家系図をつくるうえで、外すことができないもの。
 それが「戸籍」です。


 ただ、ひと口に「戸籍」と言っても、さまざまな種類があります。

 今回は、そんな「戸籍」の種類を一覧にまとめてみました。


・戸籍謄本(こせきとうほん)
 戸籍に記載されている情報のすべてをコピーしたもの、それが戸籍謄本です。


・戸籍抄本(こせきしょうほん)
 戸籍に記載されている情報の指定した一部分だけをコピーしたもの、それが戸籍抄本です。
 たとえるなら、戸籍謄本がマンション全体で、戸籍抄本はそのなかの一室、ということになります。


 ほかに、「戸籍」は内容の改正がおこなわれた年代ごとに、その種類が異なっています。


・平成6年コンピュータ戸籍
 戸籍をコンピュータで管理するようになり、現在もこの方法が用いられています。
 戸籍の原本をコピーしたものではなく、専用のフォームに印字されたものです。戸籍謄本と内容は同じですが、全部事項証明書と呼ばれています。


・昭和23年式戸籍
 このときの大きな改正点は、戸籍の登録単位です。
 それまでは、「家」でしたが、このときから「夫婦」になりました。また「戸主」がなくなり、かわりに「戸籍筆頭者」となりました。


・明治31年式戸籍
 この年の制度改正により、戸籍の登録単位が「親族」から「家」になりました。


・明治19年式戸籍
 現在取得できる、もっとも古い戸籍です。


 ほかにも、大正4年式戸籍というものがありますが、複雑だったためにすぐになくなったようです。


 また、壬申戸籍(じんしんこせき)というものもあります。
 これは近代化にともなって、全国的に統一されたはじめての戸籍です。ただし、当時の時代背景が色濃く、差別的な内容も含まれているため、現在では閲覧が禁止されています。


 わたしもみずからの家系を戸籍でたどりました。


 平成6年コンピュータ戸籍では、まだご先祖の息づかいを感じることはできませんでしたが、さらにさかのぼり、明治31年式戸籍のコピーを手にしたとき、たしかにご先祖の息づかいを感じることができた気がしました。


 家系図をつくるさい、ぜひ戸籍そのものも味わってみてください。


家系図を作ろう!/エイ出版社
¥596
Amazon.co.jp

AD

家系図の基礎知識

テーマ:

 あなたの祖父母の父は、何と呼べばいいのでしょう。
 あなたの孫の孫は、何と呼べばいいのでしょう。


 家系図をつくっていくと、いままでに聞いたこともないような関係がたくさん出てきます。


 ちなみに、あなたよりも上の世代の人たちを「尊属(そんぞく)」。あなたよりも下の世代の人たちを「卑属(ひぞく)」と呼んでいます。


 今回は主立ったものをご紹介します。


 まずは、尊属からです。


・一代尊属 父、母(ちち、はは)
・二代尊属 祖父、祖母(そふ、そぼ)
・三代尊属 曾祖父、曾祖母(そうそふ、そうそぼ)
・四代尊属 高祖父、高祖母(こうそふ、こうそぼ)


 当然ですが、さかのぼっていけばいくほど、人数は増えていきます。


 つぎは、卑属ですね。


・一代卑属 息子、娘(むすこ、むすめ)または婿、嫁(むこ、よめ)
・二代卑属 孫(まご)
・三代卑属 曾孫(ひまご)
・四代卑属 玄孫(やしゃご)
・五代卑属 来孫(らいそん)
・六代卑属 昆孫(こんそん)
・七代卑属 仍孫(じょうそん)
・八代卑属 雲孫(うんそん)


 気が遠くなるような世代間ですね。


「三つ子の魂百まで」とことわざにもあるように、およそ100年間で3世代と言われています。


 祖父母よりもさらに前、曾祖父母のことを書き入れることができたなら、その家系図はすでに100年を越える歴史あるもの、ということになるのです。



先祖を千年、遡る (幻冬舎新書)/幻冬舎
¥819
Amazon.co.jp

AD

 業者に頼らず、自分で家系図をつくろうと思ったら、戸籍謄本、除籍謄本の取得は必須です。


 戸籍謄本、除籍謄本をするためには、本籍地のある市役所や区役所に行かなければなりません。


 現住所と本籍地が同じであればいいのですが、なかには本籍地が遠い方もいらっしゃると思います。


 たとえば、僕の場合。
 本籍地は大阪府内ですが、ルーツをたどっていくと、祖父の本籍地が岡山県になっていました。


 除籍謄本を取得するためには、わざわざ岡山県まで行かなければなりません。


 大阪と岡山なら、まだ近いほうです。

 もっと離れていたら、お金も時間もたくさんかかってしまいます。


 どうすればいいのでしょうか。


 じつは戸籍謄本、除籍謄本は、郵送で取り寄せることができます。


 必要なものは、5つ。


・戸籍交付申請書
 役場のホームページからダウンロードすることができます。


・本人確認書類
 免許証などのコピーですね。


・定額小為替証書
 郵便局で購入できます。手数料がかかりますが、3000円分ぐらい送ればいいでしょう。もし多かったら、ちゃんと返送してくれます。


・今まで取得した戸籍謄本、除籍謄本
 あなたと戸籍内の人物の関係を示すものです。


・返信用封筒
 切手の貼りつけを忘れずに。


 もしわからないことがあれば、直接役場に問い合わせてみてください。

なぜいま家系図を作るべきなのか?/エイ出版社
¥1,365
Amazon.co.jp

AD