'


『絵本をおもしろがり隊』あつまれー!!​ 第2回

12月8日(木)10:00~13:00

場所:サロンde愛(阪神西宮駅より徒歩3分)

お問い合わせ、お申し込みに関して

本文にお名前、連絡先、メールアドレス、

タイトルに

「◯月◯日おはなし会、参加希望」

ご記入の上、お申込みくださいませ。

お問い合わせ先アドレス:

<u.kyo.o11.ehon★gmail.com>

(★マークを@マークに打ちかえて、

お知らせください)

ブログ、右横のメール送信ソフトでも上記アドレスに自動的に届きます。

  • 05 Dec
    • ケーキやさんのゆうれい

      ジャクリーン・K・オグバン 作 マージョリー・プライスマン 絵 福本 友美子訳 フレーベル館 これ、めっちゃ好きな本なのね。 お誕生日に何か贈りたいたいんですけど、 いい絵本ないですかーって聞かれたら、 「ケーキといっしょにこの絵本をどーぞ」 とオススメしていました。 先日もそんな問い合わせがあったので、 自信をもっておすすめしようとネット書店を確認したところ、 買えない絵本になっているぅ 絵本のいいところっていっぱいあるんだけど、 この絵本は一番最初に登場する、おばあちゃんコーラ・リーと 最後の登場しているコーラ・リーはね、 同じ人だけど、違う人なのよ。後ろのコーラ・リーはね、 幸せに満たされたコーラ・リーなのよ。 もう、死んでるけどね。 そうしてね、お話を進めていくことになるアニー・ワシントンはね、 最初に登場したときより、最後に描かれているアニー・ワシントンはね、 確実に成長している。 ってわけでね、いい話なわけよ。 どこがどういい話かは、読んでのお楽しみ。    この本はねえ、おとなだからこそ、 そうなのよ、そうなのよ、となるエピソードが多いと思います。 そしてね、甘いもの好きの人たちはね、 この絵本に登場するテイラミスや月餅、チョコレートにフルーツ、 トルテ、タルト、世界各国のケーキの名まえや、材料を聞いて、見て、 ワクワクしてほしい。 そうしてね、たった1つのおいしいケーキを 読んでいるあなたにも味わってほしい。 (作り方もラストページにあるの。 うきょうは何度がこのケーキを作っているのだけど、 どっしりとしたいかにもアメリカ人が喜びそうなケーキです。 アメリカ人だけじゃなくて、日本の子どもたちも大喜びでしたよ)   ああ、だけど、だけど、もう買えないのね ああ、モッタイナイ!! というわけで、うきょうのおはなし会にきたら、 この絵本ありますから、リクエストされれば読みますよー。 今、奥付みたら、2007年初版だった。 まだ、10年たってないじゃーんっ。増刷してーっ。  12月のおはなし会、詳しくはこちら→★★★13時までですが、残れる方、軽食などご用意がありますので、お茶タイムをたっぷり楽しみましょー。  

      NEW!

      15
      6
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 木のあかちゃんズ

      いせひでこ 作、絵平凡社 「いのちのかたち 画家・絵本作家 いせひでこ」 という映画を見てきました。 いせひでこ先生が、 東北大震災の折、宮城県亘理町で津波により流され、 横たわったまま枯れていく1本のクロマツを 4年にわたりスケッチし、作品にしていくドキュメンタリーです。  まだ、見てきたばかりなので、うまいこと言葉になりません。 うきょうの中からは、応援してるから、忘れてないからって言葉が 繰り返し出てきますよ。 何ができるのかわかんないけどね。 東北の商品を買ったり、こうやって、絵本を紹介していくくらいしか できないけどね。 宮城県だけでなく、雪が降り積もる福島県飯舘村の映像も入ります。 11月22日のブログ記事(→★★★)でも、書いたけどね、 なんだかすっかり忘れてるけど、ちゃらっと使ってる電気、 今のまんまでいいのかな? いや、うきょうはね寒がりだし、 こうやってSNSとかもつかってるわけだし、 電気全部いらなーいっていってるわけじゃないのね。 ただね、夜遅くまでのスーパーやコンビニの営業、 いろんなイルミネーションってどこまで必要なのかね?? いるものはいるけどね、いらないもの、 もう一回考えてもいいかもね。 ってことで、いせひでこ先生の作品をきょうはご紹介。 いや、映画見たら、この作品じゃないだろーって思う方も多いと思いますが、 うきょうはね、この先生の絵は色のついたのより、 こういう感じのイラストが好きなのよ。 ただいま、大阪 十三 シアターセブンにて上映中→★★★ 来年からは横浜、三重でも上映予定があるようなんで、 お近くの方はぜひぜひ 12月のおはなし会にもいらしてほしい。詳しくはこちら→★★★  

      20
      4
      テーマ:
  • 01 Dec
    • うきょうのブログ ふりかえり 2016.11

      11月、あっちこっち、講座や勉強会に参加してきたよぉ。 絵本よりもそのレポートが多かったかも。 では、11月のブログ記事をふりかえってみましょー。        11月アクセス数が多かったのは11月26日の記事→★★★ 大阪、千里山にお住まいの葉音さんが 11月のうきょうのおはなし会に参加されました。 そのレポートブログ記事をリブログしたものでした。 土日祝はブログ更新をお休みしているのですが、 あーんまりうれしくて、更新した日のもの。 あのね、うきょうのところのおはなし会に参加してもね、 資格もとれないしね、 なにか特殊な技能や能力が身につくわけでもないのね。 何か作ったモノが残るわけでもないしね ただただ、絵本の周りに集まって楽しみましょう、 うきょうといっしょにおもしろがりましょう、って だけなのね。 その先にまた、何かが生まれたとしたら、それはとってもうれしい。   ​​ ​​ ​​​ ​​ ​​ ​​​  訪問者数の多かったのは11月28日の記事→★★★ 京都は山科、クリストファー・ロビンで行われた 「大人絵本を楽しもう」のレポート記事。  とりちゃん、ありがとうございました         記事別では11月18日の記事→★★★ 二番目の悪者 林木林 作庄野ナホコ 絵小さい書房 せいらさんのブログで知ったこの絵本。 うきょうはまったく知らなかったのだけど、 フェイスブックにアップすると、 「わたしもいつか、学校ボランティアのおはなし会で読んでみたかった」 とか 「どこかでチャンスがあれば……」 って声が続々届きました。 みんな、いい絵本知ってるなー あとね、いい絵本だけどね、 こういう絵本がでちゃうってことも、 よーくよーく考えたい1冊でした。   ​​ ​​ ​​​ ​​ ​​ ​​​   いいね! が多かった記事も「二番目の悪者」だったので、 No2の「ほうれんそうはないています」をご紹介→★★★ をご紹介  鎌田 實 作長谷川義史 絵ポプラ社 朝起きたら、福島沖での地震で 津波警報が出た日の絵本紹介でした。 東北も福岡も鳥取も、早く元気になってほしい、 と祈らずにはいられません。       検索ワードからみると……。   んっ?? 絵本専門士の何かが始まってますか?? うきょうのところにきても、 絵本専門士のことはわからないので、 ごめんなさいね。 「ふしぎなナイフ」→★★★ 中村牧江/林健造 作福田隆義 絵福音館書店 これは今年の8月にとりあげています。 木かげ うきょうさんの検索もありますね。 ありがとうございます。 うきょうちゃんのちゃん付けが、 いつの間にやら「うきょうさん」になっちゃって 年齢があがってくると、ちゃん付けは厳しいかなあ…。  「雪窓」の季節ですね。 ああ、この絵本、いいのよぉ。 ぜひぜひ、読んでいただきたい。  安房直子 作 山本 孝 絵 偕成社 こちらはうきょうのお気に入りの絵本の1冊。 記事としてはこちら→★★★     以上、11月のブログ記事、ふり返りでした。 陰陽五行やその他、絵本講座、お料理教室と もりだくさんの学びがある月でした。 リポート記事ばかりが目立つかなと思ったのですが、 ちゃんと絵本記事にも興味をもっていただけて、 よかったな、と思っています。 ふり返り記事をしてよかったな、 と思うのは「ふしぎなナイフ」や「雪窓」など かなり古い記事にもふれることができることかなあ、と 思いました。 今年も残すところあと一月!! 楽しんでいきましょー    うきょうの12月のおはなし会はこちら→★★★

      15
      2
      テーマ:
  • 30 Nov
    • アンナの赤いオーバー

      ハリエット・ジィーフェルト 作アニタ・ローベル 絵松川真弓 訳評論社 基礎絵本セラピスト®のゆうこさんがおすすめしていたこの絵本。 しらない絵本だったのですが、 アニタ・ローベルの名まえを見て、 こりゃさっそく読んでみよう、と手に取ってみました。  木かげdeえほんの第一回目の紹介絵本は アニタ・ローベルさんのこの絵本でした→★★★ あの検定であの絵本を何度も何度も読んで、 これをラストに持ってこよう、と決めた時の私を思い出せるよ   で、何人かにこの絵本を読んでもらったのですが、 そんなにいいかな? といわれてしまいましたーっ ざんねーん。 うきょうはよかったけどねえ。    で、どこがよかったかというと、 戦争終了直後に、戦争中もきちんと成長したアンナがいるってこと。 そして、そのアンナを囲むおとながきちんといるってこと。 そのおとながきっちりと丁寧に、日常を取り戻しているってこと。   扉絵のイラスト、廃墟、瓦礫が雪に埋もれ、 何かを待ち行列を作る人が描かれています。 最初の何場面かってね、 いろんなお店が閉店し、 売る食べ物もなくて、 傷つき帰還した兵士が施しを受けるために 空のお皿をにぎって座り込んでるイラストなのね。 そんな状況でもね、 アンナのお母さんはアンナに食べ物を用意し、 小さくなったコートの代わりを用意しようと 根気強く、いろんな人に頼むのね。 コート1着に、金時計、ランプ、ガーネットのネックレス、ティーポットを費やすの。 今だったら、しまむらとかいけば、 5000円もだせばコート買えるのにね。 しかもね、途中でアンナは羊に歌を歌って聞かせ、 お母さんと毛糸の染料としてこけももを摘み、手間もかけます。 時間だって、ほぼ1年がかり。 とにかく、生き残った人がいる。 その人たちが、自分たちのできることを 精一杯して、生きている。 アンナは生きのびた子どもとして、そういうおとなの背中を見て、 そういうおとなから見守られて、成長していくのね。 クリスマスイブに、 そうやって実直に積み重ねて出来あがった幸福な時間に 感謝して喜び合う人がいる。 いいよねえ。じんわり、いいよねえ。 ただ、それだけだけどね。 この絵本で描かれているおとなは年寄りと女しかいないけどね。 クリスマスの場面の絵本です。 クリスマスには贈り物がつきものだよね。 うきょうはクリスチャンじゃないから、 あまりこの贈り物の意味とかこの日の意味とか詳しくはないけどね、 こういう感謝とか誠実とか実直とか華美じゃない感じのね 絵本を読んでみるのもいいんじゃない? って思いましたよ。  うきょうの12月のおはなし会はこちら→★★★ 

      17
      テーマ:
  • 29 Nov
    • もうあかん

      岡田よしたか 作、絵学研  今日の絵本は、絵本セラピスト(R)りすくんが 気になってる絵本。 読んだら感想をききたーい、とのことでした。 で、さっそく借りてみた。 人気絵本で、図書館で順番待ち。 さすが、岡田よしたかさんである 日曜日にようやく、手元に届きました。 この日は児童文学者協会の絵本講座もあり、 いっしょに参加した、創作童話の同人お二人にもこの絵本、 読んでいただきました。 お二人とも、 「うーん、下ネタだねえ。子どもはすきだろうけど。 こういうのはちょっと……。おもしろいと思えないわ」 とのご感想。 あら、残念。 私はおもしろかったけどね。 飼い犬ってきっと、こういう感じなんでしょうね。 あと、我が家の長男が好きだった、 「うんちしたのだれよ!」 の絵本を思い出しました。 あの絵本もうんちがいっぱい登場するんですよねえ。 そして、それぞれの動物のうんちの特徴がわかる この絵本もなんとなく、それぞれのうんちの様子がわかりますが、 「うんちしたのだれよ!」のほうが、 よりうんちの状態、色、形状がわかります。 こっちの絵本はうんちのイラストが小さいのよ。 まあ、元々、「うんちしたのだれよ!」はうんちに焦点が当てられていますし、 こっちの「もうあかん!」はうんちよりもそのがまんしている心境に 焦点があてられているから、そういうイラストになるんでしょうけどね。  うーん、ブログ、うんち、うんち、って うんちの連呼ってどーよって思いますが、 仕方ないですね。 だって、うんちの絵本だから そういえば、学生のとき、 赤ちゃんのうんちの標本を見たことがあります。 緑便や白便など、たいへんよくできた標本でした。 おかげで、我が娘がロタになったときに、 本物の白便を見て、おおぉお、となったのでした というわけで、うんちってね、 大事なのよ。 腸の特徴、健康状態などがわかるんだから。 あとね、今の小学生、 学校でうんちするのが苦手なんだそうです。  だから、うんちの絵本、がまんせずに出すって大事なことなのよ、 ってなメッセージも子どもたちには あるのかもしれませんね。 もうね、ぜんぶでちゃったときの わんちゃんの表情っていったらないってくらい、 ほっとしたいい顔しちゃってますから  おとなもね、うんちでも気持ちでも、 がまんしないで、出しちゃうことも大事よね。   以上、りすくん、これがうきょうの感想ですよーっ。  12月のおはなし会にもいらしてほしい。詳しくはこちら→★★★      

      22
      6
      1
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 大人絵本を楽しもう at クリストファー・ロビン 山科

      本日は京都市山科まで電車でビューンッ。 絵本セラピスト とりちゃん主催の 大人絵本を楽しもう「がんばっている私に」に参加してきたー 実はとりちゃんとは日曜日に大阪の 児童文学者協会の絵本講座 ~ 現役編集者による、絵本講座 ~  にて会っていました。 で、会場にて 「明日、行っていいですかー」 「OK」 とドタ参加が決定したのでした。ありがとうございました。 (日本児童文学者協会関西センターでの、鈴木出版㈱の波賀稔 編集長の講座についてもレポートしたかったのですけど、書き手として、いろいろと考える事もあったし、今、かなり腑抜けちゃってます。どーしても今回の講座、都合で行けなかったけど、こんな点、聞きたい、とか、こんな話はでましたか? というご質問があれば、個別におこたえしますので、おはなし会の折にでもおたずねください) さて、とりちゃん。 ブログ「えほんらへん」http://ameblo.jp/ehonrahen/  にはもっとべっぴんさんの画像があります。 こんな写真でごめんなさいっと。 がんばんなくていいんだよーっていう メッセージがつまった全7冊。 そうそう、ブログで通じていたメグリさん(絵本大好き元ナースの3人育児♪呼吸療法認定士&漢字検定準一級のお話) がご参加されていましたーっ めっちゃキュートなお姉さんでした。 とりちゃんインタビューも含め、この日のレポートがあるそうなんで、 ぜひぜひ、メグリさんのブログにもお立ち寄りくださいませ。 絵本はどれもこれもよかったけど、 うきょうのこの日一番はこれ。 ないた [ 中川ひろたか ]   これね、知らない絵本じゃなかったのね。 持ってるし だけどねえ、やっぱり、人に読んでもらうといいよねえ。 ああ、この場面から、この場面に変わるとき、 色がこーんな風に変わるんだー、 あー、あったかいなあ、ってじわーんとなりました。 一人で読むと、そういうの目で文字をおっちゃうから、 見落とすんだよねえ。 今日は、そういうのも改めて感じられて、 「おとなになったらなかなくなるんだろうか」 がグッときました。   とりちゃんはクールな印象ですけど、 アツくアツく絵本を伝えたい人です。 12月にもまだまだ、たくさんとりちゃんのおはなし会はあるので、 ぜひぜひ、ご参加くださいませー  うきょうの12月のおはなし会はこちら→★★★

      27
      6
      1
      テーマ:
  • 26 Nov
    • 木曜日の”おはなし会”

      おとなのためにおはなし会、 ご参加くださった方の楽しみ方リポートがありました。 う、うれしー。 あのね、うきょうのところおはなし会にきても、 何かの資格をとれるわけでもないし、 何か、特殊能力が開発されるわけでもないし、 お金が稼げるようになるわけでもないのね。 ただただ、楽しい。 明日も絵本を読むのがちょっと楽しくなるかもね、 くらいのおはなし会なの。 それをね、楽しんでいただけると、 本当に、本当にうきょうは幸せです。 ありがとうございました。   12月のおはなし会にもいらしてほしい。詳しくはこちら→★★★ 

      21
      テーマ:
  • 25 Nov
    • おとなのためにおはなし会 H28.11.24 part2

       昨日のおはなし会のおやつです。 今回も差し入れが多かったので、楽しいおやつタイムとなりました。 らんちゃん♪からの差し入れ、画像上段ざぼん漬け。 その奥、先月も大人気だったあめんぼ堂のかりんとう、 かめちゃんから先月とは味ちがいのかりんとう、美味しい うきょうからは、木の実のタルト。 先日ならってきたもの、早速作ってみました。 しかも、五芒星ならぬ、星型で。 お料理教室も陰陽五行講座も入れたものはすぐに出す その他、マミーさんからも北海道のおせんべい、 ふーちゃんからは画像下段のような、ハワイアンな瓦せんべい。 みなさま、ごちそうさまでした   さて、9月から始まった連続3回講座、 「絵本をおもしろがり隊、あつまれー」 も今月がラスト回となりました。 9月に昔ばなし4編の出版社違い、 10月に一つの昔ばなしにスポットをあて、読み比べてみました。 ここまではうきょうが選書し、 みなさまにこんな絵本もありますよーっていうスタイルでした。 今月、ラスト回は前2回をふまえ、 私はこんな昔ばなしがすきーっ、 こんなのもありますよーっていうものを みなさまに持ってきていただこう、という持ち寄り会です。 昨日の記事(→★★★)でも見ていただいたように、 ぜんっぜん、同じはなしがかぶらない。 ほんとに楽しかったです。  みなさまからのご感想 いろいろな昔ばなしが聞けて、参考になりました。1人1人の読み方がとても個性があり楽しかったです。 昔話の読み比べから、原形を辿り『宇治拾遺物語」も読み直そうか、と思うほど、深い勉強会になりました。今日も七人七様の読み方も個性があふれ、聞いて見て快い時間でした。 はじめての参加でしたが、楽しかったです。 (アンケート内ご了承を得たものを本文ママにて掲載しております)     うきょうからの感想 持ち寄り会ということで、岩手県から長崎県まで、 全国の昔話が集まりました。 それぞれの方言がちりばめられていて、 みなさんご出身地でもないのに、それらしーく読んで下さいました。 あのね、アナウンサーさんのされている絵本講座だと、 読み方講座みたいなもので正しい発音、 アクセントが求められるのだと思うのですが、 ここではそれぞれが読みやすいように読みました。 それでも楽しいし、画面の美しさ、ダイナミックさ、 オノマトペや言葉のリズムのよさを十分楽しめました。   また、舌切雀の元となった、「腰おれすずめ」もあり、 9月第1回との話につなげることもできました。 3回の繰り返しが続くことや、3兄弟の一番下の子がうまくやる話、 女の子がダメだよっていうことをしてしまう話など、 パターンだよねっていうものがいずれにも入っていました。 昔話って、昔の人たちが子どもたちに伝えたいな、 これからを生きる人に伝えたいなっていうエッセンスが つまったお話なんだと思います。   食べ物を粗末にしてはいけないよ、 仏様、神は見ているよ、尊ぶものだよ、 という教訓もありつつ、 人間は何度間違っても、失敗しても大丈夫。 安心して前に進みなさい、必ず成長はしているよ、 失敗を繰り返しても、あなたは多くの人に見守られているよ、 というあたたかいメッセージも感じられました。 効率的、能率的に早く成功、効果を期待される今の時代だからこそ、 こーんなに何度も失敗する っていうお話。 これからを生きる子どもたちや、 分刻みに時間に追われ、 スマホなどから大量にやってくる情報に 追い立てられるように生活をしているおとなにこそ、 こういうのんびりした昔話がいいのかもね、と思いました。  ご参加のみなさま、ありがとうございました。 それぞれの回にはじめての方がいらっしゃいましたが、 いずれもみなさまのあたたかい空気のおかげさまで、 楽しい時間となりました。 重ねてお礼申し上げます。     すでに、来年は海外の昔話してーってリクエストも入り、 なぜか絵本セラピー(R)よりも先に、 2017年秋のおもしろがり隊の予定が決まってしまうという……。 いや、絵本セラピー(R)もしますっ!! 12月は絵本セラピー(R)となります。 すでに受付開始中。 お気軽にご参加くださいね。  12月のおはなし会にもいらしてほしい。詳しくはこちら→★★★  

      16
      2
      テーマ:
  • 24 Nov
    • おとなのためにおはなし会 H28.11.24 part1

       さむいー 寒さに負けず、西宮にお集まりいただいた6名様。 ありがとうございました。 今日のおはなし会は昔ばなし。 「あれもある、これもある」 をテーマにみなさんに持ち寄っていただきました。 第1回、2回と5種類の昔ばなしを読み比べをしましたが、 これはすべて、うきょうの選書。 これもおもしろいよー、私はこっちも好きーっていう 昔ばなしをみなさんに持ってきていただきました。 6人集まっても、1冊も同じものがないよ 今日あつまったお話はこちら にぎりめしごろごろ [ 小林輝子 ]   ​向谷喜久恵 文松田啓 絵ひかりのくに株式会社 天人女房 [ 稲田和子 ]    うりこひめ [ 松谷みよ子 ]  清水達也 作村上幸一絵佼成出版社 腰おれすずめ [ 清水達也 ]  やまなしもぎ [ 平野直 ] ここまでがおはなし会内での絵本。 以下の絵本は、お昼ごはんを食べに行った折に、 待ち時間があったので、読んでみましたー、の絵本。 これは実はすでにブログに2回登場している、うきょうお気に入りの1冊です。 以前の記事はこちら→★★★小沢正 作但馬征三 絵 教育画劇 以上、7冊でした。 あー、楽しかった。 会場の様子などはまた明日  12月のおはなし会にもいらしてほしい。詳しくはこちら→★★★

      20
      1
      テーマ:
  • 22 Nov
    • ほうれんそうはないています

      鎌田 實 作長谷川義史 絵ポプラ社 今朝、起きたら警報でてました。 びっくりしましたよぉ そりゃね、揺れることも、津波も気になった。   なにより、福島沖、津波って聞いたら、 「原発、大丈夫???」 って心配になりました。 遠く離れた関西ですらそう思うのですから、 福島原発近くの方や、 避難指示解除地域にようやく戻った、戻る決意をしたって方は 本当に本当につらい思いをされたのではないか、と思います。   エネルギー問題ってさ、 今のままじゃダメなんじゃないのかなー、 なんて思いました。   まずは、みなさまが明日の休日を少しでもゆったりと過ごせますように。  11月のおはなし会いよいよ明後日。詳しくはこちら→★★★

      27
      テーマ:
  • 21 Nov
    • はじめての陰陽五行講座 at 心斎橋

      さて、今週末もまた勉強会に行っていました。 人のお話を聞くのは楽しいねえ 陰陽とか五行と聞くと、 占いとか呪術みたいなイメージが先に浮かぶかもしれません。 実際、うきょうがはじめてこういう陰陽とか五行とかの世界を知ったのは、 荒俣宏先生の帝都物語からだったからね。 結界とか呪詛とか、そういう言葉満載。  でも、陰陽五行の先っちょ、術として占いや呪術があるんで、 陰陽五行が占いそのもの、じゃないんです。 この世の見えている世界を表そうとすると、 陰陽五行の言葉で表せる、世界観、哲学の話なんですって。 その壮大な世界、哲学の話を わかりやすく、おもしろく、お話してくださったのが、写真の人。 御前会議直前のこやまとしのり先生です。  わかりにくいね。 今回の講座中の様子から。  老若男女、いろんな人がいろんな入口から 陰陽五行のお話を聞きたがっている。 九星気学が入り口の人、薬膳料理が入り口の人、 神道が入り口の人、みなさん、いろいろです。 いろいろなんですけど、そういうの、根っこがつながっているの。 陰陽五行の世界に。 ちなみにうきょうはやっぱり、絵本の入り口から。 昔話、伝承話ってね、むかーしむかしの日本人の世界観が残るから、 この陰陽五行で考えると、そういうことだったんだ、って いうものがあります。 よく言われるのが、「ももたろう」。 ほら、オニって、牛や虎のような姿をしていたり、 虎皮のものを身につけていたりしますね。 ウシトラ(艮)の方角、北東ですね。 北東は鬼門です。鬼門を封じるために、 西側(極楽があると言われる)にいる縁起のいい動物、 犬、サル、鳥をお供として連れていく、と解釈されるのだそうです。 他にもね、いろーんな昔話や伝承話、 五行や陰陽で昔話の世界をとらえるとなるほどーってなることがありそう、 と以前から思っていたのです。 こういう楽しみ方もおとなの絵本のおはなし会ならではかな、 と思います。   さて、新しい情報も仕入れたし、11月のおはなし会、 『絵本をおもしろがり隊』あつまれー!! で、おもしろがれるといいなあ。 11月のテーマは 「あれもある、これもある」 10月までに登場した昔話以外にも、 まだまだ、あれもあるし、これもあるよーっていうことで、 持ち寄りおはなし会。 みなさんが持ってきてくださった昔話の絵本、 「それって陰陽五行じゃん」 ってなるものがあるかなー。  11月のおはなし会にも寒くてもいらしてほしい。詳しくはこちら→★★★   

      23
      6
      テーマ:
  • 18 Nov
  • 17 Nov
    • すごいねじょうずだね

       大川久乃(文)ましま せつこ(絵)福音館書店 この絵本も9月に紹介されていたんですね。 すぐに図書館で探したんですけど、 人気絵本で、予約待ち。 ようやく読むことができました ええ、ええ。 うきょうはほめられて伸びるタイプですよ パチパチしておくれ。 すごいね、じょうずだねっていう褒め言葉が いっぱいの絵本だから、 声を出して読むと、 脳はだれってことは関係なくて、 いい言葉だけに反応して喜ぶらしいので、 とってもいいような気がします。  というわけで、 おはなし会でうきょうに会う時は 多いにほめてほしいです  うきょうの11月のおはなし会体調を整えて詳しくはこちら→★★★

      18
      テーマ:
  • 16 Nov
    • 木の実のタルトレッスン 〜秋の味覚満喫♪〜 つぶつぶお料理教室 at 高槻

      作ってきましたーっ。 おいしそうでしょ おいしいのよ ノンシュガー&雑穀スイーツ。 「木の実のタルト」  詳しくは、つぶつぶお料理レッスンの講師 あやこさんのブログからどぞ。 さて、うきょうはすでにこちらのお料理本も購入済みなんで、 自宅でレシピ見ながら、やってみた、作ってみた、 というのもいくつかあります。 でもね、う~ん、あやこさんちで試食させてもらったのとちょっとちがう、 とか、 なんとか形にはしたけど、えらい手間かかったわ、 とか、あるんですね。 そういう課題が1回のレッスンでズバンッと解決 タルトのレッスンなのに、 バンバン大盤振る舞いで他のスイーツへの質問も応えてくださいます。  メインレッスンのタルトは米あめを使っています。 えっ? アメ? じゃ、砂糖使ってるじゃんって思う方、 ちっちっち ちがうのよ。 うきょうも今日まで知らなかったけどね 今日いって、ビンの裏を見せてもらって気づいたってわけ。 レッスンに行くと、商品をとにかく買ってみなくても、 触れる、味わえる、嗅げる ってのがいいです。 (ほら、やっぱり値段が高いとか安いじゃなくって、 それを使い切れるか? とか 自分が扱えるか? とか 不安な部分があるから) 米飴って発酵食品なのね。糖質としてはいっしょだけど、 糖の形がちがうのね。 米飴といっても、米だけで作るんじゃなくって、 麦芽使ってました。   うきょうが学生のときは、乳児、幼児の便秘解消には、 麦芽糖、マルツエキス! が呪文のように言われていました。 つまりね、米飴って便秘解消につながるってわけ。 今回のタルトはさつまいも、豆乳、米飴、高きび、油、塩が材料なんで、 ナッツがまた噛めないお子さん乳児さんなら、 ナッツ部分をはずして米飴をちょっと塗れば、 すごくいいような気がします。 ナッツが食べれる年齢なら、ほんと、そのままで大丈夫。 離乳食移行期で、子どもが便秘気味になっちゃったんです、って 時々聞く悩みの一つなんですが、 麦芽糖、適量な油、食物繊維、 は便秘解消の要素に入るものなんですね。 これが全て入ってる。これはいいなあ。 あっちこっちで薦めたい!! さらに、ランチ付きレッスンなので、 こーんなお食事も食べられちゃいます。 白菜のあんかけ丼&とろろ昆布のおすまし 白菜のあんかけ、めっちゃおいしかった ほんとに白菜だけなの! なのにぜんっぜん、物足りない感じがない。 お出汁と油と塩味、絶妙な加減です。 さらに、デザート。  柿、みかん、レーズンの高きびのクランブル。 高きびもうきょうは初体験。 こういう初体験雑穀も気軽に試せるってのもいいです。 肉、魚などのタンパクはいっさいなし。もちろん、砂糖もなし。 お腹すかない? って思うでしょ? 空かない。 ぜんっぜん、空かない。 むしろ、パンパン。 しかも、お腹いっぱいなのに、 苦しくないし、気分悪くない。   あやこさん、やる気満々で、体験出張レッスンやってもいいな、 って言ってました。 西宮にご招待できる日も近いぞ! ってわけで、 えーっ、私も試したい! 試食してみたい! って方は ぜひぜひ、お声がけください。  その前に、11月のおはなし会にもいらしてほしい。詳しくはこちら→★★★   

      16
      4
      テーマ:
  • 15 Nov
    • ぱーおーぽのうた

      きくちちき 作・絵佼成出版社 古くて買えない絵本ばかりを紹介している木かげさん、 と思われないように! 今日は2016年9月に出版されたばかり、 ほやほやの絵本をご紹介!! うきょうのお気に入りの作家さんのお一人、 きくちちき先生の作品。 またもや、すごかった。 「ぱーおーぽのうた」というタイトルだけあって、 ほんとに歌えそうなくらい、リズムのいいテキスト。 オノマトペも気持ちいい。 主人公は一番最初に登場する子象さんなんだろうけど、 これは、アフリカゾウだね、きっと。 アフリカゾウとアジアゾウ、耳も違うけど、 爪もちがうのね。 でね、どこどこどっこん、しているとこで、 足元バッチリ描かれてるのね。 そこみると、アフリカのゾウさんたちかなーって思います。 いつもいつも、きくち先生の絵本って、 「生きてるエネルギー」とか、前へ前へ、明るいほうへあかるいほうへと すすむ力強さ、健全な成長する力みたいなものを感じるんだけど、 今回も、ゾウだけじゃなくって、いろんな動物たちと ニコニコ、どっこんどっこんやってるところで感じます。 そのうしろにね、 肉食の動物たちがチンマリ描かれているのもまたいい感じ キクチ先生、会ってみたいなー。 元気になる絵本として断然、オススメ。 なんなら、おはなし会、 ぜーんぶきくちちき先生でもいい  11月おはなし会のおしらせはこちら→★★★   

      16
      4
      テーマ:
  • 14 Nov
    • かえるののどあめやさん

      戸田和代 作よしおかひろこ 絵岩崎書店   おおかわみなさんは 絵本セラピスト協会ではめりちゃんって呼ばれているから、 うきょうはめりちゃんって呼ぶんだけど。 めりちゃんの紹介する絵本はかわいくて、 明るくて、 シンプルで。 それでいて、そういうことをさらっと本当の本当のリアル世界で暮らしてる人間だと、 なっかなか、それ言葉にしていわんよねって いうあったかいセンテンスがぽこって入っていて、 そこに気づくと、 ココロがね、 じわーっっと、 じわーっと ぬくくなるかんじなのよ。 この絵本もね、 職人気質のかえるさんがね、 手仕事でのどあめをつくるのよ。 ていねいに、ていねいに。 真剣に。 だけど、なーんか足りないんだって。 そこがどーして、どーなってくは読んでからのお楽しみ    かえるの主人公でね、 雨後の場面設定なんで、 本当は梅雨時の季節感のあるときに読むのもいいとは思いますが、 あえて、今。 そろそろ、インフルエンザ対策も気になる今の時期。 予防法の一つとして、のど飴をなめて粘膜保護、 唾液をうながし、殺菌作用を促したり、 口呼吸による感染を防ぐといった効果もあるらしいですよ うきょうは、まずは、予防接種の予約だな きょうは、めりちゃんのブログでのお別れの言葉を真似して。 ほな  うきょうの11月のおはなし会体調を整えて詳しくはこちら→★★★   

      17
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 12月のおとなのためにおはななし会 ご案内

      11月でいったん、今年の定例会は終了。 12月はクリスマスイベントとして、開催。 2017年の準備をそろそろはじめませんか?    絵:1本指のイラストレーター・ダイスケ(ダイスケさんについてはこちら→★★★)  日時:12月8日(木)10時〜13時 テーマ:「なにもないはなんにもない!   2017 私はウキウキ? しんみり?」 2017年をどう過ごす? 2107年、どうなろう? 2017年、どうしたい?  らんちゃん♪の数秘からの2017年のメッセージを受け取り、 うきょうの絵本セラピー(R)をつかって、じっくりと考えてみましょう。 2017年、よい時間を過ごすきっかけづくりになるといいな、 と思っています。   場所:サロンde愛(阪神西宮駅徒歩3分 くわしくはこちら→★★) 持ち物:筆記具、ファイル、スリッパ、 申込・問合せ:u.kyo.o11.ehongmail.com(マークを@マークに打ち替えて、お知らせください) 件名に「12月おはなし会について」といれ、本文欄に、お名前、電話番号、メールアドレス、迷惑メール設定を解除してお待ち下さい。3日以内にお返事を差し上げます。 フェイスブックにてつながっている方は、そちらからでもお承りします。 ご質問などはこちらもご覧ください→★★  参加費:-3.000(茶菓子代含む)        尚、1月以降の定例会リクエスト曜日があれば、 改めてご連絡くださいね。 今のところ、月曜日にしてー、という声と 火曜日がいいな、という声があがっています。 1月以降3月まで 単回の絵本セラピー(R)の手法をつかったおはなし会を 開催予定です。 そうそう。すでに来秋は、 また、読み比べ、深読み会のリクエストをいただいたので、 なぜか、後半の予定は決まっているという……。 来年度の予定は改めてご連絡しますが、 テーマや開催日など、どんどん、リクエストくださいませ。 その前に、11月のおはなし会にもいらしてほしい。詳しくはこちら→★★★ 

      19
      2
      テーマ:
  • 10 Nov
    • おやつがほーいどっさりほい

       送料無料/おやつがほーいどっさりほい/梅田俊作/梅田佳子1,296円楽天 千絵ちゃん(ブログはこちら→★★★)が以前、 紹介していた絵本。 おとななら、最初の方を読んでいくと、ああ、これは……、って オチがちょっぴり見えてるんだけど、 それでもやっぱり、はらぺこぎつねちゃんが健気で健気で。 みえちゃんからおやつをわけてほしいもんだから、 あんなこともこんなことも がんばれちゃう なのに、なのに! なのに!! あー、それなのに なのね。 きつねさんのかわいいがんばりぶりと、そのがっかりぶり、 ぜひぜひ見てみてほしい。 それから、それから、みえちゃんの得意満面な顔もね ほんとに、子どもたちって食べるお話、大好きだから。 それにね、最後の最後のエンディングもあー、よかった、って 安心して読めます。 子どもたちも、きっと自分たちのおなかにいっぱいおやつが入って、 まんぞく、まんぞくってなるはず。 秋だからね、 お腹も空いちゃうからね、 あちこち、 ずんずん、ずんずん、歩いて行きたくなるからね、 こんな絵本も楽しいと思います。    11月のおはなし会のおやつは何かしら?詳しくはこちら→★★★

      18
      2
      テーマ:
  • 09 Nov
    • ふうちゃんの絵本の会 at 御影

      寒い 急に冷え込みました。 首元にストールをグルグル巻きにして、お出かけ。 神戸市東灘区にあるキッチンルーム楽膳(詳しくはこちら→★★)にて 「ふうちゃんの絵本の会」に参加してきました。 ミニ絵本セラピー(R)もあり、 絵本の読みあい会あり、 薬膳ランチあり、で楽しかった。     ちなみに薬膳料理ってこんなの ジャン  紙コップ写り込んじゃってますが、 これは、うきょうが絵本セラピー(R)中に 飲みかけになってしまったお白湯。 きちんと陶器の湯呑みでよもぎと陳皮のお茶が出ました。 ・サーモン・しめじ・トマトのチーズ焼き ・空芯菜スプラウトと長芋、黒きくらげ、カレー風味炒め ・豆苗としめじの梅ひじき和え ・さつまいもとなつめのバター煮 がお写真の分。 これにごぼうと人参の炊き込みご飯、 ハトムギ、なめこ、わかめのみそ汁が付きます。 お味? いや、薬膳って聞くと、苦いのかしら? えぐ味がある? においがお薬っぽくない? って思うでしょ? ぜんっぜん。 ふつうにおいしいですよ。 確かに、お味噌汁などはクコの実、ナツメなどでお出汁をとるそうで、 カツオや昆布のお味噌汁とはちょっと風味がちがう。 ちがうけど、違う出汁ってだけで、 おいしいです。 ほんとに、ごくごく普通の材料に、 ちょっとした薬膳の知識をつかった組み合わせで、 ぐっと体調に響くのだそうです。   ん??  これって絵本セラピー(R)に似てない??   書店や図書館にある、 普通に子どもにお話して聞かせる ごくごく普通の絵本を、 絵本セラピー(R)の手法、知識をつかった組み合わせで、 グッとココロに響く。  なるほど。 ふーちゃんが、絵本セラピーをこちらの会場で続けるには、 わけがあるってことですね。 体もココロも、うれしくなるってことね。 次回は 12月14日(水) 10:30〜 だそうですよ。  うきょうの11月のおはなし会にも寒くてもいらしてほしい詳しくはこちら→★★★    

      17
      テーマ:
  • 08 Nov
    • ぼくたちのコンニャク先生

      星川ひろ子 写真/文小学館  これ、絵本講師で絵本セラピスト®のとんちゃんのブログで知りました。   脳性麻痺でハンディのある近藤さん、 保育園の先生として日常を過ごされています。 その近藤さんのコンニャク先生として過ごす日常が 写真絵本として出版されました。 っていっても、もう20年近く前の作品なのね 1996年初版だから。 20年間、うきょうはこの絵本を知らなかったんだけど、 今回、読んでよかったって思えた絵本ですよ。 同情とかじゃなくってね、 自然にごくごく普通に、 「だぁ〜いすき!」 って言えるっていいな、って思えます。 簡単に 「多様性があっていい」 「いろんな人が一緒にいてあたりまえ」 っていうけどね。   自分の中のふつうってほんとにふつう? 当たり前って当たり前?? そういうの、ぐらっとゆらぐかも。 ゆらぐけどね、 そのゆらぎに気づくとね、 きっと、ゆるがないものや、 ゆらいでもいい、振幅幅みたいなものを ちょびっと受け入れることができるのかも。  とんちゃんみたいに、大勢の前で読む本としてもいいけれど、 お家で読むのもいいと思いますよ。 とにかく、一度、まずは手にとっていただきたい1冊です。     11月おはなし会もいらしてね→★★★  

      21
      2
      テーマ:

プロフィール

うきょう

自己紹介:
絵本セラピスト(絵本セラピスト協会認定)、幼稚園教諭免許1種、日本児童文芸家協会研究会員

続きを見る >

読者になる

AD
「プレゼントしたいけど…」おとなにも、おこさまにも、絵本を贈るお手伝いします
coconala.comで選書サービスをはじめました。西宮のおはなし会は遠くていけないけど、うきょうとゆっくりとメールのやり取りをしながら、選書理由を聞いてみたい、プレゼント用の選書を一緒に考えたい、というかた、こちらからご連絡ください。→★★★


'

 


『絵本をおもしろがり隊』あつまれー!!​

12月8日(木)10:00〜13:00

場所:サロンde愛(阪神西宮駅より徒歩3分)

 

お問い合わせ、お申し込みに関して

本文にお名前、連絡先、メールアドレス、

タイトルに

「◯月◯日おはなし会、参加希望」

ご記入の上、お申込みくださいませ。

 

お問い合わせ先アドレス:

<u.kyo.o11.ehon★gmail.com>

(★マークを@マークに打ちかえて、

お知らせください)

ブログ、右横のメール送信ソフトでも上記アドレスに自動的に届きます。

 

 






AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。