SHOGATU 2011 ~小姑の自慢~

テーマ:
皆様、お元気ですかー??

年2回更新となりつつある、この小姑劇場。

更新少ないのは元気な便り

ってことで。


さて、今年も嫁のオツトメが終わりましたのよ。

今年も20人ほど来訪されました。

小姑の人間観察をしておりますが、

やっぱり、面倒な人だよね。


例えていうなれば、

ピンと張ったまっすぐな糸を、自ら、そこに糸を巻きつけて、ごちゃごちゃごちゃと、絡ませて怒る人。

って感じです。

でも、そんな人 よくこの親族はあんなに相続で揉めたのに、縁も切らずに何もなかったように話してるよね。
皆、お人よしだわ。
・・・・・・・ワタシもね。



さてこのところ、あまり友達のいない小姑の動向は、


とにかく子供の勉強自慢です。


よくいるよね。こういう人。

子供の自慢話しかしない人。

だから、友達がいないのかな。


なんでも、大学受験を迎える甥1が、とても優秀だそうで、中学受験して入った中高一貫校の中でも1桁台の順位にいるそうで、A判定の国立大学を受験するんだそうな。

高卒の小姑夫婦には自慢の息子だろうけど、まだ合格してないのにあたかも合格したように、
あまりに自慢しすぎやしませんか?
って、思ったのは私だけではないはず。
なかなか自慢話って、できるもんじゃないけど、すればするほど、あわれに見えてくるんだけどね。


そんな時の、ワタシはただただ笑って「すごいねー」と受け流しております。
で、心の中で「それしか話はないんかいっ!」って突っ込んでます。



ま、甥1にはがんばって欲しいけど、これで合格したら、小姑のイキオイはとまりませんな。こりゃ。

ただ、甥1くん。
自分が国立大学A判定だからって、
高卒の父親をいつも皆の前で、「大学行ってないくせに。」とか、大バカにするのも
人間としてどうかな?
あなたを私立高校に行かせるために一生懸命働いている父親なんだから。
いくら、勉強ができたって感謝の心を持たない人間は、決していい大人になれると思いませんけど。

って。父親をバカにするのって、小姑がそういう子育てをしている証拠だね。



おばちゃんは、君がどんな大人になるのか、少し楽しみです。
AD
お盆2010 ~part2~

一部の方には好評の(ほんと?)

毎年恒例の 

まりめっこの小姑ファッションチェックッ!!!!
グッド!


先に言っておきますが、小姑は40代でございます。

毎回、ファッションセンスを疑う小姑ファッションではありますが、


2008年は

黒いボンレスハムのような服に、ふろしきのようなスカート。アミアミの足首までの黒い靴下

でした。

この時は、兄であるダンナも
「あいつは、頭のおかしい格好をする・・・・」と言っていたものです。


2009年は

ハムの色のようなピンクの服に、蚊帳のようなレースのついたピンクベースのスカート。


でした。



そして、今年2010年は

真っ白のワンピースにピンクのカーデをはおっていらっしゃいました。
髪型は、2つに結んだ三つ編みにその先にはドピンクのハイビスカスのシュシュ。


2つに結んで三つ編み・・・・・。
中学生の女子にいるなぁ。こんな髪型。
でもって、ドピンクのハイビスカスのシュシュが・・・・・。

心は子どもだから、ファッションもそうなっちゃうのかなー。
ぬいぐるみも手放せないみたいだし。

理解不能。


あ、それともあれ?

ポニーテルとシュシュ ??
 
ポニーテールとシュシュ (<Type-A&gt.../AKB48
¥1,200
iTunes

※モバイル非対応


ではなくって、グー

三つ編みとシュシュ?


もしや TSM48に入る気では?
TSM48とは? >> http://blog.livedoor.jp/funs/archives/51866648.html




それなら納得です。
AD

姑が体調不良

テーマ:
久しぶりの更新にも関わらず、見てくださってどうもありがとうございます。

「ペタ」で見る常連さん。初めてさん。
本当にありがとうございます。


さてさて、お盆2010 ~part2~ の前に、、、、


閑話休題。




お盆直前のある日、
突然体調を崩してしまった

朝早く鳴る電話に、数年前の相続のゴタゴタから
トラウマになっているワタシは、恐る恐る電話に出ると、
(だいたい、朝鳴る電話はいい話じゃなかったしさ。)
弱弱しい声の

昨夜、急に体調を崩し、嘔吐をしたとかで病院に連れて行って欲しいとの電話。

持病を抱えるゆえ、すぐ連れて行き、結局のところ、原因はわからず
昼には体調もよくなったということで、帰宅。

その日のことを、
が体調不良になったこと。病院に連れて行ったこと。)
帰宅したダンナに報告。

ダンナの反応は、特にワタシを病院に連れて行ったことに
お礼を言うこともなく。
(別にいらないけどね、一言心遣いがあるだけで夫婦って
違うものよ~。)

普段、親思いではあるがマザコンでもないダンナに、
「ちゃんと、お義母さんに体調どうか、聞きに顔を出したらどう?どんなに、嫁が気遣ったって子どもの顔を見るのが嬉しいんだから
と、イヤミちっくに言ったのだが、
結局、ダンナがに体調について声をかけたのが、

2日後。

数日後、お盆で会った小姑からも特になく。
(嫁が連れて行くのは当たり前と思ってるから言わないだろうし、別にいらんが。)



あぁ、こうやって
「姑が弱くなったら嫁が見るのが当たり前」って言う、実子の無関心が始まるんだなー。


と思ったのでありました。
AD