ブログについて

テーマ:
こんにちわ。
土曜日にアジングで大島を案内してもらいました。
大島はあまり知らないので、楽しみにしていましたが…。
夕方明るいうちから回ってみると、場所がよく分かります。
しかし、夜になってから見ると常夜灯がついていない堤防が沢山。
これだけ釣りをするなと言わんばかりの場所が多いとは初めて知りました。
更には柵までしてる堤防も沢山。
これを見て私は完全に萎えました。
早々と23時頃には諦めてしまいました…。
正直、これだけあるともう釣り場は無くなるのでは?と…。
このまま釣りに投資して意味はあるのか?と…。
とりあえず、釣りは行きます。
ですが、場所は公開してはいませんが場所を悟られたりしても困るので、ブログの更新を止めたいと思います。
これ以上の場荒れは、本当に危険だからです。
上関区域でも、常夜灯をフルで消す場所も出始めました。
このブログを見て下さっている方々がどの程度いるかは知りませんが、ご了承下さい。
また、今一度気を引き締めて釣りをなさって下さい。




Android携帯からの投稿
AD

昼の話続編

テーマ:
こんばんは。
昼間の話の続きを書いてみます。
じゃぁ一体どんなロッドがいいんだ、という話です。
ティップは繊細で、ある程度食わせの要素を持たしたティップ。
ベリーはフッキングしやすく結構張りを持たせる。
そしてかけてからはしっかりロッド全体で魚を受け止め、魚を暴れさせず、アングラーに不安を持たせないベンディング。
ただ、感度に関しては昼に言ったように、パッツンロッドよりは劣るでしょう。
反響感度は負けても、繊細さ故にとれるアタリもあるわけです。
感度のバランスですね。
これに近いロッドは最近手にしましたが、まだ使いこなせてはいません。
ただ、凄い面白いロッドです。
私はモニターですから、ロッドは作れません。
ただ、意見は言えます。
そんなロッドが出せるように、モニターとして頑張ろうと思いだしました。
これが私が最近思った道です。



Android携帯からの投稿
AD

目指すべき道

テーマ:
こんにちわ。
今まで私はアジング、メバリングで色んなロッドを使ってきました。
理由は多々ありますが、大体何かが足りない。
それが何なのか?
それが最近やっと分かってきました。
私はアジもメバルも基本フォールで釣ります。
しかも大体フィネスです。
私のホームは足元がメインの場所が多いからです。
よって今からの話はフィネスロッドについてになります。
フィネスは人によってまちまちですが、私は0.25㌘~2㌘になります。
勿論ジグヘッド単体になります。
1㌘以上ならよいのですが、それより下になるといきなりリグの重みをかんじにくくなります。
よってその重さが分かる繊細なティップが必要になります。
あまりにパッツンパッツンしていると分かりにくいわけです。
ただ、張が弱くなると感度も低下します。
ここが相反する所。
しかも、メバルであるような凭れるようなアタリ。
最近プレッシャーからからアジでもそのアタリが増えてます。
しかしこれが、パッツンパッツンだとテンションがかかるとすぐ吐き出してきます。
ある程度食わせの余裕がティップには必要になるわけです。
反響感度だけでは全てのアタリは取れないと言うこと。
これで、ある程度の感度があればバランスが良いわけです。
しかもメバルのよくある反転食いにも対応できます。
釣りかたがあまり変わらないわけですから、ロッドを専用化する必要もないわけです。
そんな色んなバランスの取れたロッドが私は最強かと最近思いました。



Android携帯からの投稿
AD