メガネ卒業

テーマ:

最近、

特に視力が悪くなってきたように感じる。

                    

朝目を覚まして、

メガネを見つけるまでに30分くらいかかるときもある。

                  

海にいったときでも、

夕方ちょっとでも暗くなってくると

見えなくなってきた。

                       

ので、

本格的にレーシックを考えようと思い出しました。

               

カルロスゴーンもやっているとのことだし。

                           

でも、

直ぐに視力が元に戻ってしまう

とか、

合併症でかなりきつい

とか、

いろいろ不安なことを良く聞くので

信用できる情報を知りたいとおもった。

                        

僕は今まで、

手術というものを受けたことがなく、

ちょっと恐いのも事実。

                   

でも、

朝メガネを探さなくてもいいとしたら、

海で波乗りするときに良く見えたら、

と思うと、

視力を戻すというのは

捨てきれない希望。

                      

長期的に考えて、いつかは実現したいと思います。

AD

インプット量の充実

テーマ:

先週末の、

大阪出張行き帰りの新幹線の時間に加え

今日も時間がとれましたので

読書がいつもより進みました。

                            

まずは、

以前ikariさんが読んでいたのを見て

途中まで読んだが、

実はまだ最後まで読んでなかった

検索エンジン戦争  

ジェフ・ルート, 佐々木 俊尚


これは、

内容が時系列にしっかりとまとめてくれているので

非常に自分自身の記憶や知識を整理するのに

良い本でした。

                        

ひとつひとつ、

もろもろの関連性も紐解きながら、

その理由、狙いなどを細かく書いてくれてたのが良かった。

            

これは是非オススメしたい。

              

次は、

神田昌典さんの本で、

人生の旋律 死の直前、老賢人は何を教えたのか?

という本↓。

               

この人の本はほとんど読んでて、

その流れで新刊が出てたので買った本。

成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語

とか、

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法

とか、

あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ

とか、

あなたもいままでの10倍速く本が読める

とか。

               

今までは、

どちらかというと

マーケティング関連、起業関連の内容の本が多かったが、

この本は違かった。

                  

ある“近藤藤太”という人物の生涯を描いた本。

                               

最初は、

“んん??”

と思ったけど、

読み進めてみると一気に読んでしまった。

                        

なんていうか、

いろんなことを考えさせられて、教えられたように思う。

                               

多分、これから過ごしていく中での

色んなタイミングで

この内容を思い出すのではないだろうか、

というのが漠然としているがこの本の感想。

                          

自分には結構響いた。

               

少ししたらもう一度読んで見たいと思う。

            

あとは、

定期購読してる、Harvard Business Reviewの

読み忘れていた1月号を読みました。   

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 01月号 [雑誌]

                        

テーマが営業についてだったので

いろいろと参考になりました。

                        

当たり前だと思ってた課題への、

アプローチ方法の幅が広がったように感じます。

                    

しっかりと自分のものとなるように、

落とし込み直し、そこから色々試していこうと思います。

                                     

ということで、

いろいろと情報を仕入れることができた週末でしたので

しっかりと活かしていきたいと思います。

                              

*本位外だと、

 サーフDVDを2本仕入れました。

 “a Broke down melody”

 “DRIVE THRU EUROPE"

この2本はやばい。

 a Broke~は、僕の大好きなSHELTERの後篇のようなビデオ。

 すごくメローな音楽に、きれいな波乗りの映像が流れる。

 最高。

 2本目のビデオは、オーストラリア、日本版もでてるシリーズもの。

 これは企画が面白く、旅ものとしても楽しめる。

しばらく、夜はこれでメローな気分に浸れます。

AD

関西の良さ

テーマ:

金曜の晩は、

ウチの会社の大阪支社長E原さんと

久しぶりにご飯にいきました。

                

彼とは、

3~4年ほど前から公私で

本当に一緒に色々とやってきた仲で

色んなことを話し合ってきました。

                       

ので、

お互いのことを解りあってる部分が大きく

今でもときどき時間を合わせて

情報共有も含めて会っています。

                       

こういった関係はこれからも大切にしたいです。

       

それでこの日は、

彼とともに、彼のチームのメンバー6名とも

ご一緒させてもらい、

主にプライベート的なことを多く話して

かなり盛り上がった会となりました。

                                             

今まで、

あまり接する機会のなかった方が多かった為

個々人の個性に触れることができ、

交友関係を広げることができて嬉しかったです。

                           

それにしても大阪の人はやっぱり明るいし

とてもフレンドリー。

            

改めて関西の良さを実感しました。      


                       

                    


AD