三重県の社労士&行政書士・小岩広宣のブログ(四日市・鈴鹿市・津市)

三重県の社会保険労務士法人&行政書士事務所ナデック(四日市・鈴鹿市・津市)代表・小岩広宣の公式ブログ。最新の労務&行政実務に精通した社労士&行政書士・小岩広宣が、地元三重県の中小企業の発展のために日々奮闘している姿を実況中継します!

みえ企業成長塾  第44回NEW  「派遣業許可本」新刊出版記念セミナー総集編!

小岩広宣著『人材派遣・紹介業許可申請・設立運営ハンドブック (日本法令)
『派遣業許可申請セミナー』

許可(更新)申請の最新ノウハウを丸ごとマスター! 9/24(土) 13:30~ 

著者&講師 特定社会保険労務士 小岩広宣 / 人事コンサルタント 山野陽子 
  お問合せ&お申込  059-388-3608  初回参加無料です音譜  ⇒ お申し込みフォーム



テーマ:
三重県鈴鹿市の特定社会保険労務士&特定行政書士・小岩広宣です。

三重県総合文化会館で開催されたクラシックコンサートへ行ってきました。

飯森範親指揮、日本センチュリー交響楽団の三重特別演奏会。

三重県開催では間違いなく今年最大規模のクラシックコンサートですが、演奏曲が「未完成&運命&展覧会の絵」となれば、三重県開催でなくてもスゴイですよね。

指揮者の飯森氏もクタクタだったと思いますが(笑)、特に展覧会の絵はいつになく素晴らしい演奏だったと思います。

私自身にとっても一生の思い出に刻まれている曲ですが、改めて心から感動させていただきました。

ムソルグスキーとラヴェルという2人の天才が合わさることによって生み出された不朽の名作。

以下の指揮者ショルティによるリハーサル風景&作品解説も勉強になります。

クラシックファンにとってはたまらない映像ですね。

こうした芸術感性には学ぶところが本当に大きいと思います。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


三重県鈴鹿市の特定社会保険労務士&特定行政書士・小岩広宣です。

一般社団法人日本生産技能労務協会(技能協)さんの大阪セミナーに参加しました。

大阪にはこの前の3連休の初日に派遣会社様の案件でお邪魔したばかり。

7月は沖縄、東京、大阪、新潟、大阪と行ったり来たりしていて、なかなか事務所には居られませんね(笑)

今回のセミナーは、人材サービス事業者のための「採用と定着」。まさに今が旬のテーマでした。




前半の第1部では、採用成功と定着率アップのためのノウハウ紹介として、5社の先進的な企業から具体的な事例や取り組みについて発表がありました。

自社サイトを中心とする採用マーケティング、スマホアプリによるスタッフとのコミュニケーション、米国先進企業の採用・定着への取り組み事例、IT活用による定着率の最大化、製造派遣に特化したe-ラーニングなど、どれも目から鱗の内容ばかりでした。

製造業を中心とする人材派遣、とりわけ地方における実情からすれば、採用や定着にITを駆使するという感覚にはまだまだ違和感があります。

ともすれば、ITなんてと現場における採用や定着には役に立たないと考えてしまうきらいすらあります。

でも、それがまったくの誤解と偏見であることは、5社の企業トップによるプレゼンを真剣に聞けば、一瞬にして理解できます。

むしろ、地方こそ、そして製造系こそ、これらのノウハウやスキルが本当に求められているのだということが心に落ちますね。

私も具体的にさまざまな気づきとヒントをいただきましたので、順次実践に移していきたいと思います音譜




そして後半の第2部では、成長している企業が具体的に行っている取り組み事例として、業界を牽引する名だたる3社のトップから発表がありました。

この業界に関わっていれば誰もが知る企業トップからのお話しとなれば、勉強にならないわけがありません。

まずは、キャリアコンサルティングを導入したことで、若者の定着率が飛躍的に向上したという事例。

そして、管理者が派遣社員として現場で一丸となって働くことで管理力と定着力を向上させている事例。

最後は、無期雇用へのキャリアパスに向けた経営理念と社内カリキュラムを盛り込んだ塾を開催して成功している事例。


どの経営者のお話しも実に刺激的で再現性があって示唆に満ち溢れていました。

この後に行われた大学教授のコーディネートによるパネルディスカッションも、会場参加者を交えて本当に盛り上がりましたアップ




派遣法の実務を専門とする社労士である私のような者にとって、今回のような勉強会はまさに真の意味で血肉になるものだと痛感しました。

みなさんで業界を盛り上げていこうとされている技能協さんの取り組み、会員企業さん、プレゼンされた経営者の方々の姿勢には本当に頭が下がります。

数々の学びと刺激をいただきつつ、私も業界に育てられ業界に関わって仕事をしている一人として、自分がやるべきことを加速させていきたいと思います。

自分のミッションとかビジョンがまた少し具体化できる取っ掛かりをいただいたような気がします。感謝しかありませんニコニコ





人材ビジネスは採用と定着がテーマ!
と思った方は、応援クリックお願いします!下矢印


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



改正派遣法対策なら →人材派遣業許可サポートセンターNEW
三重の建設業許可なら →三重県建設業許可サポートセンターNEW
三重の介護事業指定なら →三重県介護事業サポートセンターNEW



三重の信頼できる社労士なら→社会保険労務士法人ナデック
三重の信頼できる行政書士なら→行政書士事務所ナデック
会社を守る就業規則の作成なら→就業規則.com
会社がもらえる助成金なら→助成金.biz
コストダウンの給与計算なら給与計算.com
三重の会社設立・起業相談なら起業相談.com
三重のセミナー&交流会なら→みえ企業成長塾



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


三重県鈴鹿市の特定社会保険労務士&特定行政書士・小岩広宣です。


四日市で「建設業の社会保険未加入問題への対応について」をテーマに登壇させていただきました。

地元の建設業関係の元請、下請、一人親方の方々が30人ほど参加され、約2時間お話ししました。

建設業の社会保険加入については、平成24年に「社会保険の加入に関する下請指導ガイドライン」 が施行され、行政からの厳しい指導監督が行われています。

ガイドラインでは、遅くとも平成29年度以降は、加入が確認できない作業員の現場入場を認めないとされており、業界ではまさに大きなテーマとなっています汗




講習会では、


1 施工体制台帳

2 再下請通知書

3 作業員名簿

について、実際の書式を使って、詳しく解説しました。

これらは建設業の実務管理のキモとなる部分ですが、社会保険加入を具体的にチェックしていく上でも中心となるものです。

具体的な場面を想定してお話しすることで、参加者の皆様にもかなりイメージしやすく理解していただけたと思います。




私は社労士として人材派遣分野を専門としていますが、派遣と請負とは裏返しの関係にあるため、請負の実務についてはそれなりに通じています。

建設業の社会保険の問題を考える上では、この「請負」への正確な理解が欠かせません

もっと具体的にいうと、「一人親方」さん。

どんな人が一人親方に該当して、どんな人は労働者なのか?

行政からもたくさんのリーフレットが出されていますが、この問題はそう簡単ではありません目






例えば、建設業では経験を積んだ従業員さんを親方として独立させるようなケースも少なくないですが、こんな場面では特に注意が必要です。

やっている仕事も、勤怠管理も同じで、事実上は今まで通り会社の指示で働いているという場合、実態から見て社会保険の被保険者に該当すると判断されることもあります。

個人事業で従業員4人の場合、社会保険の強制適用ではありませんが、こうした一人親方が1人いれば、状況が変わってくることもあります

こうした事例をホワイトボードを使って、複数説明させていただきましたビックリマーク




約15分の質問コーナーでは10人近くの方からご質問があったほか、終了後もご相談の方々の列ができていました。

ご熱心な質問ばかりでしたが、皆様本当に切実に悩んでおられると痛感しますDASH!

地元の専門家として少しでもお役に立てるよう、これからも頑張っていきたいと思います。

こういったご相談なども、ぜひお気軽にニコニコ




建設業の社会保険加入を!
と思った方は、応援クリックお願いします!下矢印


にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ



改正派遣法対策なら →人材派遣業許可サポートセンターNEW
三重の建設業許可なら →三重県建設業許可サポートセンターNEW
三重の介護事業指定なら →三重県介護事業サポートセンターNEW



三重の信頼できる社労士なら→社会保険労務士法人ナデック
三重の信頼できる行政書士なら→行政書士事務所ナデック
会社を守る就業規則の作成なら→就業規則.com
会社がもらえる助成金なら→助成金.biz
コストダウンの給与計算なら給与計算.com
三重の会社設立・起業相談なら起業相談.com
三重のセミナー&交流会なら→みえ企業成長塾




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)