また最近、ノーラ・ロバーツの本を読んでいます。

今読んでいるのは、ハーレクインのではなくて、扶桑社ロマンスの「母なる大地に抱かれて」です。


この本は、魔女の島トリロジーのシリーズ2作目です。

男勝りのりぷリーと、知的かつたくましいからだをもつ科学者のマックとのロマンスがすてきな1冊で、

ただいま読書中です(=⌒▽⌒=)

1作目の「新緑の風に誘われて」も、すてきなロマンスと魔女の島のエピソードや事件・・と読者をあきさせませんでした。


なので、ノーラ・ロバーツの別の小説をまたまたオークションでゲットしてしまいました。

その本についてはまた後日、更新していきます。


ノーラ ロバーツ, Nora Roberts, 清水 寛子
新緑の風に誘われて―魔女の島トリロジー〈1〉
ノーラ・ロバーツ
母なる大地に抱かれて 魔女の島トリロジー第2弾
ノーラ・ロバーツ
情熱の炎に包まれて 魔女の島トリロジー〈3〉扶桑社ロマンス

AD

温泉。

最近、お姑さんに近所の温泉施設に連れて行ってもらって以来、温泉にはまっています(^∇^)


主に、仕事が午後からの日や休みの日に行っています。

一週間に一回は行ってるかな?

旦那からは、

「ばばくさいな・・・。」

といわれていますがプンプン    仕事で疲れた身体を癒してくれるから、いいんだい!

特に、腰痛もちの私にとって、温かいお湯で腰を温めてマッサージしてくれる温泉は何よりの治療なのです・・・。


先週は、2回もいきました(≡^∇^≡)   きっと、従業員の人たちに顔をおぼえられてるだろうな~

〇まなみの湯とか、み○まの湯とか、みんな近くの温泉にしかいってないですが(;^_^A

ちょっとしたお休み気分を味わうには、おてごろな場所です温泉


今週は、どこにいこうかな~。

AD

天気のせい・・?

テーマ:

訪問入浴の仕事をはじめて1ヶ月弱がたちました。 なんとか慣れてきました。


が。

最近になって、利用者さんの数が少し減ってきたかな?

いつもいっている方は、熱がでてしまい、先週は2回ともお休みでした。

もう一人の方は、入院先の病院で亡くなってしまいました。


二人目の方は、末期の症状でケアマネからは、いつなにかあってもおかしくないといわれていたので、

覚悟はしていましたが・・・。


とても正直でお風呂好きな方だったので、先月から訪問したときにはご自分で

「ほんとはふろにはいりたいんだけど、身体がえらいから、拭くだけしてもらえませんか」

とおっしゃっていました。

実は、昨年の7月くらいに1回だけ、この方のところに前の看護師さんのかわりにきて、入浴にたちあって

いたのです。 そのときのことをおぼえていたから、申し訳なさそうに断る利用者さんを見ていると、ほんとうに身体がえらいんだな・・・、となんだかせつない気持ちになったものでした。

入浴後に、

「きもちよかったよ~、お風呂がすきでね」

と、いい笑顔をみせてくださっていたのを覚えています。


なので、せめて1回だけでもお風呂にいれることができていたら・・・。と、今でもおもいます。


このような仕事をしていると、どうしても「死」と隣り合わせということを実感します。

だからこそ、1回ごとの入浴時間を利用者さんにとって充実したものにしないといけないんだ、と亡くなった

利用者さんにおしえていただいたような気がします。

まだまだ未熟な自分を感じて、ジレンマを感じますが・・・。

それでも、前にすすまなくては何も始まらないので、前進あるのみ!でしょうかねぶーぶー

AD

入学式。

四月になり、真ん中の子カバの入学式がありました。(ちょっと更新が遅れましたが;;)


仲のよい子と同じクラスになり、本人も親もほっとしました。

机に入れる文房具やら、教室に置いておく体操着や置き傘やらをでっかい袋に

いれて、教室につれていく・・・まではよかったのですが。


「〇〇くん、席がちがうよ」

と先生に注意され、急いでいれたものをだして正しい机へ。

親の私も気づかなかったとは・・・σ(^_^;)

先行き大丈夫ガーン


子カバを教室に残し、式場の体育館に移動しました。

式は10分遅れで始まり、なが~い来賓の挨拶のあと、新入生の挨拶・校歌斉唱と続きました。

新入生一人一人の名前を呼ばれたとき、子カバはだいじょうぶかな?とやきもきしましたが、

ちゃんと返事もできました。


あれよあれよというまに、入学式も終わり教室へ。

担任の先生が、一番上のお姉ちゃん子カバの時の学年主任の先生だったのでちょっと安心しましたニコニコ


帰り道、満開の桜を見ながら、なんとかいい小学校生活がおくれるといいね、なんて思いました。