校正の仕事

小祝ママです。今回は、記事作成には付き物の校正のお仕事について書いていきたいと思います。

校正とは、記事がしっかりとマニュアル通りに書かれているかをチェックする作業になります。

基本的には、クラウドソーシングで書いた記事を提出し、記事依頼をしてきた側が校正をして書き直して欲しいところを指示してくれて、また書き直すといった流れです。なので、この仕事をする立場では校正は関係ないことだと思われがちです。

しかし、急な案件や大量の記事が必要な案件になると、その企業側から構成の仕事を頼まれることがあるんです。複数の人で記事を書いている場合、校正ができる人を集い、その中から自分以外が書いた記事をチェックします。校正の仕事をすると、他の人がどのような記事を作成しているのかを知ることができるので、とても勉強になります。さらには、その記事をその後に書く場合、新たな知識を入れることができているので、今まで以上に書きやすくなります。

自分だけで校正をして記事が出来上がってしまうのは不安ですが、そこは数回の校正の段階を設けてくれているので、もしチェックが漏れてしまった場合でも大丈夫なようにしてくれています。

ですので、記事を書く仕事をもらったところが校正を募集している時には、できるだけ参加するように心がけています。通常の記事を書くよりかは収入は減りますが、ギャラも当然頂くことができます。

複数の人たちと同じ記事を作成していると思うと、一緒に仕事をしているという気持ちになれます。当然、校正でのやり取りも行うので、もっと自分もがんばらなくてはという気持ちにもさせてくれます。

クラウドソーシングは孤独な作業のイメージですが、たくさんの人とやり取りをすることができることもあります。こういう場を大切にしていきたいです。

 

 

(私の収入)

2015年6月 1.250円
2015年7月 3.200円
2015年8月 2.550円
2015年9月 1.730円
2015年10月 2.270円
2015年11月 2.680円(WEBライティング技能検定の資格取得)
2015年12月 12.500円
2016年1月 23.800円
2016年2月 18.600円
2016年3月 37.800円
2016年4月 44.200円
2016年5月 48.400円
2016年6月 51.200円(目標の5万円突破)
2016年7月 53.800円
2016年8月 50.500円
2016年9月 59.648円
2016年10月 39.750円
2016年11月 51.200円
2016年12月 30.560円
2017年01月282.000円(まさかの28万円台)
 

 

 

 

AD

コメント(1)