福岡・パーソナルスタイリスト今日でおブスは卒業☆あなた至上最高の可愛いに私がお連れします。

おブスを卒業するということは自分を愛するということ。
「誰しもがブスで終わらない」をコンセプトに、パーソナルスタイリストとして活動中。会社員&一児の母でもあります。

福岡でパーソナルスタイリストをしております、夏脇栄子です。

「今日でおブスは卒業 あなたがすでに持っているものを掛け合わせて、史上最高の自分になりませんか?」

8・9月のショッピング同行は、満席となりましたおじぎ
9月のキャンセル待受付中です!

「あなた至上最高に可愛くなるショッピング同行」

~その他のイベント情報~
8月22日(火)残1名!
 あなたの魅力を引き出す!プロフィール写真撮影会






テーマ:

先日、急に思い立って、ウォークインクローゼットの大掃除をした。

なんかモヤモヤしてたから、身の回りを整理しよう!と思った。

 

すると、奥の方の段ボールから、3年半前に亡くなった母が、
20年程前に私宛に書いた手紙が沢山出てきた。

 

 

{8650363D-6CB2-401F-9F3E-39BF5B21DD3C}
 

 

 

当時、福岡から神奈川に引っ越し、深夜まで慣れない仕事漬けの毎日だった私。

 

離れて一人暮らしになった母は、毎日私に手紙を書き、郵便で送ってくれていた。

 

母が、私からの電話や、手紙、帰省を心待ちにしていたこと。

 

{77CD2BD0-223F-46C3-A0A5-C7CFF5684465}
 

 

 

社会人になっても、私の冷蔵庫の中身や、洗濯機の調子など、気になっていたこと。

 

辛くなったら、いつでも福岡に帰ってきなさい。

 

{842878CD-C068-4DFE-8E5D-9959B0460FA3}
私宛なので、誤字脱字もそのままです^^;)
 


って書いてくれていたのを読むと、感謝の気持ちで涙が止まらなくなりました。

 

父は既に他界し、姉は嫁いでいたので母は、一人暮らしでした。
寂しい思いもしただろうな。

 

何にもしなくても愛されているよと、心がちょっと弱った私に
何かの方法で伝えたくて、この手紙を届けてくれたんだろうなと思えてならない

お盆の不思議な出来事でした。

 

皆さんは、どんなお盆を過ごされましたか?
ご先祖様とコンタクトが取れやす時期だったかと思います。
どんな方もこうして見守ってくれてる方がいると私は思っています。

だから安心して、楽しんで行きましょう!

 

--------------------------------------------------

 

身体を温めたい全女性へ♡

温布®の販売開始しました!

温布とは、日常使いのライナーです。

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/koieki/entry-12261568463.html
 
 

 

--------------------------------------------------

 

身体を温めたい全女性へ♡

温布®の販売開始しました!

温布とは、日常使いのライナーです。

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/koieki/entry-12261568463.html
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

現在はシンガポール在住のアメリカ人の元同僚が、こんな記事をFacebookでシェアしていた。

 

21 things people miss after leaving Japan (日本を離れて、恋しい21の事柄)



筆者はイギリス出身
21項目のうち、元同僚が特に恋しいのが下記のものらしい。
 

3. No tipping, but getting first-class service anyway
チップ無しでも、最高のサービスが受けられる。

4. Japanese (home) baths
お湯を張るときに、ボタン一つで熱さや、湯量を調節して、キッチンにいても

「お風呂が沸きました」と知らせてくれること。

 

5. A greater feeling of personal safety
日本中のどの町をあるいても、基本的には安全。(もちろん犯罪がないわけではない)

紛失物が、ちゃんと戻ってくる。

 

12. The food
食べ物がめちゃくちゃ美味しい!
そしてこの価格でこの質の食べ物は、他ではなかなか味わえない。

 

16. Toilets and bathrooms being in separate rooms
トイレと浴室が別であること。

 

うんうん。わかる。私が海外に住んで、がっくりしたことはこれらだったから。

 

その他に、この記事を読んで、私が海外にいて恋しかったこと。


7. Clean, crisp money
お札が綺麗なこと!(丁寧に扱われている)

 

10. The amazing postal service
郵便の正確さ、きめ細やかな対応。
不在票の対応が素晴らしい。そもそも必ず到着する笑

 

17. Decent food at the convenience store
コンビニ食の質の高さと、種類豊富なところ

日本は本当に便利な国だと思います。

そして、自分がお客様の立場の場合、それが料金を多く支払っていようがいまいが、他国では

受けられないようなおもてなしを受けます。

 

3. No tipping, but getting first-class service anyway
 

10. The amazing postal service
 

上記の3、10。

この辺は、日本以外で働いた経験からいうと、私は働く側は大変だなと、思うことがあります。

 

800円の時給で、チップも受けとらず、最高のおもてなしをしてくれる。

不在でも何度も配達してくれる。夜遅くまで再配達してくれる。などなど。

 

そりゃ、居酒屋の店員さんも、もっとお金もらえたら嬉しいだろうし、郵便配達員さんも、

好き好んで夜遅く再配達したくないだろうと思う。

でも、それが日本では、当たり前だし、やらなきゃいけないって思ってる部分もあると思う。

もちろん、喜んでそれを自主的にやっている人もいるとは思うが。

 

私は、海外で働いて、お客様が無理なことを言えば、「できない」と言ってもいいことを経験した。
お客が、暴言を吐けば、きちんと抗議していいことも。

ドキドキしたけど、結構お客は日本と違って、逆上しなかった。

 

逆に、自分がお客の立場の時には、閉店時間10分前にはデパートから追い出され、郵便物はなかなか届かず、銀行の窓口で並んでいても、自分の番がやっときたのに、行員さんに”Lunch”という札を出されて、窓口をクローズされ、また一から別の列に並びなおし、中指を立てかけたことが何度もある。

 

どちらがいいかは、私は経済学者でも、異文化を研究した訳でもないからよくわからない。

 

ただ私は、どちらも経験して、今日本に住んで、日本は素晴らしい国だと思ってる。

実は海外に住む前は、日本なんてくだらなくて、ダサいとさえ思っていた時期もある(若気の至り💦)

 

先ほどの、アメリカ人元同僚が、こう言っていた。


「個人的には #3, 4, 5, 12,  16に共感する。でもこの中で語られていないことがある。
日本人のマナーだ。それが日本を離れて、僕がもっとも懐かしんでいることだ。僕が出会った人種の中で、日本人は、最も礼儀正しく、親切でマナーが素晴らしい。」


 

彼は日系でもないし、奥さんも日本人ではない。
日本に暮らした期間は、私の勤務先にいた3年くらいかな。

アメリカ以外も多くの国に住み、仕事で現在も色んな国に出張で行っている。

外国人の奥さんとお子さんも日本に一緒に連れてきていた。

そんなバックグラウンドの彼らが、日本語が喋れず、小さな子供を連れてきた日本で、きっと色んな人に親切にされ、快適に暮らせたのかな?と思うと、一時でも一緒に働けたことが嬉しかった。

 

 

海外に住んでみることの、いいところはこの違いを知ることだと思うし、自分の国の常識が全てではないということに気付けることだと私は思う。

 

そうすることで、例えば上司との人間関係に悩んでいる人、仕事に疲れている人、色んな悩みが解決できることもあるだろう。

 

少なくとも私は、そんな一人です。

 

そうは言っても、日本はたくさんの問題を抱えていることも事実。

 

それでも、こうやって外国人から恋しがられるようなあったかくて、評価すべき部分も持ち合わせていることも確か。

 

外国語を学ぶだけではない、経験ができる海外在住。

息子が将来希望したら、全面バックアップしようと思っております。

 

世界は広くて、面白い。自分が見ている世界は、自分が創り出している
ってことを体験してほしいから。

 

 

--------------------------------------------------

 

身体を温めたい全女性へ♡

温布®の販売開始しました!

温布とは、日常使いのライナーです。

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/koieki/entry-12261568463.html
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「好きなものに囲まれて暮らす」
この私の夢を具現化してくださったような場所
TOYO KITCHEN STYLE

 

 

{00AA89EB-EAEA-492C-9E9F-E25B1B01410D}
 
ここで先月、講座でお世話になった博多美人会さんが、イベントを開催されました。

場所は、福岡市中央区浄水通りの閑静な場所に佇んでおります。

 

{9EB4AE1B-5EAE-49B2-8B94-3C29C70AE6AA}
 
TOYO KITCHEN STYLEと言えばやはり、キッチンですよね。
 

 

{200F3F1D-AD36-472C-8ECB-7CC3074778ED}
 
あー!こんな大人っぽいピンクなら、キッチンに使っても飽きもこないのでは?
シャンデリアもツボ!
 

 

 

{65075A1F-0417-4551-9CCA-6D5EC4B73BEA}
 
TOYO KITCHENってお高いイメージですよね。
私も、家をリフォームするときに一度ショールームを覗いてみたんですが、0が1つ多い!と思い、
そそくさと退散した覚えがあります(笑)

当時は、ショールームが商業ビルの1フロアにあり、展示品も限られていたからでしょうね~。
 
今回、担当の方に紹介していただくと、これくらいの浴室セットは買えない金額ではありませんでしたよ!
 

 

 

{740A0D02-DDBB-4D0B-AE5C-93CDE51CB836}
 
これ!!
『SICIS』(シチス)のヴェネチアンガラスによるモザイクタイル!!
 
絵画のような美しさ!!
このタイルを玄関や、リビング、浴室の一面に使うだけで、その家のセンスがグーッと上がりますよね。

 

 

{BC501241-8497-4D68-8A68-E29EF981949D}
 
こんなシンクで毎朝、洗顔したら!!??って妄想するだけでうっとり~。
 
因みに止水機能はないそうです。海外製のものにはそういうものが多いらしく、海外では雑巾などを水を溜めて洗いた時は、また別に専用のシンクが洗濯機の横などに設置されているそうで。。
 
なんかその辺の話だけでも、ウットリよねー。

 

 

{8058FCB9-FEE7-464F-9C04-2CB98D2AB75F}
 
何!!これ!一目で私の心を鷲掴み!
フランスのインテリアブランド『ibrid(イブリッド)』のジュニアモールブックシェルフ
リビングに置きたい!
結構、買おうか迷った!
子供の成長に合わせて、仕切りを変えたりできるそうです。
 
 

 

{780E5210-FBD4-417E-A076-F2E97F3DCB50}
 
こちらは、TOYO KITCHEN STYLEさんオリジナルのソファーセット!
イタリアンレザーを使用していて、滑らかな肌触り!
 
そして10色の中からオーダー可能なんです!!

私は赤か、ブルーにしたいな!

このクッションなども全部ついて、え?頑張れば買えてしまう?価格。
その訳は、年に2回の受注のみとしてコストカットを現実化しているそうです。
8月、2月にオーダー可能です。
 

 

 

{04B7DD2B-5B96-4643-9475-8EEF00F8D227}
あーうっとりが止まらない。
こちらは、オランダ語のmooi(美しい)に1つoを足すことで、更に美しやオリジナリティの
あるデザインを目指すという意味でつけられた「moooi」.
 
アンティークとモダンを融合させたハイセンスなインテリアブランドです。image

 

こちらは、ライトはイタリアを代表するインテリアブランド Kartellのもの。
こちらは前述のmoooiよりもお求めやすくなっております。

このライトがダイニングテーブルにあるだけで、お料理が何倍美味しくいただけることでしょう。

 

 

{1FF6F9B8-9E4A-460E-AF9D-533E44357910}
今回の私の目玉((笑))
見て!!
 

Kartell社とエミリオプッチ社のコラボチェア!

 

「マダムチェア」をベースに世界の都市をモチーフにしたエミリオ・プッチのスカーフコレクション「Cities of the world」があしらわれ、パリ、ローマ、N,Y、上海の4都市がそれぞれのチェアに描かれています。

 

{E67E8331-9DE0-4C2E-ACC1-5171776F3526}
 
私は色でやっぱりこれかな?とかいや迷いますよー

これ一つがお部屋にあるだけで、全体のセンスがぐっと上がること間違いなしですよ。
いや、本当に検討中です。

 

 

{F8FCCD02-BE1B-412D-A5D0-2C69EFC9FAFD}

 

こんな素敵なリビングで寛げたらいいですね。

参加者もハイセンスな方が多く、勉強になりました。

 

{16981090-F9E6-41C8-8103-1C9908951635}

今回は博多美人会主催の宮崎美榮さんが産休に入る前の最後のイベントということで、

(写真小さくてすいません('◇')ゞマイクを持たれている方が美榮さんです。)

沢山の方がお集まりでした。

 

 

{D019BC4F-8B66-438A-8663-519DE9D46252}

 

ショールームの説明をスタッフの方から、受けたあとはMIDORI・STORE竹島大樹シェフ

よるお料理!!

 

{ACAD32D5-DAF2-4748-9163-7589BBE89E21}

このイカのお料理が最高!

 

 

 

{9F969B8D-98E0-40B3-A52C-5C075D66A2AD}

こちらは、桃とトマトのスープ(いや、正確な名前は違います(;'∀'))
 

素材を活かしたお味で五感全てが満たされるお料理でした。

 

{7CD33B6D-4089-4C41-B234-606D96B2969F}
 
ご自宅でちょっとしたパーティやこういったイベントの際に、出張してくださるそうです。
私、家に来てほしい!と思ってお値段など詳しくきいてみました。
 
あれ?もしかすると、自分で食材買ってきて準備・後片付けまで考えると、
竹島シェフにお願いした方が、主催者、参加者双方ハッピーなのでは?と思いました。

 

 

{7C95B7AE-C536-4B63-959D-70F735822779}

15歳位年下の方ともこうやって、お知り合いになれて嬉しい限りです。

 

TOYO KITCHEN STYLEさんは、一見入りにくい雰囲気ですが、

スタッフの方は気さくで、何より知識が豊富。

 

スタッフの方とインテリア談義で花を咲かせるのは、豊かな時間の使い方だと思いますよ~。

全国各地にありますので、福岡以外の方も足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

美榮さん、執行部の方皆さん素敵な時間をありがとうございました!

 
--------------------------------------------------

 

身体を温めたい全女性へ♡

温布®の販売開始しました!

温布とは、日常使いのライナーです。

詳しくはこちら
http://ameblo.jp/koieki/entry-12261568463.html
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)