今日は1月末日
仕事の1月の締め日でした。
*写真は後輩。場所はシーサーズ

僕のチームも、
ここ半年の好調を継続し
1月も大幅な成長と実績を実現できました。

常に、妥協することなく、
ベストを尽くす努力をしているので、
結果として、
3年も継続して成長することができました。

目標は日々高くなり、
そこに対してのコミットを強く求められ、
個々人にかかるプレッシャーは特に強い環境の中でも
言い訳をせず斜に構えずに、まっすぐに、
みんな本当に良くがんばって成長している。

がんばった後、結果がでないリスクを考えて、
がんばらない理由を見つけようと努力し、
がんばっても本当に良い結果があるんだろうかという
考えてもしかたがない不安に覆われ、
成長できない、がんばれない理由を環境に求める、
そんなのはかっこ悪い。
そんな雰囲気が今ある。

何かをやりたくて得たくて、自分を成長させたくて、
この会社に来たのだから、
日々の業務量や、忙しさ、そのハードルの高さの中で、
本当の意味でチャレンジすることを恐れ、
今自分ができる範囲でやることを留めてしまおうとしないで
日々、一歩一歩、自分のできることを大きくする努力を
しているメンバーを見ていると、自分も引き締まる。

刺激があること、刺激を与えれる自分であること、
それを強く意識できるチームに居れることは
すごく嬉しい。

まだまだいける。

そう思った1月でした。
----------------------------------------------------------
●失敗することがあっても、大きなことに取り組んで
栄誉ある勝利を獲得するほうが、たいした苦労もない代わりに
たいした喜びもない臆病者の群れに加わるよりはるかにいい。
臆病者は、勝利も知らなければ、
敗北も知らない灰色の生活を送っているのだから。
        【セオドア・ルーズベルト/米大統領】

-----------------------------------------------------------

☆今日のオススメ(DVD)☆


タイトル: タイタンズを忘れない-特別編-
→名作です。


著者: イチロー, 糸井 重里
タイトル: キャッチボール ICHIRO meets you
→数字的な結果が出ているときでもスランプな自分を認識する。
 打てた理由を理解する努力を絶やさない、
 そういった考え方が強いイチローをつくっているのかと、
 色々感じた本です。糸井さんの質問も絶妙です。
AD