2012年度へ

テーマ:
       
いよいよ(当社年度で)
今年度も残りあと5営業日。
 
あっという間だったような気もしますが、
さまざまなチャレンジを皆で実施してこれたことで、
 
・既存事業規模自体の大きな成長。
・新規プロダクト開発とその柱化。
・自社強みを活かした成長市場への新規事業立ち上げ。
・上記を実現するにあたっての、
 組織力の強化と専門性の拡大。

などなど、
実りの大きな一年とすることができました。
 
勿論、やりきれなかったなどの反省点も、
それ以上に大きくありますが、
まずはチャレンジできたこと、
その上で得るものをつくれたこと、
これが大きかったと考えています。
 
年々、
まず動きだすこと、形にすること、
その時々で考える期待市場にまずは飛び込むこと、
その重要性が、
どんどん強く感じられるようになってきています。
 
同じ事業の継続年数や、
モデル自体の規模が大きくなることで、
既存手法や体制、論理自体の否定が難しくなり、
 
新たなチャンスを逃してしまうことは、
理屈では理解しているものの、
 
実際携わっている中では、
なかなかそこから変化をつくることだけでなく、
そもそもそれに課題意識を持つことすら
難しくなってしまうのが実情かと思います。
 
ただ、事業規模を拡大するために、
もっとも効果があるのは、
 
成長市場を見極め、
それにいち早く参入し、
それにどっぷり浸かって成功論理を肌で理解して、
見極めた成功ポイントに一気に体重をかけて、
改善・変化を徹底して繰り返して勝つまでやる、
 
のような考え方という認識もしつつの中、
そちらへの実行ができないor遅れてしまうのは、
 
間違いなくその事業をみるリーダー(僕ら)の力量であり、
その時々で感じる以上に、
その判断ミスや行動しない代償は、
大きく事業の将来としてかえってくるので、
とにかく、足元の好調さや規模は関係なく、
先の成長への危機感とハングリーさを失わないように、
今まで以上に努力していきたいと考えています。
 
毎年、こういった年度の移るタイミングなどは、
そういった振り返りや俯瞰がしやすいタイミングなので、
その機会を活かし、そしてそれを関係メンバーと話し合い、
その上での方向をビシっと決めて、
皆が迷いなく動ける状態つくりをしなくては、というように。
 
また、さらに来年は、
当社社長のblog でもあったように、
当社の過去の歴史にもなかったような、
大きな変革の年にもなりますので、
 
・その中で果たすべき、 
 現状担当している事業や僕個人としての役割、
・現状事業でさらに掴めるチャンスへの挑戦と実行、
・底上げされてきたマネジメント層の
 ポテンシャル活かしての事業規模拡大、
・このタイミングで落とせないチャンス獲得への比重傾倒、
 
以上をしっかりと十二分にも強く意識して
その中で飛躍的な成果を皆と上げられるべく、
しっかりと動いていきたいと思っています。
  
ビジネスを開発し続け、
自ら市場をつくり、事業規模を効率よく拡大していく流れを掴む、
それをいかにスピーディに、質高く行えるか、
 
そここそが我々の存在意義として、
より大きなインパクトをつくれる1年に来年をしていきたいと思います。
 
来年が勝負!
 
と毎年言ってはいますが、
それを継続できることが強さと信じ、
さらに楽しい一年にしていければと。

やったりましょー!



AD

AmebaGGパーティー!

テーマ:

今日は、
三ヶ月に一度のAmebaGGパーティー!

初めての休日開催。
関係の皆の頑張りで良い準備で当日を迎えられました。

二回開催で夜まで長丁場なので皆で頑張って行きましょー!
photo:01


photo:02


photo:03


photo:04





iPhoneからの投稿
AD