仏像は眼鏡をかけない。

神社仏閣めぐりと御朱印、こけしが好きなグルーシェニカのスピリチュアルでもなんでもないブログ。


テーマ:
4月8日。
云わずと知れた釈迦の誕生日。
色々なお寺で花まつりが行われるので
毎年どこに行くか悩むのも楽しいですね。
そして今年は地元でもある茨城県の
笠間六体仏の御開帳に行ってきました


まずはここ。
見渡す限りの田園で
人影すらありません
本当にあるのかな、と不安にありつつ進んでいくと

ipodfile.jpg

看板がありました

ipodfile.jpg



しかし、周りにはそれらしきものはなく
さらに奥に進むと。。。

ipodfile.jpg


神社がありました。
こちらは白山神社。
絶対誰も訪れないであろう場所にありますね。。。

ipodfile.jpg



で、弥勒教会は?
と思ってあたりを見渡すと。。。
上の方に煙が

ipodfile.jpg

ありました

ipodfile.jpg



登ると

ipodfile.jpg

釈迦誕生仏が。
なぜか後ろ向きに置いてありました
甘茶をかけてからお堂へ。

ipodfile.jpg

弥勒教会と云っても
あるのはこのお堂と、不動堂のみ。


毎年花まつりの4/8だけ御開帳になります
中にはお堂の横でお堂を守るおじちゃん1人

ipodfile.jpg

立てられている看板によると、

笠間城主藤原時朝の本願で
弥勒菩薩立像を安置した笠間六体仏の一つ。
当時はここに功徳山馬頭院石城寺があり、この弥勒様が本尊だったそうです。
ずっと運慶作の弥勒菩薩様として祀られてきましたが
大正9年には国宝に指定されましたが
昭和2年に解体修理されたときに弥勒如来と云う事が判明。
終戦後に取り消しになり、今は重文になっています。

等身大の大きな弥勒様。
玉眼でぽってり唇に揺蕩う衣。
伝運慶も頷けるルックスです。
弥勒如来さまの姿はコチラでご覧になれます。


当時は立派な弥勒堂があったものの、廃仏毀釈で解体されてしまったようです。
そして、今はこの小さなお堂をだけになってしまったのですねぇ。

続く。


■弥勒教会
茨城県笠間市石寺529
拝観料:なし
毎年4月8日御開帳


にほんブログ村



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

グルーシェニカさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「茨城県」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。