作業療法。

今日から、むっちの作業療法(ot)が始まりました。担当の先生は、若い女性のかたで、a先生という方です。


初回なので、ビー玉転がし、シール遊び、塗り絵、ボタンはめ、はさみ、パズル等いろんな遊びをしました。


最後の15分間、作業療法士の先生とこれからの予定と、むっちの様子をはなしてもらいました。


それによると、むっちはすべての道具を使う元になる、手をかえす運動がまだできていない。

無理のないように、手をひらひらさせるようにバイバイしたりするのがよい。

はさみを使うときは、手首に自分の手を添えて、むっちの親指を上になるように持たせるとよい等、役に立つアドバイスを聞くことができましたきらきら


初日だったので、どんな様子か分からなくて緊張しましたが、とっても感じのよい先生で安心しました。


ただ、やっぱりむっちの次の場面への気持ちの切り替えが下手なこと・こだわりのことを指摘されました。

今回の先生は、批判するのではなく、心理士の先生といっしょに、作業療法時にもうまくこだわりへの対処ができるようにしていきましょう、と言ってくれたので、とっても救われました。


来月から月2回の通所となるけれど、今日担当してくれた先生となら、一緒に頑張れるように思いました。


もちろん、むっちもいろんな遊びができてごきげんきらきら!!でした。帰りの車の中で、珍しく

「また来ようねーテヘッ

を言ってましたニヒ

AD

ブログねた1.

テーマ:
ブログネタ:ひまわりと朝顔とハイビスカス、どれが夏っぽい? 参加中

ひまわりと、朝顔と、ハイビスカスのどれが夏っぽいかあ・・・。

みんな、夏の花だけど、しいて言うなら

「ひまわり」

かなあ・・・。

あの、太陽にむかってまっすぐにのびていく黄色い花びらと、茶色のがく。
青空と、入道雲と、黄色いひまわりって、夏ならではの風景だと思いますきらきら!!


AD

未熟な母親。

最近、勤務続きで、ブログの更新が遅れてしまいました。


今朝、せっかくの休みだというのに、むっちをひどく怒ってしまった・・・はー


じぶんで、トイレにいけるのに、いつまでもぐずぐずしていて行かなかったので、ついにはむっちの手をひっぱってトイレに連れて行きました。


便座にすわっているあいだ、つい、「何でこんなことが普通にできないの?産まなきゃよかった・・・」

って、言ってしまいました。


むっちは心なしか、悲しそうな顔をしていたように思います。


やっと車にのせて、保育園に送る間、私も気持ちが落ち着いたのか、いつもどおりにむっちの顔が見れるようになりました。


なんで、あんなことを言ってしまったのか・・・。


自分でも、疲れたり、あせったりしてると、ひどいことを口に出してしまうのが気になってるけれど、なかなかなおせなくて・・・涙


ごめんね、むっち。未熟な母を許して・・・。


ブログに遊びに来てくださるみなさんは、ひどいことを言ったりすることってありますか?そういうときは、どうしていますか?

ぜひ、教えてください。

AD