Simply Simply

テーマ:

        

 

  

ようやく、というか、もう、というか、

 

2月が終了となりました。

 

 

1月に続き、

  

2月は営業日が少ない月の為、

 

通常月よりも気を引き締めなくてはいけない月であり

 

今月も例に漏れず、タフな月だった気がします。

(毎月そんな風に感じてるようにも思えますが)

  

 

 

それで、

  


今担当している組織の営業組織だけでも、

    

 

短期・中長期、というような時間軸

 

扱う商材毎に、という商品軸

 

販売するルート別に、というチャネル軸

 

所属するメンバーから考えて、という体制軸

 

メンバー個別の専門性・提案力・営業力という個別スキル軸

 

更にあげると、

 

関係する組織間における協業体制や

 無駄なステップをなくす、というフロー軸

 

関係する組織間との目標の同一化を図るという目標軸

 

などなど、  

   

 

というように、

 

(当たり前ですが)

  

施策を考える際の指標はたくさんあり、

 

それらのどれも大事なことは大事なのですが、

 

だからといって、 

 

どれも大事だから、とか、満遍なく手を打って

 

というのは確実に失敗につながる、というのも分かってるので 

 

その時々において、

  

まずはそれぞれの状態を正しく把握し、

 

何がうまく機能していて、何がうまくいってないかを把握した上で、 

 

何に重点をおくか、何を全体の中心に考えるか、

 

ということを如何にシンプルにまとめることができるかが重要になってくる。

 

と思っております。

*ので、現況把握と目標へのライン把握がとても大事。

   

  

 

その時、リスクになってくるのは、

 

全体でのセンターピンが捉えられてない状態で、

  

各指標単体でみると正しそうなことをやっているのみの状態、

 

というのは得てしてつくられてしまうことで、

 

しかも、

 

そうなっているときは、

  

なんとなくうまくいっている感じはするのですが

 

実は求める目標に向かっていないことに気づきずらい状態

(もしくは、気づいていても意識的に目を向けない状態) 

 

ということが多々あるので、

 

今やっている個別の業務・行動ではなく、

 

今やっている個別を総じた、トータルの結果として、

 

今どこに向かっているのか?

 

その先に目標としている成果が具体的に見える道なのか?

 

については、

 

常に、

  

強いシビアさをもって自己状態の判断をできるように

 

心がけていかねば、と思っている次第です。

   

 

個別のやるべきことを個別にやっていて、

 

あとは運任せ、

 

という状態にならないように。

 

  

 

 

たとえば、

 

(同じことの繰り返しになってしまいますが、)

 

ある目標を追う際に、

 

それを達成するために追う指標が5つあったとし、

(そして、そのひとつひとつの目標を1とし、全体目標が5とします。)  


それぞれの強弱や、関連性を捉えたり、決めを作らない状態で

 

個々を個別に伸ばそうと、個別に努力するのみとすると、

 

それぞれの1を個別に1に近づける努力をするのみの形になり、

 

(不毛な例えかもしれませんが)

 

それぞれの1が1になる確立が80%としたときには

 

80% × 80% × 80% × 80% × 80%

 

=32.8%

 

となります。

 

 

個々の80%は一見すると高いように見えますが

 

それだけの集まりだと32.8%なので

 

実はかなり低い、ということになるかと。

  

 

個別の1は1としてみるのは、

 

課題把握、要素把握から見ればよいとして、

 

全体の5をベースとして考えて、

 

5にいくためには?

 

ということを考えることが、

 

全体施策という意味でも非常に大事になってくると考えおり、

 

個別の1を追うことと、トータルの5を追うことは、

 

関係性こそあるものの、別物として捉えていくことが

 

自分自身を考える際でも、組織を考える際でも

 

とても必要だな、

 

とここ数年感じて努力している次第です。

(当たり前の大事さを気づいたというか)   

 
    

 

ただ、

 

このやり方・考え方だけだと、

 

変動リスクは抑えられて、達成可能性は高められるが、

 

そもそもの5が10になる、というような飛躍の可能性が育ちにくい

 

ということも勿論あると思うので、

 

上記の考え方をベースに、

 

プラスオンで、

 

そもそも5が10になるやり方は?

 

ということも平行で考えて行くよう意識するようにしています。

 

 

そのアプローチ方法も持つことで、

 

2つのアプローチの押し引きのバランスを

 

そのときどきの状況によって見極めて判断し、

 

状況により適し、そして、

 

将来のポテンシャルを育てられる状態、

 

こちらをつくれると思うので。

 

 

 

*シンプルにまとめようとしたら、

 自分自身の把握状況の確認もあいまって

 思わずかなり長い文になってしまいました。。

 

 シンプルにシンプルに。

 もっとできるように努力します。

AD

大人な心理戦 

テーマ:

           

 

少しづつ、

 

今週末の“あした会議”が近づくにつれて

 

参加メンバー同士の心理戦が始まってきました。メラメラ

  

 

 

まず、

 

エレベーターやトイレなどで会うと、

  


どう?そっちは” 星

  

 

的なライトな会話が、

 

みんな自分のことをしゃべりたいけどしゃべれない、

   

直接“何が(アイデアで)あがってる?”的なことも聞きたいけどお互い聞けない、

 

というやや微妙な空気が流れもでるようになってきました。

  

 

 

今回の合宿の参加メンバーは、

 

  

みんな追い込まれれば追い込まれるほど強いタイプ。

*逆に言うと、みんな追い込まれなくては動かないタイプ。 

 

しかも、自己主張が強く負けず嫌いなタイプ。

 

 

ということで、

 

みんな、

 

表面上は、お互いフェアに、大人な感じで、

 

という一見してCoolな空気感は出しつつも、宝石ブルー

 

絶対に負けたくない!

 

俺たちのが上だ!

 

というのが如実にわかるので気持ち悪い感じです。おやしらず

   

  

そして、

 

その会話の中では、

 

“全然思いつかないよ~”

 

とか、

 

“いや~難しいね~”

 

というライトに逃げる会話が多いのですが、

*僕もです。

 

“ウチは20コアイデアが出てる”

  

“ウチは15コでてる”

 

というように、

 

何故かアイデアの勝負に入っている人もいれば、 

  

“ウチは既に8コに絞り、あとはBrushUPのみ”

 

といった形で優勢感を出して威嚇してくる人もいる。

 

 

さらに、

 

“いや~、全然でてないよ”

 

と言いつつ、

 

実はかなりの量を出して、時間もかけて進めている人もいる。

*昔、テスト前に、“全然勉強してないよ”と友達に言いつつ

 陰で猛勉強してたタイプ。周りを油断させて出し抜く感じ。

 

 

ので、

 

いろんな心理戦が入ってきているので、

 

・周りがでてないようなのでウチも大丈夫そうだ 

 

という意見で油断したり、

 

・周りはかなり良い案がでて既に固まっているらしい

 

という意見で無駄にあせったり、

 

ブラされないようにしていかなくては、

 

と思います。

 

 

 

改めて、

 

はっきりわかったことは、

 

みんな恥ずかしいほど本気爆弾

 

ということです。

 

  

 

私自身もしっかりとがんばりたいと思いますキラキラ

 

 

 

*関係ないですが、あした会議の準備mtgのときに

 当社マークシティビルにあるコーヒーメーカーを

 初めて使用しました。(同じチームのI畑さんと 。)


20070227132218.jpg

←こんな感じ。

お洒落で機能も充実。

キャラメルマッキャートもつくれます。(僕は飲みませんが)

ちょっと羨ましかったので、僕らのビルも何か考えたいと思います。

AD

激辛春雨サラダ

テーマ:

        

昨日の金曜の晩、

 

大阪から東京に来ていた同じ部署のO野くんと

 

六本木 中国茶房8 ”にて食事。

 

 

はじめ、

 

“タイ料理が食べたいです”

 

という希望をもらってたので

 

タイ料理を探していたのですが、

 

何故か“六本木 中国茶房8 ”にまっすぐ向かってました。

 

 

それは多分、

 

前回いったときに食べた、

 

激辛春雨サラダメラメラ

 

にパクチーが入っていたから、

 

アジア系の料理の店なんじゃないか?

 

と思ってしまったからだと思います。

 

 

その、

 

激辛春雨サラダメラメラ

 

非常に辛いのですが、味はかなり美味しい。

 

辛い物好きな方にお勧めです。

 

 

今回も例に漏れず食しました。↓
20070223230222.jpg

 

 

どれだけ辛いかというと、

  
20070223231242.jpg

 

 

このくらい。

 

ちょっと写真じゃ分かりづらいのですが

 

顔面汗だくです。

 

*あと、写真では、頭部が薄いようにも見えますが

 ちゃんと髪はあります。

 


こんな汗だくになりながらも、 

 

沢山話をしました。

 

 

普段離れている分、

 

こういったときに話す量をつくることは大事。

 

 

また是非いきたいと思います。 

 

 

それで、

  

この店は24時間年中やってるすごい店で、

*金曜も22時くらいに行ったのですがその時間でも結構混んでましたので  

 人数が多い場合は、事前の予約を。

 

さそりから北京ダック虫の幼虫の料理まで

 

とにかく色んな種類の料理が食べられて、

 

お手頃お値段なので是非興味あればいってみてください。

 

 

オススメです。

*その際はさそりを是非食べて、味を教えてください。にひひ

AD