田代親世の恋する韓流LIFE

韓流ウォッチをし続けてはや10数年。日々の韓流生活で感じたあれこれを楽しくご紹介していきます。

NEW !
テーマ:

                             (c)衛星劇場

 

上記の番組、ちょうど1週間前に収録が行われました。

この番組は、

視聴者の皆さんから寄せられたアンケート、メッセージを元に、

一年の韓流の出来事を振り返りながら、

私を含めた韓流を仕事にしている4人のパネリストが

あーだ、こーだと語り倒す、

CSチャンネル衛星劇場の年末恒例番組です。

韓流ブームの始まりのころからスタートしているので、

もう12年続いているんですね。

                              (c)衛星劇場

 

パネリストトークのほかに、

毎回韓流スターをお招きしてお送りするコーナーもあるのですが、

今年のゲストはチョン・イルさんでした。

『太陽を抱く月』『夜警日誌』

『ステキな片思い』などのチョン・イルさん、

チョン・イルさんの今年の仕事と

プライベートの思い出を語ってもらったり、

衛星劇場で放送中の『シンデレラと4人の騎士<ナイト>』

のお話を伺ったり、

ファンから寄せられた質問にも答えてもらったりと

楽しい時間を過ごしました。

                                    (c)衛星劇場

 

チョン・イルさんは育ちの良さを感じさせる

ノーブルな穏やかさが漂う好青年!

飾ることなくすごく自然体で、

発言の端々からファンへの強い思いを感じさせ、

素敵な男性だなあと思いました。

きっちり台本も事前に読み込んできているという、生真面目さ。

スターはあまり前もって台本確認する人いないのですが、

チョン・イルさんはちゃんと段取りも確認しているというスマートさ。

12月に入隊するということを発表していたのですが、

なんと、この番組出演が

入隊前の公式的な仕事の最後だそうで、

そんな貴重な時に出演してくださって、

ありがとうございます(泣)という感じです。

最期、公開収録に参加していたファンたちに向かって

去り際に投げキッスして愛情を表していましたし、

一度退場してマイクを外してからも

「もう一度ご挨拶してきます」と言って

ファンや舞台上の私たちにも挨拶して行かれたんです。

本当にいろいろと丁寧な方でした。

 

で、私、チョン・イルさんが日本で初めてファンミを行った

2009年の記者会見に取材に行っていて、

その時、チョン・イルさんのお母様が記者の皆様にと

お手製のスカーフを下さったんです。

お母様は織物分野では有名な方だそうで、

それは素敵なスカーフだったのです。

この日、チョン・イルさんに覚えてますか?とお見せしたら、

「母が心を込めて作ったもの、

今でも大切に持っていてくださったんですね」と

喜んでくれて、

それは番組終了後、楽屋で最後にご挨拶してお別れするときにも

「今でも持っていてくださって~」と

嬉しそうにおっしゃってくれたので、

持って行って良かったなと思ったのでした。

このほか、

視聴者の皆様から寄せられたメッセージがこれまた面白いので、

一年の韓流の締めくくりに大笑いしていただけます。

 

『田代親世の韓流総決算2016』は

衛星劇場で12月23日(金)午前11時~

        12月26日(月)午後6時半~

放送予定です。→

http://www.eigeki.com/series?action=index&id=10893&category_id=5

 

ご覧になれる環境の方はぜひどうぞ!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月18日、夢友が日本で

ミュージカル俳優のコンサートを始めて2年になるのを記念して

メモリアルコンサートが開かれました。

出演は、ファンからの要望の高かったキム・ジェボムさんと、

新鋭ミュージカル俳優のユン・ソホさんです。

 

キム・ジェボムさんは、

アミューズが招聘した『風月主』『兄弟は勇敢だった』の来日公演や、

韓流ぴあ主催のコンサートで来日して以来なので、3年ぶり、

そしてユン・ソホさんは2年前の夢友主催のコンサート以来2年ぶりの来日でした。

 

この間、それぞれ大舞台のミュージカル作品に出演を重ねるようになって、

一回り大きくなってのコンサートとなりました。

 

 

冒頭は創作ミュージカル『バンジージャンプする』から。

本来は男女のデュエットですが、男同士も素敵です。

私の大好きな作品なので、久々にこの曲が聞けて嬉しかったです。

ユン・ソホさんは昨年から今年にかけて上演された

韓国版『レ・ミゼラブル』でマリウスを演じていますので、

マリウスの曲を披露してくれました。

このときジェボムさんから、

若いころマリウス役のオーディションに落ちた話が飛び出したりもして…。

そして夢友2周年を記念して~ということで、

もはや韓国のミュージカル俳優の間では

あまりにも歌われすぎて禁止曲になっている(笑)とすら

言われてしまっている『ジキル&ハイド』の「チグミスンガン」をデュエットで歌いました。

 

ジェボムさんとソホさんは

2011年の『スリル・ミー』公演の時に初対面したそうですが、

このときは演じるペアが違ったため、舞台上で会うことはなかったそう。

2人は12年の年の差があるのですが、

ジェボムさんが若く見え、ソホさんが落ち着いて見えるので、

そこまでの差には見えません。

でもこれ以降もちょいちょい年齢差に関してのいじりがありました。

例えば、

舞台上で目薬を差すジェボムさんを見て、

すかさず「老眼ですね」と突っ込むソホさん。

その一言に衝撃を受けてひざから崩れ落ちるジェボムさんが面白く、

「あとでただじゃおかないよ」とソホさんをにらんでいました(笑)

それから

「もうこれからもソホとは『スリル・ミー』で共演することはないでしょう、

何故なら年齢が違いすぎるから。

『スリル・ミー』は同級生の役なんだ~(笑)」

とジェボムさんが寂しそうに言ってみたり・・・。

 

だから、今日は特別にと、『スリル・ミー』の舞台を

再現するように歌ってくれました。

ソホさんは上演していた時は「彼」の役でしたが、

自分ができなかった方の役をやりたいとのことで、

今回は「私」を演じ、

ジェボムさんが「彼」になって3曲続けて歌ってくれました。

 

ちなみに、「彼」は、自分を特別視して犯罪を犯してしまう、

一見‘攻めタイプ’の男で、

「私」は「彼」を愛し、受け入れてしまう

‘受けタイプ’の人物です。

 

ジェボムさん、若い時は初演で見た「彼」役の方がかっこいいと感じたので

ずっと演じたかったそうなのですが、

歳をとってみると、「彼」はかっこいい振りをしているだけの男だったので、

今はむしろ「私」の役の方が好きです~と、

見方が変わってきたことを告白していました。

 

 

もう一度やりたい役は?と聞かれて、

ジェボムさんは『ママ・ドント・クライ』のドラキュラ伯爵役。

「完璧に美しい伯爵役は、

舞台上では大きくアイラインを引いてそれを仮面の代わりに思って歌うのですが、

でも今日はそんなメイクなしで歌います(笑)」と。

ソホさんは『ベア』のピーター役でした。

 

ラストは『エリザベート』から「闇が広がる」を、

意外にも年上のジェボムさんがルドルフ皇太子役で、

ソホさんがトートになってのデュエットでした。

アンコールでは福山雅治の「最愛」を日本語で披露してくれました。

 

 

 

そして夜の部は

『バンジージャンプする』の曲で幕を開けたあと、

ジェボムさんが『ウェルテル』、

ソホさんが『キンキーブーツ』、

そしてデュエットで『風月主』が歌われました。

とくにジェボムさん、『風月主』のこの曲が大好きで、

どんなコンサートでも必ず歌っているのだそう。

本来はデュエット曲ですが、一人でも歌うのだとか。

 

そして、それぞれがそれぞれに似合うと思う役の曲を

推薦しあったのですが、

ジェボムさんからソホさんへは『風月主』のヨル役をと。

エースホストの役でソホに合っていると思います…というと、

「確かに、昨日、宿泊場所からドンキホーテに行こうと

歩いていたら夜の街だったので、客引き?スカウト?に

たくさん声をかけられてしまった」そうです(笑)。

機会があれば一緒にやってみたいです~とソホさんが答えると、

ジェボムさんは、

「その時は僕はもう歳だから、

演じられるのは昔のエースホストだった男の役だな」

と自虐気味に言ってました(爆)。

 

そして、エースホストのヨルが女王の足を洗いながら歌う

「君の理由」をソホさんに勧め、

ソホさんからジェボムさんへは

『バンジージャンプする』で、主人公の男性が

一目ぼれした女性にときめきながら歌う曲「あなたですか?」と、

『レ・ミゼラブル』から、ジャベールが歌う「スターズ」を勧めて歌い合いました。

 

ユン・ソホさんは背が高く、

子犬のような愛くるしいかわいいアイドル顔で、

まだ少年の雰囲気を持っています。

現在韓国のケーブルテレビで放送中の

「ファントム・シンガー」という音楽バラエティー番組に出演中なので、

また更に多くの人に顔を知られていく存在でしょう。

 

キム・ジェボムさんは、ひょうひょうとしていて、

ふらっとやってきたそのへんの兄ちゃんみたいなのに(笑)、

歌い出すととたんにすごいドラマチックな声で

作品の世界観を表現して聞く者を酔わせるので、

やっぱり人気があるのもうなずけます。

マニアファンの情熱が熱いんですよね。

私もジェボムさんの歌声が

心地よくて好きだなということを再認識しました。

 

 

12月の公演予定は、ユン・ソホさんは『スモーク』で、

キム・ジェボムさんは12月20日から、

『もしかしてハッピーエンド』というロボット同士の恋の話でロボット役を演じるそうです。

 

 

夢友の次回公演は、ミュージカル俳優コンサートではなく、

『シークレット・ガーデン』『カプトンイ』などの俳優

ユン・サンヒョンのコンサートです。

12月17日17時~ ニッショーホール

ユン・サンヒョンは俳優だけにとどまらず、

ドラマ『僕の妻はスーパーウーマン』で

歌声を披露したのをきっかけに、

その歌声があまりにも上手だったので

歌手としても活動するようになって、

日本で歌手デビューもし、コンサートもたびたび開いています。

 

詳しくは以下をご覧ください。

http://www.yumetomo.info/

 

 

 

 

※『夢友2周年記念コンサート』セットリストを載せておきます。

 

<1回>

1. バンジジャンプをする ‐ それが私のすべてだと

2. ゴレゴレ – 酒席  ※キム・ジェボム

3. レ・ミゼラブル ‐ Empty chairs at empty tables ※ユン・ソホ

4. ジキル&ハイド - This Is The Moment

5. Thrill Me - Why ※ユン・ソホ

6. Thrill Me - Afraid  ※キム・ジェボム

7. Thrill Me - superior

8. ブラクメーリポピンス - コゲ(曲芸) ※ユン・ソホ

9. AGATHA - 君の中の毒 ※キム・ジェボム

10. Bare The Musical - Role of a life time  ※ユン・ソホ

11. Mama Don’t Cry - 私を愛した ※キム・ジェボム

12. Trace You - 私を壊してみて

13. ゴレゴレ - Band Music

14. Mama Don’t Cry - Mama Don’t Cry

15. エリザベート - 闇が広がる

~アンコール~

16. 福山雅治 - 最愛

 

<2回>

1. バンジジャンプをする ‐ それが私のすべてだと

2. 若きウェルテルの悩み - 何だったろうか  ※キム・ジェボム

3. Kinki Boots - Step one ※ユン・ソホ

4. 風月主 - あなたに行く道 

5. バンジジャンプをする - あなたですか? ※キム・ジェボム

6. 風月主 - あなたの理由 ※ユン・ソホ

7. レ・ミゼラブル - STARS  ※キム・ジェボム

8. Bare The Musical - Role of a life time  ※ユン・ソホ

9. Mama Don’t Cry - 私を愛した ※キム・ジェボム

10. Trace You - 私を壊してみて

12. ゴレゴレ - Band Music

12. Mama Don’t Cry - Mama Don’t Cry

13. エリザベート - 闇が広がる

~アンコール~

14. 福山雅治 - 最愛

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

お知らせです。

毎年、年末恒例で放送している衛星劇場の

上記タイトルの番組。

私を始め、韓流の仕事をしている

翻訳家、編集者、ライターの4人で

ワイワイと今年一年の韓流を振り返るというトーク番組です。

今年も公開収録を行います。

 

ゲストは『シンデレラと4人の騎士』のチョン・イルさんです。

 

収録日は11月27日。都内某所にて。

参加ご希望の方は以下のページのアンケートにご記入の上ご応募ください。

11月20日締め切りですのでお早めに~。

 

https://www.eigeki.com/form/present/index/doppuri_201611.html

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。