田代親世の恋する韓流LIFE

韓流ウォッチをし続けてはや10数年。日々の韓流生活で感じたあれこれを楽しくご紹介していきます。


テーマ:


ミュージカル『スウィニー・トッド』は
無実の罪で15年収監され、
妻と娘を奪われた男の凄惨な復讐劇で、
男性主人公のトッドが理髪師なので、
店に来た客を次々に髭剃りナイフで首をかっ切って、
その死体を、彼の協力者であるパイづくりの女性が
ミートパイに加工して販売するという、
ブラックで救いのない話なんですよね。

でもその作品でチョ・スンウとオク・チュヒョンという
韓国ミュージカル界が誇る男女トップスターが初共演を
するというので、それはどうしても見ないと~と、
楽しみにしていたのでした。


4月には日本版の『スウィニー・トッド』を見て、
ジョニー・ディップ主演の映画版も見て予習をしましたが、
キャッチーなわかりやすい曲があるわけでもなく、
人肉パイなんて気持ち悪い話だし、
あまり好きになれなかったので、
韓国版も「一回見るだけでいいや」と思っていたんです。



で、6月の開幕まもない頃に
チョ・スンウ×オク・チュヒョンで見たのですが、
見てみたら、これが面白い。
ブラックユーモア満載で、
まあそれは日本版の舞台でもそうだったのですが、
どっかんどっかん笑いが起こり、
そしてやっぱり歌がうまいので、
全てが滑らかにこなれていて見やすいというか、
聞いていて引っかかるところがないので
ドラマに没入できるというか。
歌をしっかり聞いたにもかかわらず、
しっかりと芝居を見たという印象が残りました。



チョ・スンウが、
こんな彼の表情始めてみるわ~という、
せっかちでイライラしたり、ほくそえんだり、
意固地だったり、残忍な笑みだったり、
復讐に凝り固まった男の頑固さだったり~
の演技を披露していて新鮮でした。
憎らしい相手にも空々しく接してみたり、
とにかく演技で笑えるポイントが多いんですよね。

で、オク・チュヒョンがまたちゃんとおばちゃんになっていて、
いやはや、歌だけじゃなく、
演技の幅も広いんだなあと感心することしきり。
歌の歌える大竹しのぶに見えました。
かわいさとどぎつさと図々しさが同居していて、
ついこの前まで妖艶なマタハリやっていた人とは
思えないくらいでした。




で、あまりに面白かったので
一回には留められず、
その2週間後に今度はチョ・スンウ×チョン・ミドで
2度目を見たのですが、
2度目ということもあって
ますます面白く感じました。
チョン・ミドもさすがにうまい。
スンウさんとの共演も多いので、息ぴったりでした。
でも体格が華奢なので、
どうしても可愛らしいイメージが強く出がちかな。


この舞台、言葉が分からなくても、
俳優たちの表情や間合い、掛け合いのテンポの良さで
十分に面白さが伝わってきます。
今回一緒に観た人は韓国でミュージカル見るのが初めてで
韓国語はわからなかったのですが、
すごく面白かったのでもう一度見たいと言っていましたから。

個人的には私はオク・チュヒョンの声が好きなので
オク・チュヒョンをもう一度見てみたいですし、
こうなってくるとヤン・ジュンモはどんななんだろうと
とても2回では終わらない雰囲気になってきました(汗)

アンサンブルもクウォリティー高かったですね。
さすが、完成度の高い舞台を作るODカンパニーの作品です。


日本と比べると全体にシックな作りで
舞台セットもすごくシンプル。
俳優の芸で持たせてる感じでした。
まあ十分持つからいいんですけど。
舞台セットや美術は日本の方が見ていて楽しかったかも。


萌えとかハマるとかはないのですが、
とにかく面白いなあと満足感が高い作品です。
10月3日まで上演されているので
きっとあと2回くらいは見に行ってしまうかも。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先週末、『ジャック~』のプレビュー公演を
見てきました。

この演目、過去にアイドル達を主演に据えて
二度も来日公演をしているので、
日本の韓流ファンやミュージカルファンの中でも
けっこう知られている作品ですよね。

私にとっても、ソウルでアン・ジェウクが主演の
この作品を見てものすごく感動して、
そこから韓国ミュージカル通いが始まったという
きっかけとなった作品です。


で、アン・ジェウクやオム・ギジュンが演じていた役を
ここ数年はアイドルがやることが多くなっていて
すっかりアイドルミュージカルな様相を呈していたのですが、
今回の『ジャック~』には、
なんと、アイドルがやっていた主演のダニエル役を
私のイチオシ、リュ・ジョンハンが演じるとのことで、
びっくりするとともに、俄然期待が高まったのでした。

オム・ギジュン、カイとのトリプルキャストで
今回アイドルは一人もいません。
ダニエルと相対するアンダーソン刑事役にも
キム・ジュンヒョンが再登場のほかは、
パク・ソンファン、
チョ・ガンヒョン改め、チョ・ソンユン
という新顔の布陣です。
『三銃士』もそうでしたが、『ジャック~』も
大きくキャストを変えて、
新たな観客の掘り起こしを狙っているんでしょうね。


で、Mミュージカルカンパニー
という制作会社が作っている作品で、
この会社は韓国で上演するときでも
日本語字幕を付けてくれていた
とってもありがたい会社だったのですが、
今年は、『三銃士』もそうでしたが
『ジャック・ザ・リッパー』にも
字幕はついていませんでした。
『ジャック~』はアイドルが出ていないから
そうかなとは思っていましたが、
アイドルがたくさん出ていた『三銃士』にも
字幕がなかったので、どうしてかなと。
中国人観客が増えて日本語字幕だけずるいとか
意見が出たのかしら?
と、いろいろ想像してしまいました。


ま、ともあれ、
『ジャック~』ですよ。
現在と2日前と7年前という風に
時間を行き来する構成なので、
最初は把握しずらいのですが、
切り裂きジャックという実際にロンドンを騒がせた
連続殺人事件をもとに、
二組の哀切な愛の話が描かれているので
女子受け度が非常に高い作品だと思います。


主演のダニエル役者が、
7年前の若々しくうぶな青年医師の雰囲気と
7年後の、暗くよどんだ、
何かを背負った男になっているという変化を
見せるので、二つの雰囲気が楽しめるわけです。




なので、
リュ・ジョンハン、7年後の姿はお得意な世界観だけど
若い時代はどうなんだろうと、
ドキドキしながら見たのですが(爆)、
前髪作って、若さをアピール!
表情がくるくると豊かで、
タジタジしたり、無防備な笑顔を浮かべたり、
投げキッスをしてはにかんでみたりと、
うわぁーすっごく新鮮!
と、客席で思わずニマニマしてしまいました。

そして、後半の、
愛と良心のあいだで苦悩に悶絶する
姿はゾクゾクとくる瞬間で、
ぐぁーっと持っていかれます。

しかし、いつも思いますが、
役作りが細やかで、歩き方や立ち姿が
しっかりその役の人間になり切っていますね。
ま、俳優だから当然と言われればそれまでですが、
歌声自体がすごいのに加えて
演技の面でも丁寧な作り方に
いつも魅せられます。




で、私が見た日のアンダーソン刑事は
パク・ソンファン。
この秋、日本の『ミス・サイゴン』にも
登板する俳優さんです。
優等生的なタイプなので、
まだちょっとやさぐれ感が板についていない感じも
有りましたが、熱演で、
彼も歌がうまいし、
この作品における一番のキラーソングと思われる
「灰色の都市」を歌うので、
目立っていました。


この日はプレビュー公演でしたが、
これまで見てきた『ジャック~』と
演出的に大きく変わった印象は受けませんでした。
ほぼ同じだったと思います。
もっとも最後に観たのが
チ・チャンウクがダニエルを演じた
2013年の夏だったので
演出の細かいところまでは覚えていないのですが。

10月9日まで上演するので、
またどう深まっていくのか楽しみです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


韓国ミュージカル俳優を招いて
様々なコンセプトでコンサートを開いている
夢友主催のコンサート。
今回は、前回好評だった『手紙』企画のシリーズで
開かれました。

これは、キム・ホヨンさんという
歌だけでなくおしゃべりも上手なエンターティナーを中心に、
昼の部はゲスト俳優ミン・ウヒョクさんに
いろいろと彼が話を聞きながら、
ウヒョクさんの過去現在未来を
歌で進めていく形式でした。

夜の部は観客から事前にもらった手紙を紹介しながら
その内容にまつわる歌を披露してくれるという、
イメージとして、ラジオのDJ的なトークコンサートでした。



ホヨンさんは『ラ・カージュ』『プリシラ』『蜘蛛女のキス』など
中性的で個性の強い役を演じることが多い俳優で、
次回作は9月からソウルで開幕する
『キンキーブーツ』の主人公で出演します。
これまで女装の役が多かったので、てっきり
ローラという女装姿の役かなと思っていましたが
意外にも靴工場を継ぐ青年チャーリー役での登板です。

で、そんなホヨンさんはトークが非常にうまく、
MCとしてもセンスが良いんですよね。
今回も達者な進行ぶりが鮮やかでした。
もちろんパフォーマンスも!




一方のミン・ウヒョクさんは、
日本には『僕らのイケメン青果店』というミュージカルで
来日公演の経験がありますが、
最近では『レ・ミゼラブル』のアンジョルラス役で
注目を浴び、
7月12日からソウルで始まる『ウィキッド』では、
王子フィエロ役で登場する、
赤丸急上昇中の若手俳優です。


ウヒョクさんはもともと野球選手だったのがケガで断念し、
それまでも好きだった歌の実力を生かして
歌手になろうと夢を変え活動してきたのだそうです。
日本の『やまとなでしこ』の韓国リメイクドラマ『窈窕淑女』(03年)
のOSTの曲、中西保志の「最後の雨」をカバーして歌手デビューを果たし、
その後はアイドルグループ「F.CUZ」のメンバーだった時期もあり、
それもうまくいかず、誘いもあって演技をしようと思い、
そんな紆余曲折を経て
2013年『若さの行進』でミュージカルデビューしたそうです。
なんでも親友がミュージカル俳優で、
その親友のお母様が女優だったこともあり、
彼女から演技を習い、
ミュージカルを勧められるようになったのだそう。
なにせ、元運動選手、
ガタイがいいので舞台でもひときわ映えますからね。

で、そんなミン・ウヒョクさん、
『デスノート』が韓国で上演されるとき、
主人公ライトと死神リュークの役で
オーディションを受けた時、
最終で落ちてしまったそうなのですが、
審査に当たっていた
キム・ムンジョン音楽監督の勧めで
『レ・ミゼラブル』のオーディションを受けられることになり
アンジョルラス役に見事抜擢されたのだそうです。

ハンサムなのに加え、
邪気のない、ものすごく素直な健康優良児という雰囲気で、
屈託のない笑顔に癒されるのですが、
ひとたび歌いだすとガラッと顔つきが変わるのがさすが役者ですね。
これからどんどん大きな役が付いていくだろうなと
思いました。





夜の部は前回もとても感動した『手紙』形式のコンサート。
「思い出の品」というテーマで手紙を募集し、
今回も笑ってホロリとして~という手紙と共に、
トークと歌が展開されましたが、
中でも、父親がしばらく乳液とクレンジングフォームを
間違えて使っていたという手紙に合わせて
『レベッカ』のメインテーマを
ホヨンさんが歌詞を変えて歌ったのですが、
これがもう大爆笑でした。
まさに、ホヨンさん、エンターティナーです!

この日はこのほかにも、
地方公演中の俳優はどう過ごしているのか
を実際に映像で紹介してみたり、
オーディションの具体的な話とか、
ミュージカルファンとして
興味津々な内容が聞けたし、見られたしで
とても楽しいコンサートでした。




終演後、二人の囲みインタビューがありました。
韓国でも珍しい、
観客から手紙をもらってやるというこのコンサートの企画は
ホヨンさんのアイデアだそう。
手紙を媒介にしてお客さんとの疎通を図る機会にしたかった
ということでしたが、
実際、前回も今回も、
客席と舞台とがとても一体となる
あたたかな良い空気が流れるんですよね。
ホヨンさん、本当にクレバーで、
様々なアイデアに向かって
いろいろと模索しながら取り組んでいる姿勢が
とっても好感が持てます。

ウヒョクさんも、
ホヨンさんと一緒だったから自分もすごく積極的になれて、
一緒に作っていく過程が面白かったと言っていました。
そして日本での初コンサートの感想を、
やはり日本のお客さんは公演文化を本当に愛してくれるのだなと
実感したそう。
「皆さんがとっても真剣に見てくれるので
僕らももっと真剣により面白くしたくなりました」
と語っていました。




夢友の次回のコンサートは
9月11日、
仲の良い二人のミュージカル俳優による
『親友物語』コンサートです。



ソン・ドゥソプとチョン・ウォンヨンの二人です。

ソン・ドゥソプさんは、
前にもブログで紹介したことがありますが、
『恋人作り』のキ・テヨンや
『いとしのソヨン』『チーズ・イン・ザ・トラップ』などの
パク・ヘジンを彷彿させるすっとしたきれいな顔で、
涼し気な佇まいと清潔感があり、
イケメン好きにはたまらない人なのです。
ちょっとポスターだとその美しさが分かりにくいので
別の写真を載せておきます。




『風月主』や『兄弟は勇敢だった?!』
『バンジージャンプする』を見ましたが、
熱烈な女性ファンが多いので、
カメラ女子たちが前から3、4列目までを陣取って
カーテンコールになったとたんに
プロと見まごうほどの本格的な長玉のカメラを構えて
写真をバシャバシャ撮ってたのが
すごく印象に残っています。

ウォンヨンさんは柔らかな笑顔が印象的な俳優さん。
お二人は大学時代からの付き合いだそうで、
どんなコンサートになるのか楽しみです。

先行販売で昼・夜公演の通しチケットを購入すると
特典が付くそうです。
ちなみに今回『手紙』では、
こちらの化粧品セットがプレゼント品でした。




この夢友企画のコンサートは
いつも人選がマニアファンにはたまりません。
でも、誰それ?知らない~と思う方も多いかと思いますが、
これから人気が出てくる俳優が着実にキャスティングされてますので
青田買いをする気持ちで、
知らない俳優さんでも興味を持って見ていただくと
一歩先ゆくミュージカルファンになれると思います。



以下リリース情報です。

==============

『親友物語~その4~』に出演する
ミュージカル俳優ソン・ドゥソプ、チョン・ウォンヨンが
日本のファンへ挨拶の動画を公開した。

主催の夢友が公開したこの動画( https://youtu.be/DX3dpV2mFEc
によると大学の同級生として初めて出会って
一緒に公演まですることになったという。
大学時代から続く彼らの友情と親友だからこそ見せる姿も期待できそう。

『親友物語~その4~』は1回公演と2回公演が違う内容となっていてこの二人の新しい姿をたくさん見る機会になりそうだ。

ソン・ドゥソプは「キム・ジョンウク探し」「パルレ」「風月主」などに出演、チョン・ウォンヨンは「女神様が見ている」「ラ・カジュ・オ・フォール」「イン・ザ・ハイツ」などに出演して日本のミュージカルファンにもその人気が高まっている。この二人は最近作の「ベア・ザ・ミュージカル」で共演することになった。

現在、夢友の公式サイトで『親友物語~その4~』の先行販売行われている。
先行販売のみ販売される「1部+2部スペシャルパッケージ」には1000円割引と特典として「フォトカード」と「未公開写真」がもらえる。
詳しくは夢友公式ホームページ( http://www.yumetomo.info/ )にて。




『親友物語~その4~』
日時:2016年9月11日(日)
1回(昼): 14:00(開場 13:30)
2回(夜): 18:30(開場 18:00)
会場:新宿文化センター 
出演:ソン・ドゥソプ、チョン・ウォンヨン



【チケット販売】
■ 詳細はオフィシャルサイトまで→→→ http://www.yumetomo.info/#!tomo4-ticket/crrdn

【チケット料金】
■ 先行予約 8,000円(定価 8,500円)
1部+2部スペシャルパッケージ(特典付き)15,000円
※ 1公演お一人様4枚まで、最大2公演8枚までご購入いただけます。
※全席指定・税込
※就学児童以上はチケットが必要

【主催/企画】 夢友


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。