのボーカル&ギタリストだよ、っていっても、 これももしかするとだれ?? って人もいるのかな?) もうここは説明省くので、民生ってだれ?って方は ウィキペディアとかでお調べください。   うきょうとしては、 お子さんのために、教育的にもとってもいい、 いろんな絵本を知りたいっていうママさんとかにも 絵本のおはなしをしたいんですけど、 今日の絵本を見て、 「へー、キース、絵本も書くんだ!!」 っていうような男の子にも、 「昔、フェンダーのテレキャスが欲しくてさー」 っていってたギター少年だった人にも、 「キコ・ルーレイロ キターッッッッ」 ていう男性にも興味をもってほしい  あのね、Rockとファンタジーと絵本ってね、めっちゃ相性いいから。 それにね、絵本作家さんって、 けっこうRockな精神の男性多いですよ。 絶対に、オススメ こんなうきょうの5月のおはなし会。(詳しくはこちらから→★★★) ↑ 平日なんて、イケねーじゃんって方、リクエストいただければ、調整しちゃいます    にほんブログ村 うきょう以外のおはなし会などイベントはメッセージボードにてお知らせ中!!→★★     

      11
      4
      テーマ:
  • 17 May
    • おがわのおとをきいていました

      スズキコージ 作、絵学習研究社 いい絵本なんですが、2005年の絵本で少し古め。 とはいっても、うきょうっからしたら、2000年なんて、 ついこの間じゃんって感覚なんですけどねー 10年以上前の本なんで、新本としては入手がむつかしいようです。 いい絵本なんだけどなー。 編集にトムズボックスさんが入っていらっしゃいます。 こちらも実店舗は閉店しているし、なんというか、時の流れを感じちゃうなー 学研さん、再販してくださーい。    スズキコージさんの作品って、既存ではない言葉やオノマトペがかなり個性的だし、 ナンセンス絵本も多いし、イラストもダイナミックで、 苦手って言う方も時々いらっしゃいます。 物語の流れでしっとりと感じるというイメージではないのですけど、 これはいいですよぉ。オススメ  はなめんちゃんが自分の限界を乗り越える話。 そしてね、はなめんちゃんが単にがんばって乗り越えただけじゃなくって、 乗り越えたあとの時間の流れとか、空気がいいのです。   清原元選手の裁判の中継を見ると、 関東の方はお天気が悪いようなんですけど、 関西はいい天気。さわやかな風も吹いててね。 初夏の空気なんです。  ビオラも盛りを過ぎた、でもまだ、つぼみがあるし、と 抜こうか、もうちょい置いておこうか、と悩みます。 午前中のさわやかな空気を吸いながら、花殻を摘んでいて、 ふいっと思ったんです。 きっとね、はなめんちゃんもこんな空気をスーハーしてたんじゃないかな、ってね。 残念ながら、うきょうのうちは 幹線道路のそばなんで、おがわの音じゃなくって、 車のエンジン音とクラクションの音くらいしか聞こえないんですけどね      にほんブログ村 (うきょうの5月おはなし会もまもなく→★★★) うきょう以外のおはなし会などイベントはメッセージボードにてお知らせ中!!→★★   

      12
      テーマ:
  • 16 May
    • せかいいちおいしいスープ

      マーシャ・ブラウン 作、絵こみやゆう 訳岩波書店 元は1948年に発表されたこの絵本。 邦題はせかいいちおいしいスープなんですけど、 原題は 「stone soup」なんで、直訳しちゃうとネタバレ というわけで、これは訳がいいと思います。   いろんな食文化があるし、現代って、みーんなが忙しいから 家族そろって食事っていう場面もないだろうし、 そろったとしても、同じものを食べるってこともなくて、 私はパウチのサラダにレトルトハンバーグ、 そしてお父さんはコンビニのお弁当で お母さんはダイエット中だから、ダイエット用食品のみ、 お兄ちゃんはカップ麺、 なーんてお家もきっとあると思うのです。    だけどね、コンソメキューブとか使っていから、 お出汁もお粉でパラパラのでもいいから、 キャベツちぎっていれるだけの汁物とご飯でもおいしいよー、 ちょっとだけ手間かけると、おいしいよって思います。 そして、一人で食べるより、 だれかと食べるとおいしいよー、って 思っています。    この絵本もね、 腹ペコの兵隊さんたちがおいしいスープを食べるための悪知恵、というか、 トンチみたいなところからスタートなんですけど、 どこのお家にも、これはうちのおいしくなる秘密、とか、 これだけは忘れちゃならない、こだわりのおいしいの素、ってのがあって、 やっぱりそれってだまってられないのね。 だって、うちの味が一番だから そういうのがおもしろいこの1冊。 だれが、どんな風に、最後はどんなになるか、ワクワクしてほしい。   もとはフランスに伝わる民話がベースになっているそうですが、 第二次大戦後のこの作品だし、 家庭とか一つの村落にある故郷の味、みたいなものへの愛情、 そういうものを通して感じる幸福感、安らぎを感じます。 なんせ、そういう気持ちで癒されるのは兵隊さんと民衆ですからね。 お偉い王さまが豪華なとっておきのスープで満たされる話じゃないってことも、 このお話の素朴な空気でいい感じなんだと思います。    さて、今日はなんでこの絵本紹介だったか、というと、 先日の「ひたすら絵本を読むんだモン」→★★でご報告した寄付金先であった、 「国境なき料理団」の代表理事の本道佳子さんの活動が BSフジ 一滴の向こう側で放送されていたそうです。 熊本での様子は 5月14日 題3話(→★★)  うきょうもPCで動画をチェックしたのですけど、 「食べるっていうことは現在を食べていること、 現在、食べているってことは現在を生きていること」 を伝える第一話から見てほしいなあって思います。   というわけで、ご寄付いただいた方、 直接はご来場いただかなくても、 うきょうのブログから、気にしてくださっていた方、 ありがとうございました。ぜひ、ごらんくださいませ。 そうして、これからもゆっくりと、熊本のみなさまと関わっていければいいな、 と思っています。    にほんブログ村 さて、来週はうきょうのおはなし会。おやつはなんにしようかな?みんなで一緒に食べましょう詳しくはこちらから→★★★) うきょう以外のおはなし会などイベントはメッセージボードにてお知らせ中!!→★★   

      16
      テーマ:
  • 13 May
    • ええところ

      くすのきしげのり 作ふるしょうようこ 絵学研教育出版 絵本セラピー®ではよく使われる絵本です。 主人公、あいちゃん、かなりのミソッカスさんらしいです。 あいちゃん自身が、100点とれないっていってるし、走るとおそいし、力もないし、 とけっこうな量のマイナスを最初の方で教えてくれてるので、まちがいないです。 あいちゃんの友だち、ともちゃんがめっちゃ仲良しさん風なのに、あいちゃんに 「わたしのいいところ教えて」 のリクエストにすぐ答えられず、そんな雰囲気の時間になったことを謝るでもなく、 とぼけた感じで真面目に、 「かんがえてくるわー」 っていって、帰っちゃうっていう…。 でも、ちゃーんと見つけてくるっていうのがいいんだよねえ。 他にもこのお話の名場面っていっぱいあるんだけど、 今、うきょうはこのあいちゃんの気分。    なぜなら、自作を読み返したから… 恥ずかしい、ちょっと前に、 書くことを自分のできることのうちの一つにいれてもいいかも なーんて浮かれていた自分に言ってやりたい。 それは大まちがいだよって あんた、ひどい文章さらしてまっせ。 すっきりしてないし、タイミング悪いとこにセリフ入ってるし、 流れぶつ切れだし、だいたいテーマは何? まあ、100歩譲って、そのテーマであり、としても、ダラダラしすぎ、 間延びしすぎだわ  あのね、人生の先輩なんだけど、創作童話サークルの同人の方はね、 会うたんびにものすごい量の本やら原稿やら持って歩いてるのね。 キャリーバッグをコロコロさせてね。 詩なんてね、めっちゃみずみずしくてね、とてもお孫さんがいらっしゃる方が 書いているなんて思えないのね。 ほんと、高校生くらいが書いてる? っていうくらい、キラキラしてるんだよねえ。 ってくらい、短いものがステキなんだけと、長文にもチャレンジしてて、 150枚とか50枚ものも書いてるっていうんだよね。 そんでもって、謙虚でさあ、いっつも勉強になりますぅって、ご挨拶されて。 いやいや、なんも教えてないし、このブログなんてうきょうの忘備録、 めっちゃ私的な感想文だよ。  そして、なんの努力もしていない自分を振り返って、 さらに自己肯定感マイナス。 本も読まないしさー、書かないしさー、直すの遅いしさー、 今年なんか締切も守らないしさー  13日の金曜日だからね、気づけたことに感謝をもって、 懺悔しておきましょう。  そして、くすのき先生の「ええところ」はめっちゃ救われる、 良い作品なので、うきょうの落ち込みに引っぱられず、 ぜひ、読んでいただきたいです。     にほんブログ村 5月のおはなし会。(詳しくはこちらから→★★★) うきょう以外のおはなし会などイベントはメッセージボードにてお知らせ中!!→★★           

      16
      4
      テーマ:
  • 12 May
    • しろくまのパンツ

       tupera tupera 作、絵ブロンズ新社   「絵本を二人で合作で作るとき、どうすすめるのですか?」 という質問がありました。   う~ん ざっくばらんな言葉でいうと 「うきょうも知りません」 なんですね。   多分、ペアとかユニットでかかれてる作家さんたちは、 それぞれの方法があると思うのです。 ◯◯でなければならない、とか、◯◯すべし! みたいなものってなくって、 お二人の関係性の中で、役割が決まり、方向性があり、 一つのテーマに向かってはいるんだと思います。   古くは「ぐりとぐら」シリーズの中川先生&山脇先生も姉妹ペア、ユニットと いっていいかと思います。このお二人は完全にイラスト係、テキスト係、と わかれているようですが、個別にお名前があるし、それぞれのご活躍もあるので、 本当に二人だけど、一つの名前で活動されている、という意味では、 以下の方たちかなあ、と思いました。   今日、紹介するtupera tuperaさんとか、ザ、キャビンカンパニーさんとか、 accototoさんとかなあ…。 他にもいらっしゃるかも…。   tupera tuperaさんとこはご夫婦ユニットで、 亀山達也さんと中川敦子さんご夫妻のユニット名。 元々は服飾作家で、tupera tupera もブランド名だったそう。 うきょうは、サンタさんのお話も好きなんだけど、季節もあるので、 きょうは、 「安心してください。はいてますよ」 の絵本。 ↑ 読んだ方なら、わかる (そして、読んだ人は、この画像をみたときに、はっ、となったはず) 読んでない方は、ご購入を。見ると、なーるほーどーって、なります。 いや、図書館にあればいいんだけど、これ、多分所有している図書館、 少ないと思うんだよなあ。(西宮市の図書館は所蔵してます)   tupera tuepraさんとこは、言葉とかイラストとかが先行しなくて、 「こういうアクション」からスタートしている絵本も多いそう。 tupera tuperaさんの絵本をいくつか読んでいる方は、 あ、なるほど、そういうことね、と思われるかも。 この「しろくまのパンツ」もまず、表紙のはぎとる、っていうことだけから スタートしていて、中ページの進行とか、構成とかまるでなかったそう。  tupera tuperaさんは 「普通の絵本は作れない」と思っていたそうです。 この「普通の本」とは 絵本は伝えたいおはなしがしっかりとあって、 子どもに分かるメッセージが込められていて、 絵も子どもに向けたかわいらしいもの のようです。 そういう中で、服飾作家として活動中の作品を見た人たちから、 「絵本、作んないの?」となり、 自分たちができることとして、「インテリアとして飾る絵本」から スタートさせてデビューされたのだそうです。 (この辺りのエピソードは「飛ぶ教室33号」の対談にあります。)  というわけで、二人であろうと、一人であろうと、 「こんなん、つくりたーい」 っからスタートなんですね。 多分、ふつーとかふつーじゃないとか気にしないでいいのかも とはいえ、うきょうがかっこいいと思っている所ジョージさんは 「「枠にとらわれたくない、自由でいたい」っていう言葉を カッコイイ意味で使う人がいるけれど、あれ間違っていると思う。 みんな社会の中で生きているんだから、 なんでもアリッてわけじゃないのよ。 規則や枠の中で工夫したり創造したりするから楽しいの」 ともおっしゃっているので、やっぱり、絵本の世界の「ふつー」も意識するってのも 必要なのかもね、とも思います。   ま、あのね、いろいろ書いたけど、 要はうきょうもわかんないのね。 わかんないから、知ってることとりあえず、今日は並べちゃいました。 気になったところだけ拾ってください。 ご質問に答えられなくてごめんなさい。 あ、でも、この絵本はおもしろいですよ    にほんブログ村 5月のおはなし会。(詳しくはこちらから→★★★) うきょう以外のおはなし会などイベントはメッセージボードにてお知らせ中!!→★★          

      13
      4
      テーマ:
  • 11 May
    • ジャリおじさん

      大竹伸朗 作、絵福音館書店 このブログの右側でひっそりやっている有料選書サービス。 忘れた頃にほいっとリクエストがやってきます。 毎回、いろいろな条件をクライアントさまからいただきます。 その中の一つに「芸術的」なものを、 というリクエストが比較的よく聞かれるテーマなんです。 いや、絵本ってそれだけでもう、アート作品じゃん、ってうきょうは思うんですけど、 本格的な美大を出た方とかで、 「それはアートとはちがうし」 と態度で示されたことがあります   まあ、いろんな捉え方があるのでいいんですけどね、 うきょうは絵本って、どれも視覚的に社会にも個人にも影響を与えるものだし、 精神性をゆるがせるものだってあるし、 人生すら深くかかわるものだってあると思っています。 さらに、文字として認識する、思考する部分も大きいので 学ぶに値するものであるし、芸術だと思っています  で、改めて、芸術的なもの、って言われると、あとはタッチとか 色合いとか、構成の好みかなー、とか思っちゃうんですね。 クライアントさまとメールでやりとりしながら、この辺りがお好みかなー、 とおすすめするんですが、膨大な絵本の選書の中から外してしまう絵本もでてきます。   今日の絵本が外された絵本。 テーマがクライアント様のご要望と違っていたってのもあったんですけど。 いい絵本なんですけどね、多分、クライアント様のお好みじゃないだろうなあ、 と泣く泣く選書から外しました。    現代美術家でもある大竹伸朗のナンセンス絵本。 ジャリおじさんはなかなかの紳士ですぞ うきょうはこの絵本、なんだかあたまの中でローリー寺西がしゃべってる風に なってしまうんです。 ローリー寺西さま…。 The Rocky Horror Picture Show の怪演を渋谷パルコで見た衝撃 その時にショーケンが見に来てて、 こういうのをチェックしにくるショーケンはやっぱ、サスガだな と思いましたよ。 いやいや、すかんちもすごくポップでロックでおもしろいよ。 それは置いといて   このジャリおじさんは海をみてくらしているんだそうです。 そして、振り返ったら道があって、そこをたどっていく、という話なんですね。 暗喩的ですねえ。 振り返って見える道は、自分が歩んできた道であろうか、 それとも、また別の道であろうか?   うきょうはG.W中にふるさとに帰っていて、 海を見て、いろんな人に会いながら、 すごく自分の過ごした時間を振り返っていたのですね。 だから、この絵本がすごくひっかかってしまって。 クライアント様への選書のはずがなんだか、 自分のための選書になってしまいました。 というわけで、自分も振り返れるゲージツ的絵本でした   にほんブログ村 うきょうの5月のおはなし会についてはこちら→★★   

      16
      テーマ:
  • 10 May
    • 忘るるなかれ若き日を at 静岡県 浜松

       車窓から見える浜名湖 この風景を見ると、帰ってきた、と思います。    うきょうはG.W中、浜松にいました。 いろんな人と会い、生の桜えびも食べさせてもらい、 生しらすも食べさせてもらい、生のりも食べさせてもらい、 おいしいお酒も呑ませてもらい、みそまんも持たせてもらい、 おしゃれなランチにもつれてってもらって、みつ豆も食べてきた!   なんだ、食べることばっかりじゃん しかも、食べるときは、すぐに食べるモードに入るので、 ブログによくある、おいしそうな写真が一枚もない いやいや、みなさま、本当にごちそうさまでした。 おいしかったです。またいっしょに食べたいです。 みなさん、だから、元気でいてね。絶対に会おう!  そいで、うまい!! といっていっしょに笑顔で食事をしましょう。   同郷の絵本セラピスト®TK5のあけちゃんとはコーヒーでも飲みましょう、と 関西出発前に約束していました。 お互い、SNSでは知り合いですが、お顔合わせははじめてでした。 ただ、絵本が好き、それだけのつながりです。 待ち合わせは駅の書店、絵本コーナーで。 いきなり、 「こんにちはー。昨日、絵本セラピスト協会のお題「お母さん」に変わったんですよ。 それで、お母さんの絵本、探してたんです」 とあけちゃん。 うきょうはその日、朝からあちこち出かけていたので、ネットをまるで見ていなくて、 そのお題を知らず「へぇぇ」。 じゃあとばかりにとりあえず、岩崎書店だね、と手にとって。 「花さき山ってお母さんのこと、なんていってたっけ? もちもちの木って前半で、 お母さんがいないってこと説明してなかったですかね?」 と二人してうきうき、お母さんの敬称探しです。 それが一段落すると、コーヒーでも飲みましょう、とカフェに移動。 ようやく落ちついて、お互いのことを話すこととなりました。    あけちゃんからの質問はこれでした。 「うきょうさん、絵本へのきっかけってなんですか?」 「私のいた中学って、絵本の創作クラブがあったんです。それで…」 と話しだしたところ、あけちゃんから、 「もしかして、同じ学校かも…」 「もしかして、あけちゃん……」   そうなんです! なんと、同じ中学、高校、同じクラブの方でした お年を聞くと、なーんと先輩でしたー  先輩、『ひつじがいっぴき、ひつじがにひき…』っていうテーマの学園祭、 いっしょにやってるはずですよね?? ↑うきょうは礼儀、節度ある後輩なんで、こんなこといってはいない 後輩よ、我が作品を読んでいるはずだね? ↑あけちゃん先輩はやさしいのでこんなことはいっていない  同じ次期にお互い在籍したはず、なんですが、 お互い、人よりも絵本に興味があったのか、勉学が忙しかったのか(ないないっ) ぜんっぜん、それぞれのことを覚えていないという…。   それぞれの進学先など、いろいろお話を聞くと、 顧問であった先生の存在は、あけちゃんにもうきょうにもとても大きなものでした。 あのクラブに在籍した、ということが、お互いの今につながっていたのです。    あけちゃんは顧問の先生の影響で古典をもっと学びたい、と思ったそうです。 そして、今、また絵本の世界と 古典のもつたおやかで、みやびやかで、おおらかな日本古来の世界とを 結びつけてなにかができないか、と模索中。  うきょうはうきょうで、顧問の先生の影響で児童文学の勉強ができる学校に 進んでいたのでした。 そして、月日がさらに流れ、楽しかったあの木かげクラブの部長さんを もう一度やりたいと、一人クラブ活動をこのように、ネットの中で 立ち上げていたのでした。    ああ、この木かげクラブにもう一度、先輩が立ち寄ってくださっていたなんて うれしー あけちゃん、あの学びの園の中にいたをとめとして、 互いに切磋琢磨してきましょうね。 いやいや、先輩、よろしくご指導くださいませ。   後輩 うきょう としては、まずは先輩あけちゃんの応援から!  クラブ活動って後輩は結果に結びつく活躍ができないんだから、 まずは声出しよね (いや、在籍した絵本のクラブは上下関係めちゃゆるで、仲よかったのね。 そんなこと言われたことないし、うきょう自身言ったことないわ)   それはともかく、あけちゃんの宣伝 大人の絵本おはなし会公開ゲネプロ 開催決定!! 5月30日(月) 17:00~19:00 観覧、参加自由(途中、入出場可) 参加費、無料 場所、クリエート浜松→★★ テーマ 『紅花栄(べにばなさこう) 七十二候より』 日本の風土、気候にあうように、 中国から入った節気を江戸時代に変えたものが七十二候です。 その七十二候のうちの今の季節、「紅花栄」をテーマに絵本をご用意しました。 おとなにこそ、聞いていただきたい、見ていただきたい、感じていただきたい、 絵本です。 みなさま、お気軽にお立ち寄り下さいませ。 浜松在住絵本セラピスト®はあけちゃんのみ!! 東京圏、大阪圏では活発な活動、メディアへの登場も多い絵本セラピスト®ですが、 まだまだ、静岡では体験できる場が少ないです。 無料で入退室自由なこの環境で聞けるのはかなりのお得感ですよ   にほんブログ村 うきょうの5月のおはなし会についてはこちら→★★  

      17
      4
      テーマ:
  • 09 May
    • てづくり絵本 : はたらく三角とくらげ

      はたらく三角とくらげのりさん&のりさんお孫ちゃん 作、絵アトリエ・アスラ 協力  G.Wも終わりましたねえ。 さて、このお休み中に1冊の絵本が誕生していました。   木かげdeえほん では、通常、絵本を読んだり、絵本セラピー(R)を体験したり、 ということを中心にしているので、いわゆる「商業出版」されている絵本紹介が 多いのですが、今日は自費出版、しかも手作り!! の絵本をご紹介します。   この絵本の作者はのりさん、(ブログのこちらをご参照ください→★★★)。  のりさんとはふじもとのりこ先生(→★★)の主催ブログに集まっている、 絵本コミュでつながることができました。   のりさんはうきょうのブログで知った絵本を読んで作品を作ってくださったり、 のりさんの作品の画像を、うきょうが作品紹介の折にお借りしたりと、 お顔も本名もお互い知らないまま、ただただ、その絵本を美しい、おもしろい、 と感じた、という共通点だけで、ほそくほそくつながっていました。  そんな折、のりさんからお孫さんが描いた絵、話したお話の内容をかきこおこし、 1冊の絵本にしたいが、できるだろうか、というご相談がありました。   「せんたくかあちゃん」の理論でよっしゃ、まかしとき、とお承りしたところ、 なーんと、うきょうの手にあまる作品で、一人では無理、ってことがわかりました。 急遽、ご相談したところが、創作童話サークルでご一緒させていただいた 京都府長岡京市で活動されているアトリエ・アスラさん。 普段はレザークラフトやスクリーン紙芝居などをメインにされているのですが、 こちらで手製本で仕上げていただきました。 無事、納品できて、のりさんのブログでもご紹介いただいています。(→★★)    さらに、この絵本をちょっとだけ、芦屋の絵本セラピスト(R)のひまわりさんの おはなし会でご紹介したところ、みなさん、 とてもダイナミックな内容と、ほほえましいイラストにメロメロ。 「いい絵本ですねえ」   さらにですね、この絵本は自費出版ということなので、実費はいただいております。 お振り込みをお願いしたところ、なーんと、過分な費用をお振り込みいただきました。 アトリエアスラさんも実費のみでけっこう、とおっしゃるし、 うきょうが受け取るのははばかられるなあ、と思っていたところ、 なーんと、うきょうの生活圏の最寄り駅で 絵本の読書会で知り合いになれた国際UNHCR協会(→★★)のにいさんとばったり。 しかも、バッチリ、お仕事中 します、します、マンスリー募金 というわけで、世界のどこかで困っている方に使っていただくこととなりました。   あのですね、うきょうは今回のことに感動しています。 1冊の絵本が、まわりまわって、いろんな人が関われて、 誠実に対応くださり、それぞれがそれを楽しんで関わって、笑顔になって、 さらにそれがまた、世界のどこかで困っている人につながったって、 すごいなあ、って。  この絵本作品は、それはそれはナンセンス絵本として、 どっひゃーってなるくらいおもしろくって素晴らしいんだけども、 あの絵本はただ、それだけじゃなくって、 のりさんとお孫さんの間に流れた目に見えない時や空気を伝えるもので、 さらに、それが、関西の絵本好きさんたちやうきょうのオタク心を喜ばせて、 さらに、そのことで、世界のどこかで困っている人にもつながったていう、 ほんとうに本当にすばらしい1冊だと思いました。 あー、よかった。 ほんとに、この絵本に関わってくださったみなさまにお礼を申し上げたいです。 ありがとうございました。   こんなふうに絵本で楽しみたい方、まずはこちらへいらしてください(^^) 5月のおはなし会についてはこちら→★★   にほんブログ村

      23
      4
      テーマ:
  • 06 May
    • 楽しいマインドマップの基礎をマスターして頂く講座 at 大阪 堂島

      マインドマップって何?? って方もいらっしゃいますよね。 頭の中にあるもの(言葉としてもイメージとしても、その動きですら) すべてを図式化しているものかなって、うきょうは受け取って帰ってきました。 興味のある方は、詳しくは講座で 見ればわかる! かも。 下のような言葉とイラストを合わせた樹形図。  以前から、物語の流れ、心境や設定など、マインドマップで書いてみたらどうだろう? と思っていたのと、絵本セラピーのプログラムを作る時に、 キーワードやイメージするシーンなどを断片的なものをつなぎあわせて、 一つの流れをつくるのにこういう手法もいいかもねえ、と思っていたのです。 独学でいくつか本を読んでやってみたのですが、しっくりとこなれた感がなくて…。   ってことで、絵本セラピスト同期のまりちゃんのご紹介を受けて、 山脇竜太ことりゅうりゅう先生にお世話になりました。 スラーっとした麗しい先生でした 画像ではわからない部分に、 りゅうりゅう先生のかわいらしい、身近に感じられるチャームポイントが あるんですが、それは講座にいって体験、体感してみてくださいねー。  マインドマップ講座は初体験だったのですが、 まりちゃんのマインドマップをみたことがあったこと、 何冊か本を読んでいて、予備知識があったこと、 自分で何度かやって、問題意識を持って挑んだこともあり、 かなり、すっきり、達成感!! なにより、りゅうりゅう先生の講座の進め方、盛り上げ方がうまい!  多分、ほんとの初めて、 予備知識無し、の方でも、講座が終わる頃には描けるようになっていると思います。    あとね、マインドマップ以外の点でも、勉強になった気がします。 なにより、りゅうりゅう先生がマインドマップを使うってことを 楽しんでいる、その学びも発信する姿も、軽やかであるってこと そこがポイントだったかな。   これって大事だなー、ってマインドマップを教えていただきながら、 絵本に引き寄せて考えちゃいました。 絵本ってね、どうしてもおとなが子どもに読みきかせたり、 買い与えたり、借りてあげたり、指し示したり、ってな調子になっちゃうんですよね。 ついついね。 それがいいか、悪いかはわかんない。 わかんないけど、うきょう自身は、教えてあげてるわけでもないし、 方向を指し示しているわけでもなくって、一緒に楽しみたいが一番かなー。 でさ、りゅうりゅう先生みたいに、 「マインドマップ(絵本)を楽しみましょう」 「マインドマップ(絵本)のおもしろいとこ、一緒にみつけましょう。 だって、ほんとにおもしろいんだから」 っていうのが一番いいんだよなあ、って。   絵本っていいのよぉ、って、ただただ、愛してあげればいいのねえ、 なーんて、我が子のように思ってしまいました。 (いや、実際のところ、我が子ですら、ただ愛してほめたたえるのは 難しいのよ)   というわけで、なんとか、これがモノになって、 絵本セラピーのよりよいプログラムとか物語のおもしろみにつながるといいなあ、 って思います。   なんでかって?   あのね、 『絵本っていいからよぉ』      にほんブログ村 というわけで、5月のおはなし会。 ご参加、おまちしております。 (詳しくはこちらから→★★★)         

      25
      テーマ:
  • 04 May
    • 4月 ブログ記事、とりまとめ

      毎月の月初めのとりまとめ記事、 「ひたすら絵本を読むんだモン」の報告(記事としてはこちら→★★★) と前後しましたが、本日、お伝えします。               さて、4月アクセス数の多かった日は4月25日の記事。 「緊急開催告知:「ひたすら絵本を読むんだモン」で「くまもと」と関わっちゃうんだモン」 →★★★ 一ケ月の累計なので、月始めの記事の方が、読まれるチャンスも増えるはずなのに、 本日までの10日間ほどで、アクセス数トップ!! 本当にたくさんの方に関心を持っていただいたことに、 うれしく、たのもしい気持ちがいっぱいです。 拡散もしていただいたようです。 いろんな人がどうにかして、だれかのお役に立ちたいと思っている、 という結果の表れだと思っています。 本当に、ありがとうございました。                      いいね!が多かった記事も上のアクセス記事トップと同じ、 4月25日 緊急開催告知:「ひたすら絵本を読むんだモン」 でしたので、次点の記事をご紹介。 次点は同数二つの記事があったので、二つともご紹介。  ひとつめ  「大人が読みたい絵本500:ムック本」(4月8日記事→★★★) 三栄書房 検索ワードでもこの本のタイトルが上がっています。 おとなでも読みたいですよねー、絵本。 ぜひ、うきょうのところに声かけてください。 いっくらでも読みます、ブックトークでもなんでもします。 この中の絵本の中で、うきょうのおすすめをアツく伝えちゃいます。 おとなも面白がってほしい絵本!! です。 実際におもしろいからね ただ、この記事を書いたあとに、あるお若いパパさんに、 この雑誌をお渡しして感想をきいたところ、 「新しい絵本ばかりで、子どもたちに自分たちの読んだいい絵本を 語り継ぎたいのに、そういう絵本の紹介がないのが残念だ。 共感しにくい」 という声が届きました。 なるほどねえ 子どもと自分たちの間をつなぐ役割として、 絵本があるってのも確かにそうなんだよねえ、 と深く感じ入りました。 プレパパさんも含め、ぜひ、男性たちにも絵本をオススメしたいので、 プログラム作成の参考にしたいご感想だなあ、と思いました。      ふたつめ  「つぶつぶ甘酒スイーツクラスでも読んできた! at 大阪 高槻市」(4月28日記事→★★★)  さらにいいね! 同数だったのが、あやこさんのお料理教室のレポート、 でした。 うきょうのおはなし会では、かならず「おやつ」が出ます。 いろーんなおやつをご用意しますが、 こういう雑穀とか、自然な味のものもあってもいいよね、 スーパーとかで買えない味を体験してもらう、っていうのも、 脳への刺激になっていいんじゃない? って思って、チャレンジしています。 そして! ここのお教室のお子さま、参加者さまたちに 絵本にちょっと関心をもってもらったらいいかなー、 ってことをお伝えした記事です。 うきょうの感じた「味」レポートもあるので、ぜひぜひ。 読み落としたーって方はもう一度、お読みくださいませ もし、おもしろそう! って思ったら、橘綾子先生に会いに行ってほしい そして、絵本に反応したら、うきょうに会いに来てくださいね。               訪問者数の多かった日は4月21日→★★★ 「大人が楽しむ絵本の会 at 尼崎市塚口」  楽しかった夜の絵本の読み聞かせ会に参加してきたレポート記事。 わたしも行きたかったんだよねー、 ぼくも興味があったんだよね、 って方、ぜひ、うきょうにもリクエストしてくださいね。 うきょうも西宮で夜のおはなし会、どんどん、したーい あっちでも、こっちでも気軽に絵本を囲んでおしゃべりできる場が 増えるといいなあ、って思っています。        記事別でも緊急開催告知:「ひたすら絵本を読むんだモン」が とてもよく読まれたので、次点の記事をご紹介。    記事別でよく読まれた記事はこちら→★★★ おとなのためにおはなし会 お知らせ!! 4月、5月、6月(3ヶ月連続講座)  うきょうのおはなし会のご案内記事が入ってる うれしいです。 4月、1回目のおはなし会は終了いたしましたが、 5月、6月も楽しい企画なんで、ぜひ、初回のがしたーって方も 単会参加でも楽しめるようなプログラムにしていますので、 安心してご参加ください。 ちなみに、このプログラム、土日開催はないですか? の声も届いてます。 3名以上で同じプログラムを開催することが可能ですので、 ぜひ、お誘い合わせの上、お声がけくださいね。                     探索ワードを見ると、資格関連、などでベスト1,2が占められていましたが、 先月はベスト3に「だいじょうぶ だいじょうぶ ワークシート」 という単語が入ってきましたー これね、絵本セラピー®ではよくつかわれるんです。 うきょうのところではやったことないんですけど。 (でも、リクエストいただければやります) 記事としては2013年09月03日(→★★★)という 古い記事にヒットしているようです。  いとう ひろし作・絵 講談社 絵本セラピー®に関心をもっていただいているのかも、とも思います。 この絵本は小学校の教科書でも紹介されているので、 もしかすると、小学校の先生が指導計画をたてるときに、 参考にしたかったのかなー、とも思いましたけど。   その他、ベスト10の中に、「同じタイトルの絵本」というような単語の検索が 3つ入ってました。 多分、昨年の秋のおはなし会で、同じ絵本の訳違い、出版社違いなどを 扱ったので、そちらの記事にたどり着いていると思います。 この秋にも、そういった絵本の楽しみ方、アナライズをしていこう、と 思っていますから、 ぜひぜひ、「この絵本あつかってー」とか、 「こんなテーマの絵本でやってー」とか、 リクエストをくださいね。                       ということで、4月のブログ記事のとりまとめ、でした。 4月は熊本の震災関連もあり、絵本そのものにふれる記事が少なめ、 ではありましたが、絵本を通していろんな人と関われて、 いろんなことができる、ということがわかる記事があつまったのではないか、 と思いました。  5月のおはなし会でみなさまにもぜひ会いたい! ご参加、おまちしております。 (詳しくはこちらから→★★★)     にほんブログ村  

      20
      テーマ:
  • 02 May
    • 「ひたすら絵本を読むんだモン」:聞いてきたんだモン

      絵本セラピスト協会 代表 岡田達信氏   月初めは、いつも、先月のまとめ記事、なのですが、 今回は、どうしても先にお伝えしたいことがあります。   「ひたすら絵本を読むんだモン」:ご報告  去る4月30日(土)13時開場 13時半~17時半 日本メンタルヘルス協会 大阪ライブスタジオにて、 開催、終了いたしました。  ご参加のみなさま、ご協力のみなさま、お疲れさまでした。 そして、ありがとうございました。   うきょうも途中からですが、参加&協力してまいりました。 さらに、先月のうきょうのおはなし会にてお預かりした ふじもとのりこ先生(→★★★)、けいちゃんからの募金を届けてまいりました。 ご賛同いただいたお二人にもお礼申しあげます。  上の画像は大盛況の会場です。 募金箱221,546円 物販の利益19,200円 合計240,746円  以上、今回のイベントにてご協力いただきました。 代表はじめ、絵本セラピスト協会®の仲間にかわりまして、 足をお運びいただいた皆さまに、お礼申しあげます。     以上の募金は全て 国境なき料理団、http://www.cook-ambassador.com/熊本地震-ご協力のお願い/ 食と絵本の空館「ラレーヌアリス」http://www.lareinealice.com 絵本セラピストを通じて現地の支援に使われるそうです。    当日、絵本セラピスト協会代表 岡田達信 の用意した絵本44冊 実際に読んだ絵本32冊(ブックトーク含む) 来場者119人 内絵本セラピスト®34人 となりました。 絵本セラピスト®以外の方、男性の参加者様も多く、 これを機会にいろんな方に絵本の魅力が届くといいなあ、と思います。   お金でのご協力だけでなく、うきょうのブログもFBもたくさんシェアしていただき、 応援のお言葉、メッセージも届きました。 うきょうは受付のお手伝いをしていなかったので、気づきませんでしたが、 仲間の絵本セラピスト®より、何名かの方から、 この「木かげdeえほん」のブログから情報を得ました、 とのお声がけがあったことを閉会後に報告をうけております。 拡散してくださったみなさま、その情報を受け取ってくださったみなさま、 本当にありがとうございました。 うきょうはお金持ちじゃないから、お金をたくさん、っていう協力はできないけれど、 こうやって、文字を書く、ということで、九州のみなさまと関わることができた、 絵本セラピスト協会への協力ができたかな、と大変うれしくおもっています。   代表 岡田達信 からも それぞれが 自分の出来ることで 楽しみながら 継続できる支援活動を 続けて行けるといいですね。 のコメントがありました。     つぶつぶのお料理教室でお知り合いになった もりたゆうこ さんは 「食」を通じて支援をされています。 「大好きなことで支え合えるつながり」    東北の復興支援もまだまだ、途中。 東北も九州も息なが~く、必要とされる間は自分のできることで すこしづつでも関わっていきたいと思っています。 本日は報告まで    にほんブログ村      

      22
      テーマ:
  • 28 Apr
    • つぶつぶ 甘酒スイーツクラスでも読んできた! at 大阪 高槻市

       またまた、行ってきました。おんぶして、お料理教室する橘先生の 「大阪つぶつぶキッチンほんわか」(前回の記事はこちら→★★★)。 前回はクッキーでしたが、 今回は甘酒スイーツクラスで和菓子、お団子習ってきました  うきょうの中で「甘酒」といえば、酒粕にお砂糖、しょうがを混ぜたもの。 これはこれで、ビタミン類やタンパク質なんかをうまく摂れるらしいので、 いいんですけど、ノンアルコールの米こうじ甘酒も魅力的。 で、自己流で2回程チャレンジ。 もともと、ずぼらなうきょうは塩麹ブームで塩麹に出会ってから、 お弁当のおかずや晩ごはんの用意が短時間でできる、 と、こまめに塩麹を作っていたので、 米麹の発酵に関してはそーんなに抵抗がなかったのです。 が、しかし、甘酒作ってみても、甘味料として使えるほど甘くならない…。 さらに、粘度が足りない。 途中、絵本セラピスト®よっちーもこの、米麹甘酒を愛飲している、とのことで、 よそんちの味を知りたい! とわけていただいたりしました。 (これもおいしかった よっちーのお母さん、ありがとう)  そんな中、こりゃ、やっぱ、一度、基本の味、感触、をきちんと確認した方がよい、 と思っていたら、甘酒クラス、タイミング合ったー。 しかも、連続講座じゃないから、参加できるー。   絵本セラピスト協会の岡田達信氏 こと たっちゃんも 「一度、型にはめるのが大事」 っていってたしね。そうそう、故・中村勘三郎さんも 「型があるから、型破り、型がなくっちゃただの型無しよ」 と粋な江戸口調で語っていらっしゃいました。   てなわけで、チェック、確認、調理体験してきました。 材料も今回は購入!! 前回は、近所の自然派ショップにいけば似たようなものがあるだろう、 と高をくくって未購入。 インプットしたものの、アウトプットできずに苦々しい思いをしたからね。 今回は、ちゃんと買ってきた   調理体験、試食もいっぱいしてきたよー。 甘味用甘酒そのものも、水でのばした飲用甘酒も、甘酒のアイスクリームも。 今回作ったお団子もあんこも、きなこも 一切、砂糖はつかってないのね。だから、いわゆる甘味は遠いわ。 遠いけど、おいしいよ あのね、甘い = うまい じゃないのよ。 甘いか甘く無いかでいったら、ぜったいに甘い。 甘いけど、ただ、甘いんじゃないのね。食べてきてわかったわー。 スイカに塩ちょっとつけたり、アイスクリームに醤油ちょっと使ったりする方が いらっしゃいますが、あんな感じで「塩味」も効いてます。 自然塩のお塩のバランスがいいんだと思います。 あとね、風味だね。麹の香り。 うきょうが自己流で作った白米だけを足して作った甘酒より香り・風味があります。 なんかね、稲刈りした後とか、落花生って収穫したあとに「はざがけ」とかいって、 昔は干したんだよねー。畑とかたんぼに。 (このブログ読んでる人でこの話が通じる人が何人いるんだろうか……。 同郷である橘先生も多分、世代が違いすぎるからご存じないやろなー) そのときにね、風がふくとその穀類の香りなのか、稲わらの香りなのか、 落花生の殻の香りなのか、それらについたホコリとかお日さまの匂いなのか、 なーんか香ばしいいい匂いがするんだけど、そういう匂いが遠くにしてるの。 この「香り・風味」がおいしいんだと思ったなー。 というわけで、もうちょっとしたら、アウトプットしてつくってみるー うまくいけば、おはなし会に持参いたします。 ご参加のみなさんにも、「おいしい」って感じてほしいなあと思います。 そして、ここのお教室には必ずお子さまがいる…。 だって、講師が “ おぶって踊るように料理するあやこさん ” だからー てなわけで、子どもに読むと見せかけてー、おとなにも聞いてもらう!!  ひとつ [ マーク・ハーシュマン ]1,296円楽天 わたし [ 谷川俊太郎 ]972円楽天 ぴょんたのたいそう [ ルース・ティルデン ]1,404円楽天  さらに、オススメしてきた絵本は  ころころにゃーん756円楽天 ごろごろにゃーん [ 長新太 ]972円楽天  絵本好きな人だと、聞いていただいたお母さまたちと どーんなお話になったか、想像がついちゃいますね うきょうとしては、つくるわたしもたべるわたしも、大事、大事ってことで、 この選書でした。 4月26日のブログにも書いたように→★★★ 頭にも体にもこころにもよい刺激を、につながるといいなー  にほんブログ村5月のおはなし会についてはこちら→★★  来る30日の熊本にいい感じで関わりたいイベントについてはこちら→★★★    

      21
      4
      テーマ:
  • 27 Apr
    • フレデリック

      レオ・レオニ 作、絵谷川俊太郎 訳好学社 ながいこと、お待たせしました。 ひまわりさんと話題にしていたフレデリック。 おはなし会→★★★や「ひたすら絵本をよむんだモン」→★★★ のおしらせなどで、ご紹介がおくれていたこの絵本。 1967年に発表されて、1969年に日本にやってきました。 昨日、ひまわりさんとおしゃべりをしていてこの絵本の話題になりました。 ひまわりさんはながーく、ながーく絵本と親しまれているので、 とっても蔵書もたくさんあるようです。 一度、お宅訪問したいわーっ。 以前も「めっきらもっきらどおんどん」の初版本と 今のものってちがうから出会ってみたいなー、っていっていたら、 なーんと、このひまわりさんがペーパーバック版でお持ちでした 好学社のこのフレデリックも今の見返しバージョンじゃないものを お持ちなんだそうです。 そうして、大事に大事に1冊の絵本を読み継いでこられたひまわりさんには、 それぞれの絵本にたくさんのエピソードをお持ちなんだそうです。 昨日は、この絵本にまつわるお子さまの話しもきき、(プライバシーのことも あるので詳しくは書けませんが、もう、40年以上も前のお話ですから、 きっと、そのお子さまもすっかりおとなになっておられることでしょう) ああ、やっぱり絵本っていいなあ、と思いました。 きっと、この絵本を繰り返しきいたその少年は、 いろんな言葉や色に想像をめぐらし、 大きく育ち、 だれかのための詩人となって、 きっと、次の世代を育てているのだと思うのです。   毎年、TOHANが配布しているミリオンぶっく2015、をみると、 なーんと、レオニの作品ってミリオンセラーにはなってないんですね 1冊もベスト100に入ってないんです。 「あおくんときいろちゃん」も「スイミー」もこの「フレデリック」も。 うきょうは「ペツェッティーノ」も好きだよ ほんと、びっくりしました。 でもね、おはなし会でも登場することが多い作家さんだし、 おとなになった人たちの中でも、「ほらネズミのあの絵本…」とか 「真っ黒なさかなが一匹だけ赤いさかなにまざってさ…」とかいうと、 『あー、あの人ね』ってなる作家さんだと思うんですけどねえ。 ロングセラーだけど、ミリオンセラーじゃないのね。 あんまりにも有名で、すっかりブログでも紹介済みだと思ってたし、 知ってるつもりの絵本だけど、こうやって調べてみると わかってないこといっぱいだわー。 ちょっと調べればすぐにでてくる情報なのにね。 そう、そんなことは知らなくても絵本は読めます。 読めますが、知って読んでみればまたおもしろい  5月おはなし会のくわしい情報は→★★★    にほんブログ村    

      16
      テーマ:
  • 26 Apr
    • おとなのためにおはなし会 H28.4.25 (らんちゃん♪ コラボセミナー 第1回目)Part2

       昨日の会場の様子です。 ほら、みなさん、いい表情がでてますでしょ これね、みなさん、お知り合いの方ばかりじゃないんですよ。 この日、初対面、あってほんのうん十分って時間で、 もう、こうやってみなさんが打ち解けて、いろんなお話ができるのです。 セミナーなんで、当然、テーマにそった目的をみなさん求めていらっしゃいますが、 それだけなら、今の時代、自宅でネット動画さがして、 個人でやってもいいかもしれません。 でもね、こうやって、足を運んで、実際に顔を合わせて、 生の声でコミュニケーションをとるってのが、いいんだと思います。 ビールじゃなくても生はいい!!     「わたしにありがとう」3回連続講座、定期講座なんで、 今までとちょっとかえました。 ワークシートもすこーしリニューアルして、 今までよりお家に帰ってからのふり返りや、 自分の読んだ絵本の読書記録としてのふり返りがしやすいものにしてみました。   あと、今回ははりきってリーフレットもつくっちゃましたー ふじもと先生にもほめてもらってちょっとうれしい 美大卒のイラストレーター先生から、「すごーい」なんていわれちゃうと 恐縮しながらも、やったーっとなります。 (さすが、3の数字をもつ先生なんで、楽しむことが上手だわー) よろしかったら、この画像はどんどん複製していただいてけっこうなんで、 みなさまのご参加お待ちしております。 今回は数秘術と絵本セラピーと合わせて、「内面的本質を知る」でした。 なんか難しい言葉ですよねー。 ざっくりいうと、「自分のいいとこさがし」。 人間だから、いいとこじゃないとこもあります。 それも、数秘術と絵本セラピーを使うと、 マイナスじゃなくて、プラスに変えられるし、 プラスにつながるエネルギーにつながるっていうおはなし。 エネルギーといえば、お口から入るエネルギーも充実してましたよぉ。  この日はらんちゃんから岩茶という、中国茶、柏もち、きなこアメの差し入れ、 参加者のあつひめさんからはC3の焼き菓子、 の差し入れがありました。 岩茶ってめっちゃ厳しい環境で育ったお茶なんで、 すごいエネルギーがあるんだそうです。さらに、デトックス効果もあるとか。 きなこアメも流通の少ない国産小麦粉、大豆粉のアメちゃんで ホロホロとした食感のやさしい甘み。おいしかったよぉ。 ここのところ、寝不足ってお疲れモードだったうきょうにぴったり うきょうからは国産レモンで作ったレモンピールのハードクッキー。 今回は柏もちという食感のやわらかいもの、おかきやハードクッキーなどの 食感のちがうもの、を用意できました。 おやつも意味がないようで実は、ちゃーんと脳への刺激も考慮した セラピー特有の効果なんです らんちゃん♪とともに 頭にも体にもこころにもよい刺激を、の会をめざしています。   みなさまのご感想  大変楽しいワークでした!数秘術など興味を持っていたのでなお楽しく参加させていただきました!  ドンドン内容が深く、重く(?)なるので、楽しみというより、勉強になります。  いろんな絵本に触れることができて、楽しかったです。     うきょうからの感想 実はうきょう自身も「数秘術」ってなんやねーん、って思ってました。 らんちゃん♪にも何度も「?」をぶつけて、セミナー開催にあたり、 絵本セラピーと数秘を違和感なくつなげられるように配慮してみました。 感想に「いろんな絵本に触れられて楽しい」とあって、 めっちゃうれしい!! はいはい! 知育絵本から赤ちゃん絵本から、海外しっとり絵本まで、 今回も取りそろえましたから。だから、プログラム内容も、だけど、 絵本がおもしろかった、って言ってもらえれば、それだけでもううれしい! (↑ 絵本セラピスト®としては、それではあきません)    それはさておき、なにより、うきょう自身が数秘のおもしろさに 触れることができました。 数秘術って「数」でありながら、「数」じゃないんですね。 それでいて、人間が「数」を意識したむかーしむかしからあるので、 そこに「むかしばなし」や「神話」に流れるような、人としての普遍が流れる 「ものがたり」を感じました。 小学生や中学生のころ、 タロットカードの絵解きの本をおもしろく読んだ時期があるのですが、 そういう流れを感じました。 そして、偶然なんですけど、なーんと、数秘術を教えてくださるらんちゃん♪と うきょうの長男がまるきり同じ誕生日だったのですねー。 つまり、単なる占いなら、同じ誕生日で、 同じキャラクターとして割り振られると思うのですが、 そこが、数秘術のおもしろいところで、 タロットの「絵解き」のような個性が、それぞれの人に生まれています。 ふんふんふーん、へぇ、へぇ、ほぉ ってなります。参加者様の感想の、「勉強になります」というのはそういうあたりを さされているのかもしれません。 そんなことをしって、今回、選書した「Zero」(昨日の記事から参照→★★★) の絵本を読むと、また、おもしろい! 部分が増えます。 まだまだ、絵本セラピーと数秘術の深まりは達しておりませんよー。 5月講座もぜひ、お楽しみに そうそう、今回はうきょうから、こーんなおみやげをご用意しました。  児童文芸家協会認定サークルの「わらしべ」から同人誌 第二号が出版されました。 絵本ではありませんが、物語を楽しむ、というのは、 おとなでもこどもでも、だれもがなんの資格もいらない楽しみ、だと思っています。 つたない(いや、つたないのはうきょうの作だけだわ)同人誌ではありますが、 今回、みなさまにお届けさせていただきました。 ご参加のみなさま、本当にありがとうございました。  にほんブログ村5月のおはなし会についてはこちら→★★  来る30日の熊本にいい感じで関わりたいイベントについてはこちら→★★★(今回セミナーでお預かりした募金はうきょうが会場にお届けします)    

      18
      2
      テーマ:

プロフィール

うきょう

自己紹介:
絵本セラピスト(絵本セラピスト協会認定)、幼稚園教諭免許1種、日本児童文芸家協会研究会員

続きを見る >

読者になる

AD
「プレゼントしたいけど…」おとなにも、おこさまにも、絵本を贈るお手伝いします
coconala.comで選書サービスをはじめました。西宮のおはなし会は遠くていけないけど、うきょうとゆっくりとメールのやり取りをしながら、選書理由を聞いてみたい、プレゼント用の選書を一緒に考えたい、というかた、こちらからご連絡ください。→★★★
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。