小島武司先生を囲む会

小島武司先生に関する情報や中央大学小島ゼミOBに関する情報をお届けしていきます。


テーマ:
タクシー業界は、2002年の規制緩和以降、新規参入が相次ぎ、著しく競争が激化した。
 
従来、タクシー業界では、乗務員の賃金は歩合制が多く、経営側としては、1台当たりの収入が減っても、台数を増やせばある程度の増収が図れるというビジネスモデルが構築されていた。
 
ところが、2002年の規制緩和で車両台数の増加が容易になり、各社車両台数を増やす傾向が顕著になったことも相まって、各社で人材不足が深刻化していった。
 
このような業界において、人材募集の広告を出していないにもかかわらず、入社を希望してくる者が後を絶たないタクシー会社がある。「ハロー・トーキョー」である。

 
HelloTokyo1
   HelloTokyo2
 
 
「ハロー・トーキョー」は、大手タクシー会社の乗務員が集まり、「タクシーは運送業ではなく、サービス業。サービスを徹底したタクシー会社を作りたい」と考え、「すべては、お客様のために」を企業理念に立ち上げた会社である。2003年5月営業開始当初10台だった保有車両は、5年を過ぎた2008年10月現在150台に、乗務員も320人にまで増加した。
 
黒塗り高級車の使用、カーナビゲーションシステムの全車搭載、オゾン脱臭装置や携帯電話充電器の設置など、充実した車内サービスに加えて、乗務員の接客態度のよさが評判となり、その後も、他社に先駆けて新たなサービスコンセプトを生み出すことで、タクシー業界の常識を覆す、業界の風雲児的存在として注目されている。
 
 
■詳細は、日経ビジネス(NB-Online)にてご確認下さい。
 
AD
いいね!(0)  |  コメント(21)  |  リブログ(0)

テーマ:
元参院議長で埼玉県知事を努めた土屋義彦さんが10月5日午前0時30分、多臓器不全のため埼玉県春日部市の自宅で死去した。82歳(1926年5月31日生)。東京都出身。自宅は春日部市8丁目325。葬儀告別式は近親者のみで行う。喪主は妻栞(しおり)さん。次女:土屋品子氏は自民党衆院議員。
  
 
土屋義彦
 
経歴
 
中央大学(商学部)を卒業後、埼玉県議を経て1965年に参院議員に初当選し、5回連続当選。第2次大平内閣で環境庁長官を努めたほか、参院自民党幹事長等を歴任し、1988年9月から1991年10月まで参院議長を務めた。1992年の埼玉県知事選で、自民党本部などによる「土屋降ろし」をはねのけ当選(以降3期)、「三権の長」から異例の転身が話題となった。サッカー専用では国内最大の埼玉スタジアムを建設し、2002年サッカー・ワールドカップ(W杯)の開催地誘致等に尽力、さいたま新都心整備やダイオキシン対策などに取り組んだ。1996年から2003年まで全国知事会長。1999年に勲一等旭日桐花大綬章を受章。2003年7月、土屋氏の資金管理団体の献金隠し事件で長女が東京地検に逮捕され、引責辞職した。
 

語録
 
「参院が衆院のカーボンコピーであってはならない。参院の権威を高めるため一生懸命がんばりたい」(1988年9月30日、第17代参院議長に就任して)
「皆さんの物や金で代えられない支持のおかげ。明るいふるさと・埼玉づくりのために最後のご奉仕を致します」(1992年6月21日、知事選に初当選後の挨拶で)
「知事を辞めたときでも良いのではないかと思った。これからが私の政治家としての出発ですから」(1999年4月29日、勲一等旭日桐花大綬章を受章して) 
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

小倉宏樹1


小倉宏樹(おぐら ひろき) よみたん自然学校代表
 
沖縄県読谷村。沖縄本島中部の西海岸に突き出た半島にある読谷村(よみたんそん)で、小倉宏樹はよみたん自然学校を運営している。学校のメインの活動は3歳から5歳までの「幼児の学校」。しかし、よみたん自然学校には一般的な幼稚園のようなカリキュラムはない。今日やることは子どもたちが自分自身で決め、小倉はそれを見守りほんのちょっと手助けするだけだ。この学校には「ルール」も最低限のものしかない。大人側から、こうしなさいと言うのではなく子どもたち同士でルールを作り上げていく。「こどもたちがイキイキと過ごしてくれてたらそれでいい」…子どもたちと真剣に向き合う姿が特集された。
 
 
 

MBS情熱大陸

 

1972年兵庫県神戸市生まれ、灘中・灘高校時代は水泳部に所属。東京大学(法学部)在学中に日本テレビ『スクスクスクール』のキャンプカウンセラーがきっかけで野外教育に関心を持ったらしい。少年時代のボーイスカウトも少なからず影響があったのではないか。
 
丸紅に入社後も休みに環境教育の活動を行い、30歳を目前にあっさりと自分のキャリアを捨て、1999年6月に退職、2000年3月に沖縄へ移住して、琉球インフォメーションセンター(現・NPO法人インフォメーションセンター)でエコツーリズムやキャンプ、ワークショップなどを行うほか、NPO法人のマネジメントや総務経理業務も行いました。2004年1月に独立して「よみたん自然学校」を開校。
 
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

福田総理(辞任会見)

 

■福田首相が、『あなたとは違うんです』 辞任会見で

  YouTube 投稿

  

発言は、『総理の会見は人ごとのように感じるという国民が多かった』という記者の質問に対し、福田首相が、『人ごとのようにとあなたはおっしゃったが、私は自分自身は客観的に見ることができるんです。あなたとは違うんです』と答えたというもの。
 

これからも頑張ってください。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

桐蔭横浜大学は、法学部、工学部、医用工学部、各大学院および法科大学院を擁しており、さらに2008年度よりスポーツ健康政策学部を発足させ、総合大学としての地歩を着実に築いてきております。桐蔭学園の中で、初等、中等教育と並び立つ第二の柱として、本学は、学生の成熟力重視という独自の校風を有し、地域社会に着実な基盤を持ち、世界に通用する有数の大学として、高い志を持って21世紀の社会的要請を見据え、その中で特化した目標に焦点を合わせた個性溢れた魅力的な、質的に高品位の高等教育を展開しています。

アメリカやドイツの諸大学、中国、インドの諸大学との協定および国内や海外企業との連携協力という枠組みの中で、本学を核にグローバル・トライアングルを形成し、アカデミック・デルタともいうべき姿において、教職員一体の態勢で、企業社会と学界とのコラボレーションのもと、自由で創造的な頭を持ち、心温かく活力ある若者(クールヘッド、ウォームハートの持ち主)を社会に送り出したいと念願しています。

法学部は、憲法・民法・刑法など基本七法を中心に基本を押さえた理論と判例の大局・大筋の理解を進め、法全般にわたるその社会的機能や思想的背景などの実証的かつ政策的な把握に努め、法科大学院進学による法曹、企業法務部などの専門職、司法書士などの隣接法律職などの資格・能力の取得に特化したプログラムを用意し、また、アメリカ法を対象とする英語によるロースクール型授業を体験しながら留学のための基礎実力を鍛え上げるバイリーガルスクールを創設し、高度のキャリアプランを着々と拡充しています。

医用工学部および工学部は、少人数教育による面倒見の良い学部教育と共に、大学院の拡充によって研究と教育の一体化をさらに推進し、教員個々人と個別研究分野に特化して「大学院との連続体としての学部」というコンセプトに基づいて教育の飛躍的な質的向上に取り組んでいます。

スポーツ健康政策学部は、文化スポーツという学びの体系を構築し、スポーツ関係の指導者、自治体の政策立案者、初等・中等教育の教員を養成するため、体験とサービスを核にした、新しい教育スキームを開発し、理工系の理論もミックスして、スポーツ界の新潮流の一つを生み出すため懸命の努力を始めています。

法科大学院は、社会人に焦点を合わせた未修3年制という難易度の高い目標をたて、練達の実務家と気鋭の研究者のチームによる双方向・多方向の対話型授業を徹底して実践し目覚しい成果を挙げ、内外の注目を集めています。

 
私たちは、学生たちが強い知的好奇心、社会的公正への志、平凡なことも非凡に追求する探究心を持って今日の社会に欠けているものを満たしてくれるものと信じ、教育実践に打ち込んでいます。
 

http://www.cc.toin.ac.jp/univ/japanese/00_info/info_message.html

 

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 皆様、これからも、よろしくお願いします。
 

 ■横浜桐蔭大学HP

  http://www.cc.toin.ac.jp/UNIV/japanese/

 

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

メイン会合は、数年来の大盛況でした。

100名ぐらいは集まったんじゃないでしょうか。

記念写真は、HPで確認して下さい。

 

http://www.kojimaz.com/

 

2次会は、Esquire CLUB 銀座店でしたね。

また、来年、同じ頃に集まりましょう。

 

幹事一同より。



いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。